FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.3.29記述
この映画がすごい!3月号より


この映画がすごい002  



面白い作品でタイミングが合えば、いくらでもやっていきたいですし、おもしろくない作品なんてないですから。
やっていくうちに、その作品ならではのおもしろさもわかってくるし。
あんまり休めないですけど、休めるときもあれば休めないときもあるってことでいいんじゃないかなって思いますね。
やらなきゃいけないときは、とにかくやる。
集中力も要りますけど、仕事ですし(笑)。

それにその撮影期間中、24時間ずっと役に入ってるわけじゃないですからね。
作品に集中するために、どうプライベートを過ごしていくかっていうことも考えないといけないけれど、そこも今、いい環境でやれてる気がするので、自分にとっては良い感じです。


--そんな松山にとってのリラックス方法は

作品に入っているときは、家に帰ったら仕事のことは何も考えないってことですね。
だたそれだけなんですけど、そこはすごく意識してます。
考えると主観的なものでしか作品を見られなくなってしまうし、寝られなくなるし。
撮影中の息抜きはゲームなんですけど、それも家ではあんまりやらないですから。


--ただ、仕事の虫であることは間違いなさそうだ。来年度のNHK大河ドラマ「平清盛」の主演も決定。夏から撮影に入るに当たって、所作や乗馬といった基礎稽古が始まっている。

勉強しなきゃいけないことがいっぱいあるんですけど、次の作品に向けて勉強している、今のような時期がいちばん楽しいんですよ

--仕事を楽しむ仕事の虫。そんな役者だから、出演依頼も絶えないのだろう

切り替え…ホンマかいな?と思いながらも仕事どっぷりと言う事から少しずつ自分を客観的に見れるようになったりしているのだろうか…でも悪い意味ではなくてね。(それを寂しく思うファンもいるのかもしれないけれど)

8月の大河の準備は本当に大変だろうね。
資料が少ないだろうからなおさら色々資料集めたり、調べたりそして弓の練習とか乗馬の練習、着物の所作とか昨年からもうすでにかなり勉強していることは見てとれて「すごいな」と思いましたけど、青年から晩年まで演じなければならないのでその辺も色々大変そう。その合間に映画のプロモもあるし、大変と言えば大変だろうけどそれを楽しんでいるなと言うのをケンちゃんの姿を見て楽しむ私がいたりもするわけですな(^-^)

お仕事の充実、そのためにもやはりプライベートの充実とメンタル部分の安定がないと仕事の集中も余裕もできませんもんね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .