感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2007年森田版「椿三十郎」
黒沢監督版の 「椿三十郎」は残念ながら私はまだ見た事がないから比べようがないんですが….

001_20090423125835.jpg

私が好きな小説家, 山本周五郎先生の 「日日平安」と言う短編を映画化しました.

当時の脚本をそのまま使って, 台詞も一緒, カット割も一緒, 演出も一緒, 黒沢監督の作品を忠実に再現しています.

しかし一部違う部分もあります。最後, 三十郎とと室戸とのとても有名な決闘のシーンなど…

上のポスターと下の黒白のスチールの若侍, ケンイチ演じる井坂伊織役は 「加山雄三さん」黒白スチールの黒っぽい着物を着ています (笑い)

002_20090423125939.jpg

 

とある社殿の中で井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ、9人の若侍たちが上役である次席家老黒藤(小林稔侍)らの汚職について密談していると、椿三十郎(織田裕二)という浪人が現れる。密談を盗み聞きしていた三十郎は陰謀の黒幕を見抜き、室戸半兵衛(豊川悦司)率いる悪者の手先から若侍たちを逃がす。


1962年黒沢監督版 「椿三十郎」trailer
 

2007年森田監督版「椿三十郎」trailer



果たしてどうなんだろう?と思いつつ、見る前は若干心配したけれど実際問題, 観て観ると話のテンポも良くて, コミカルで, 私自身はとても楽しんで観ることができました.

織田さんの椿三十郎も若いけれど, 想像していたよりも違和感なく観れましたね.
若侍たちの中にはまだ元服前の人もいたりして年功序列というかわかりますね。

004_20090423130913.jpg

 
特に私が好きだったシーンは, 捕まった若侍たちを椿三十郎が助けに行って21人を斬るシーンです。

概ねこういう場合, 殺陣のシーンをを派手に見せることが多いけれど(ここはとても重要な場面でもあるから)今回の作品では人を斬ると言う行為がリアルに表現されているなと思いました.人を斬る行為は決して他の時代劇のように軽やかでズバズバ斬り殺せるようなものではありませんから…とても体力と精神力を使う行為だし、1本の刀で斬れる人の数なんて3人までくらいじゃないかなと思います(人間1人で既に刃こぼれをおこすだろうしね)

人を 1人斬っていく毎に疲れて行く三十郎の表情などもリアリティがあってとても良かったし, 皆を助けた後の台詞も「やい、てめえらのお陰でとんだ殺生したぜ!」といって平手をくらわすシーンは本当に良いシーンだと思います.(その後でまたコミカルなシーンになるんだけど…)

ケンちゃんは若侍のリーダー的役目の井坂伊織を演じています.スチールで見た時、一見違和感があったのは事実ですが映像として動いている姿を見れはさほど気になりませんでした。まぁ他の俳優さんたちと雰囲気は違いましたね なんだろうおでこが広いからか?顔のパーツが?(笑い)

003_20090423130500.jpg


 特に最後の決闘シーンは, 黒沢版は斬った時に血が噴き出るというシーンが有名で, その後の世界の映画界がその手法を作品に取り入れることになったそうですが, 今回は悩んで脚本に書かれたことを森田監督が自分なりに解釈しオリジナリティを出していました.

前作を期待して見た人には不満を感じた人もいたかもしれませんが,私はこのシーンを見て
斬りたくない相手を斬らなければならない, もし斬らなければ自分が斬られてしまうと言う不条理…椿と室戸の苦悩が表情や全身で表現されていたと思います(先ほど書いた21人斬りのシーンでもやはり同じで三十郎自身は剣の達人だけど、必ずしも殺生をしたいわけではない、斬らなくて済むなら出来るだけそうしたいと思っているようです)単なる殺し合いではないその時代やその立場の人間たち、侍としての自尊心というのか…。

この作品を見ればやはり黒沢版の 「椿三十郎も」も見たくなりました.両方を見比べるのも楽しいかもしれませんね.(でも織田さんと前作の三船さんとはさほど演じた年は変わらないんですよね~織田さん若く見えますよね)

以前ケンちゃんがピクトアップ#50のインタビューで
「ロボはチャップリンの影響と、みるめを演じたときの芝居で成り立っているとおもいます。あとは井坂ですね。ロボの根本にある純粋さやアホさは、井坂から作られているかもしれない。その集合体がロボだった気がします」

「井坂はいいですよね。あの純粋さは危険なくらい。トガったナイフですから。あのままだったら、世界を滅ぼすか、殺されるかどちらかだと思います。本当に子供ですよね。僕もずっとそういう部分を持っていたいから、凄く好感が持てます」

ケンちゃんの井坂伊織は本当に可愛くて…おどおどしたり、目がクリクリしたり、千鳥に色々2人のことを言われてドギマギしたり、若侍たちをまとめようとするけどなかなかうまくいかなかったり…

劇中で伊織が菊井たちの動向を調べて策を練るシーンで最終的に伊織が三十郎に
「とにかく、赤松街道の松林に隠れて、籠をつけよう、籠を襲う、襲わないはその場の様子を見て決める!よし…これでどうでしょう?」この時の早口でまくし立てた後…「これでどうでしょう?」と言いながら首をかしげて三十郎にお伺いを立てる伊織の表情がとてもキュートなんですよね(笑)ちょっとロボを彷彿とさせられますね。

この他にも隣に叔父が監禁されているとわかって伊織が障子を開けた瞬間に閉められるシーンもコミカルで面白いし(ケンちゃん自身もこのシーンはお気に入りみたいですね)、随所に笑わせてくれるのがいいんです。

でも単純にお笑いではなく、ちゃんと人間が生きるということなどのメッセージもあって、私自身織田さんに対して好きとか嫌いとかそういうものはないけれど(最初この作品をするということに関して「大丈夫?」という気持ちはありましたが)実際見ると、確かに少し力んでいるのかと思わせる部分はあるけれど、それでもちゃんと彼らしい人間味ある椿三十郎(単なるカッコいいとかそういうのではない)を演じきってくれていると思いましたね。若侍に対してのハラハラさせられながらもほっとけない愛情のような部分や敵同士ではあるけれどお互いの侍としての人間性を尊敬しあう三十郎と室戸との関係なども良いと思いました。

色んな見方ができる作品じゃないかなと思いますが…(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .