FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています

2011.3.15記述
Stephe @cloudusa.wordpress.com / www.cloudusa.orgより

UCLAディスカッションでRain


韓国の爆発的なポップアイコンのチョン・ジフン(Rain)は世界の大学と関連して(?) さらに沢山の研究の主題となっています。

最初は昨年の12月に香港大学で出版されてゴールドスミスと英国のロンドン大学、オーストラリアのメルボルン大学の教材に採用された"韓国の男性性と多文化消費:ヨン様、Rain、オールドボーイ、K-POPアイドル"の著者のジョンソン氏の研究を上げられます。

今回は南部のカリフォルニア韓国系弁護士協会、UCLA法大、そしていくつかのUCLA学生団体が共にしてRainと彼の映画ニンジャアサシン、その他韓国の資料を利用して米国とアジアの間の大衆文化の交流の試みに関し討論する席を準備中です。

2011年4月5日、夕方7時にロサンゼルス(受付と簡単なレセプションは6時30分に始まります) UCLA法大でハリウッドのメジャー映画会社のワーナーブラザーズ(ニンジャアサシンの配給会社)のマイケル・チャン、専門法律会社のバード、マレルラ、パクで、月パット、Drooks & Lincenberg(Rainのアメリカでの弁護を担当している?)ウイEkwan E. Rhow弁護士、FOXの放送のYaphett Powell 、そして元MBCのアメリカの弁護士ロバートJ.カンなどの愉快なパネリストが関心のあるすべての人々にどのような映画、音楽、テレビ プログラムを太平洋を渡って移動するようにするのかに対して紹介するでしょう。

参加費は無料で、芸能界の専門家でも関心がある非専門家たちも全員が出席可能で学生たちの出席も承認されました。

これは本当に素敵な便りです。 文化交流のための努力の真の産物のニンジャアサシンがこういう種類の討論のため完ぺきな例だと言えます。 事実、自身の活動領域を広げる過程で自らの闘志で世界の多くの人々に知らされたので、"Rain"の文化交流のための努力の産物だと話すこともできます。

ジフンさん、おめでとう!

002_20110315095055.jpg



世界の大学などで韓国文化に関するディスカッションが行われる中でこうしてRainの事や今回は「ニンジャアサシン」に関する事をみんなで話をするということは本当に嬉しい限りです。

どんな人たちが参加してどんな話をするのか興味あります。
またその後どんな内容だったのか報告を知りたいです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .