感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『マイ・バック・ページ』DVD情報
映画「マイ・バック・ページ」DVD&Blu-ray 発売中!


2011.10.17記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

妻夫木&松ケン初共演作『マイ・バック・ページ』未公開シーン解禁!俳優陣による演技が光る名場面!

日本を代表する若手俳優の妻夫木聡と松山ケンイチが初共演を果たすことで話題になった映画『マイ・バック・ページ』のDVD&ブルーレイが12月に発売されることを記念して、未公開シーンが解禁された。松山が演じる革命を目指す活動家・梅山への疑念が持ち上がる場面で、劇場公開時には上映時間の都合もあって泣く泣くカットされたという貴重なシーンだ。





 本作は1960年代から1970年代という激動の時代を背景に、妻夫木演じる週刊誌記者・沢田と、松山演じる左翼思想の学生・梅山の間に芽生えた奇妙なきずなを描いた社会派作品。沢田が梅山に覚える尊敬とも親近感ともつかぬ感情が作品の大きなポイントとなっているが、今回解禁されたのは、酔いつぶれている沢田の前で先輩記者の中平と京大全共闘の前園が梅山の行動を怪しむシーン。それに対して沢田が反論するあたりの流れは、妻夫木の見事な演技もあり、沢田の梅山への陶酔ぶりが浮き彫りになっている。

 劇場公開時は、上映時間の都合もあってカットされたというが、本作の結末を知っている人ならば、どこか切なさを感じることができるシーン。それだけに、今回のDVD&ブルーレイ化に際して特典映像として多くの人の目に触れることになるのは実に喜ばしいこと。DVD&ブルーレイには、今回解禁されたものを含め14もの未公開シーンが収録されているほか、特典映像として、50分以上にわたるメイキング映像、公開記念特番、プレミア試写会の様子などが含まれている。

 今の若い世代にはなじみのない時代の出来事を、自身もその時代をリアルタイムでは経験していない山下敦弘監督が見事に一つの作品として成立させた本作。当時を経験した人も、経験していない若者も楽しめることは劇場公開時に実証済みだ。豪華俳優の共演による演技合戦も大きな見どころとなので、まだ観ていない人は自分の目でその出来を確かめてもらいたい。(編集部・福田麗)

DVD&ブルーレイ『マイ・バック・ページ』は12月2日発売 税込み価格: 3,990円(DVD通常版)、ブルーレイ(5,040円) DVD豪華版もあり(税込み: 6,300円・初回限定生産)

初回限定版を予約しておりますので今から凄く楽しみ…というかレビューも途中のままなのに(T_T)スンマソン。


2011.10.19記述

パッケージ


DVDの発売前に映像特典の一部を公開します!


12月2日に発売の『マイ・バック・ページ』DVD&ブルーレイですが、
初回限定版DVDに付属される特典ディスクに“未公開シーン”が
追加収録されることになりました!
あらためて特典ディスクの内容紹介と、特別に一部映像を公開いたします!!

◎未公開シーン(24分)←追加収録です
編集の段階でカットになった14シーンを収録。
沢田(妻夫木 聡)が勤める新聞社や、梅山(松山ケンイチ)を中心とする赤邦軍の内部の様子、映画冒頭の新宿の町並みなど、劇場公開時では観ることができなかった貴重映像を収録。

※一部公開中…「S#70 異議なし」
      先輩記者の中平と京大全共闘議長の前園が梅山の行動に疑念を抱くなか、
      酔い潰れている沢田が反論するというシーン

◎メイキング「Our Back Page」(52分)
映画『マイ・バック・ページ』完成までの道のりを収めたドキュメンタリー。
新たな境地を切り開いた山下監督の演出方法とは?
妻夫木 聡、松山ケンイチらキャストと共に、山下組スタッフが挑んだ撮影約2ヶ月間を、映画監督でも知られる船曳真珠が密着取材。

※一部公開中…オープニングの約2分間

◎舞台挨拶ダイジェスト(13分)
公開直前に行なわれたプレミア試写会舞台挨拶風景のダイジェスト映像。
(登壇者:妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、石橋杏奈、韓英恵、中村 蒼、
     山下監督)

◎『マイ・バック・ページ』公開記念特番(4分30秒×3)
WOWOWで放送された映画公開記念特番。妻夫木 聡編、松山ケンイチ編、山下敦弘監督編の
3番組を収録

一部公開はTOPページの丸いボタンから観られます!
http://mbp-movie.com/
続きは初回限定版DVDの特典ディスクでお楽しみ下さい!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .