FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
原文はこちら
semperoperの公式サイトは
こちら

2011.5.21記述
聯合ニュースより

"Rain、ドイツのチェリストと共演でアンコールの洗礼"


0519-010.jpg

'ドレスデン音楽祭で'Jan Vogler'と公演

歌手Rain(本名チョン・ジフン.29)がドイツの'ドレスデン音楽祭'でアンコールの洗礼を受けたとマネージメント社が20日明らかにした。

Rainは去る19日、オペラ劇場Semperoperで'ドレスデン音楽祭コンサート:Rain&Vogler(副題:アジア ポップ、ヨーロッパ クラシックに会う)'というタイトルでドイツ出身チェリスト Jan Voglerと合同公演を広げた。

Jtunecamp関係者は聯合ニュースとの国際電話で"Rainの舞台が終わるとすぐに観客は客席に座ったまま足踏みをして'アンコール'と叫んだ"として"公演は終わりましたという案内放送が5回も流れても観客が動かないのでRainは二度にかけてアンコール舞台を行った"と話した。

彼は"Voglerも客席が4階まで埋まったことは異例的だと話した"と伝えた。


Jtunecampによればこの日Rainは'Rainism'を始め'It's Raining'などを派手なパフォーマンスとともに披露した。

'太陽を避ける方法'と'君を掴む歌'を歌う時はVoglerのチェロの旋律がオープニングとクライマックスを飾った。

この日Rainはヨーロッパのファンたちの熱情的な反応に驚いたと伝えられた。

Jtunecampの関係者は"公演開始前オープニング映像でRainが紹介されるとすぐに歓声が溢れた"として"公演会場を出る時Rainは現地のファンたちに囲まれるほどであった。 ホテルに到着したところ若いファンたち100人余りが待っていてびっくりした"と話した。

現在'さらにベスト2011Rain Asia tour'を進行中のRainは22日にシンガポールで公演する。

0519-011.jpg


うわぁ~見て見て!本当に上の階まで多くの人たちが見てくれてるよね~。
普段では絶対歌えるような舞台ではないのに、そこに沢山の人たちが見に来てくれて、長い時間アンコールをおねだりしてくれたなんて本当に夢みたいな話ですよね。

でもこれは現実で、見事に無事みなさんを楽しませてくれたようですね。
ゆっくりしている間もなく、次の公演先シンガポールなんですよね。
シンガポールのファン達も心待ちですね。


ドイツのTV番組

2011.5.20記述

ドレスデン記者会見


Rain韓国人で初‘ドイツ、ドレスデン ミュージック フェスティバル’の舞台に上がる

ワールドスター歌手Rain(チョン・ジフン)が5月19日韓国人で初めてドイツ、ドレスデン ミュージック フェスティバルに参加し、‘Semperoper’(オペラハウス)の新しい舞台をリリースする予定だ。

所属会社側は“世界的なチェリストでドレスデン音楽祭の総演出を受け持っている‘Jan Vogler'との共演要請で、ドイツ、ドレスデン ミュージック フェスティバル舞台の立つことになった”と伝えた。

ポップ歌手がドレスデンの舞台に立つことは異例であり、普段から東洋文化にも関心が多い‘Jan Vogler’が国際的な側面の反転を強調してテーマを変えてから初めて進行になる。

クラシックだけでなく、多様な音楽のジャンルと、東洋文化にも非常に関心が多いJanは、アジアのアイコンのRainとの共演を通じてアジアとヨーロッパの文化的交流および哲学、宗教など東、西洋の文化を理解して、発展させることができる方法を探していると分かった。

一方ドイツ、ドレスデン ミュージック フェスティバルに参加したRainはポップ歌手とオーケストラの共演という新しい舞台を善報にもかかわらず、売り切れを記録したと伝えられた

もうすぐですね~
どんな舞台を披露されるのか報告が楽しみです♪



2011.4.11記述

Jan Voglerと


来月'アジアのポップ、ヨーロッパのクラシックが出逢う'

歌手Rain(本名チョン・ジフン)がドイツ出身のチェリストJan Voglerとドレスデンにあるオペラ劇場Semper Operで合同公演をする。

8日Semper Oper公式ホームページによればRainとJan Voglerは現地時間の翌月19日の夜9時'ドレスデン音楽祭コンサートRain&Vogler'を開催する。

このコンサートのサブタイトルはは'アジアのポップ、ヨーロッパのクラシックが出逢う'で,チケットはすでに売り切れたと分かった。

このホームページはRainを"アジアのマイケル・ジャクソンでポップとR&B、ヒップホップを行き来する歌手であり俳優"と紹介している。

Rainとともに舞台に上がるVoglerは"叙情的な直観を持った演奏者"(ニューヨーク タイムズ),"渦巻く技巧"(クラモポン)等の評価を受ける演奏者だ。 彼は2008年からドレスデン音楽祭の芸術監督を受け持っている。

彼はRainとのドイツ公演に先立ち来る20~23日の間ソウルと釜山(プサン)などで演奏会を開く。


会場写真001



なんやすごい会場じゃないですかぁ~。
まぁオペラハウスですもんね。
一体、どんなコラボをしてくれるんだろう?
Rainの持ち歌をクラッシックと融合させるのかしら?
こういう会場で歌を歌う事も滅多にないので読んでいただけて有難いことです♪

全然想像つかない。バラード系なら大丈夫かもしれないけど…
でもすでにチケットも完売みたいだから有難いね~

チェリストのJan Voglerさん、わたしはクラッシックに詳しくないので(聞くのは好きだけどあまり色々気にしてないですので)有名な方なのかそうではないのか分かりませんが…

また公演があった後すぐ情報が出てくるとは思うのでそれを心待ちにしていましょうかねぇ~(^-^)

Elisabeth & Jan Vogler - Fluss mit Hindernissen (Ki.Ka - Dein Song 2008: #7)


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .