感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
いよいよ放送開始されましたね大河ドラマ「平清盛」絶賛放送中です(笑)

2012年大河ドラマ『平清盛』公式サイトはこちら

001_20120111001454.jpg 

2012.1.11記述

今回大河ドラマの音楽を担当されている吉松隆さんのサイト『月刊クラシック音楽探偵事務所』に『大河ドラマ「平清盛」音楽制作メモ 』がまとめられてUPされています。
大河ドラマ『平清盛』の音楽に関して細かく紹介していてとても興味深いのでドラマのOSTに興味のある方は是非一読してみてください。

『月刊クラシック音楽探偵事務所』に『大河ドラマ「平清盛」音楽制作メモ 』はこちら

NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラックNHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック
(2012/02/01)
V.A.、吉松隆 他

商品詳細を見る




過去に紹介された動画や製作発表の内容などもまとめてこちらで追加更新されています。


最終更新日:2012.1.11

2012.1.10記述
ORICONSTYLEより

大河ドラマ『平清盛』初回視聴率は17.3%


今月5日に妻で女優の小雪との間に第一子が誕生した俳優・松山ケンイチ主演のNHK大河ドラマ『平清盛』(毎週日曜 後20:00~20:45 NHK総合)の初回平均世帯視聴率が関東地区17.3%、関西地区18.8%(ビデオリサーチ調べ)だったことが10日、わかった。大河ドラマ50年にあたる同作は、平安時代末期に武士として初めて日本の覇者となった男の生涯を描く。第1回「ふたりの父」では清盛の出生の秘密が語られた。

 初回が20%を下回ったのは2006年『功名が辻』19.8%(同・関東地区)以来で、最近15年間に放送された大河ドラマでは最も低い視聴率でのスタート。前年の『江~姫たちの戦国~』は関東21.7%、関西20.9%だった。

 松山が清盛役で本格的に登場するのは第2回(1月15日放送)から。青年となった平太(後の清盛)は、ふたりの父を持つという秘密を知り、何者でもない自分にいらだち、賭場をうろつきまわっていた。父・忠盛(中井貴一)は、それでも血のつながらない平太を嫡男として育てていた。そんな折、権力者として君臨し続ける白河法皇(伊東四朗)が出した殺生禁断令にそむいたとして、平太が兄弟のように慕う瀬戸内海の漁師の鱸丸(上川隆也)の父・滝次(河原崎建三)が白河に捕らえられてしまう。

この視聴率の記事をご覧になって読んだ皆様がどのように感じるのかはわかりません。

デジタル放送になってより視聴する人たちの多様化によってリアルタイムで地上波を視聴してる人、そしてBSで視聴してる人、私のようにBSや地上波を録画して視聴する人もいます。ビデオオンデマンドで見る人もいるかもしれません。そんな多様化の中で本当に視聴率と言うのは何なんでしょうね。

まだ第1回が放送されただけで全てを評価する人もいるだろうしそうじゃない人もいます。

少なからず、私の周囲では今回の大河ドラマの第1回を見てがっかりしたという人はいませんでした。(ケンちゃんのファンじゃない人たちというか本人最初と最後しか登場してないしね)まだまだ物語は始まったばかり、私も昨年の大河はかなり期待していたけれど1話からちょっとがっかりしながら2ヶ月は視聴しましたが挫折しましたので今回の大河に関してもきっとこれから物語が進むうちに童視聴率の変化があるのか見たいと思います。

兵庫県知事が少しがっかりな発言をされていたようですが、そんな事はあまり気にせず、その反面歌舞伎役者の坂東玉三郎さんが彼の公式サイトの中で大河ドラマを視聴された感想を述べられているのですがとてもいろんな面をご覧になっているなと思いました。

こちらのサイトの「今月のコメント」の1月に紹介されていますので是非ご覧になっていただきたいです(^_^)

坂東玉三郎ページはこちら



NHK出版サイト


NHK出版平清盛関連書籍紹介ページがオープンしました。こちら



2011.12.28記述

成田山新勝寺では「世界平和・万民豊楽・五穀豊穣・転禍為福」の祈りをこめて、恒例の「特別追儺豆まき式」と、「開運豆まき」を厳かにも盛大に執り行います。

なお、「特別追儺豆まき式」には本年も大相撲力士をはじめ、NHK大河ドラマ「 平 清 盛 」出演者の方々が特別年男として参加する予定です。みなさまお誘いあわせのうえ、成田山で福を授かりましょう。



【NHK大河ドラマ「平 清 盛」】出演者
松山ケンイチ ・・・・・ 平清盛 役
玉 木  宏  ・・・・・ 源義朝 役
藤 木 直 人 ・・・・・ 西行/佐藤義清 役
深 田 恭 子 ・・・・・ 時子 役
松 雪 泰 子 ・・・・・ 得子/美福門院 役

詳しい情報はこちらでご確認ください


2011.11.15記述
特報がUPされました!
ドラマの期待度ますますUPしてきましたドキドキ~
視聴は平清盛公式サイト動画ライブラリーへ


2011.11.11記述
ASCII.jpより

歴史魂VOL.5が12月6日に発売! 今号は平清盛を追いかける

歴史を遊び尽くす超娯楽ヒストリーマガジン「歴史魂」の「VOL.5」が、12月6日に発売される。定価は680円。


歴史魂5
「歴史魂 VOL.5」


 Vol.5では、巻頭特集「平清盛と源平30年の戦い」。2012年のNHK大河ドラマ主人公「平清盛」を徹底特集。清盛個人だけでなく、源氏と平氏の30年に及ぶ戦いにスポットをあて、武士政権誕生期の平安時代を読み取っていく。

 そのほか、12月10日から劇場公開される「源氏物語 千年の謎」に登場する、藤原道長、紫式部、安倍晴明にスポットを当てた特集も予定している。それぞれ政治、文学、陰陽道において日本の歴史上に名を馳せた3名だが、映画の中だけでは解らないそれぞれの軌跡を追いかける。

 恒例の付録の講談CDは「大谷吉継、友義に殉ず! 関ヶ原の戦い」を収録。負け戦とわかっていながら、石田三成との友義に殉じた名将である大谷吉継を、人気の声優石田彰さんが演じる。公式サイトでは、ダイジェスト版と、石田さんからのWeb限定のメッセージが公開される予定。ぜひ視聴いただきたい。


歴史魂公式サイトはこちら

このイラストは清盛様なのかしら?
ちょっと発売したらチェックしてみなければ…(苦笑)

2011.11.2記述
NHK出版より

11/25発売
「平清盛のすべてがわかる本」中丸 満著
知っているようで、あまり知らない平清盛。平清盛は歴史の中でどのような役割を果たしたのか。真実の清盛像を浮かび上がらせていく。

平清盛のすべてがわかる本 

11/25発売
「清盛の平家経営術」童門冬二著 
平清盛に学ぶ組織マネジメントの急所。人脈・財力・政治力を駆使して一族を「巨大コンツェルン」の頂点へと導いた「経営者清盛」。

11/29発売
「平 清盛(1)」藤本有紀作青木邦子ノベライズ
2012年NHK大河ドラマ「平清盛」を、番組脚本をもとに完全ノベライズ。武士の身分から「日本の覇者」へとのぼりつめた男・平清盛。全4巻、刊行開始。

ノベライズ1巻表紙


これから色々関連する書籍なども出版されてくると思うのでよく吟味しなくちゃいけないなぁ~(汗)


2011.9.27記述


NHK大河ドラマ「平清盛」テーマ曲、演奏者に舘野泉の参加が決定!
 
舘野泉さんピアノ


詳しい内容はこちら


『平清盛』公式サイトより

初回放送日決定にあたって

大河ドラマ50年目の幕開けにふさわしい、出演者・スタッフが一丸となってつくった「平清盛」。
第1回は《73分拡大版》1月8日にお送りします。

源頼朝の目線から、創成期の武士たちの壮大なストーリーがつづられていくこの作品。
初回では、武士として初めてこの国の覇者となった主人公・平清盛の誕生の秘密が明かされていきます。
そして「たくましい平安」を合言葉に、リアルな平安時代末期の人々の生きざま刻み込んだこん身の映像も見どころです。
爽やかで若々しい頼朝役・岡田将生さんのナレーションが、この作品に新たな息吹を吹き込んでくれます。
まだ見たことのないドラマ世界を是非、体感してください。

チーフ・プロデューサー 磯智明

まんたんウェブより

岡田将生 : 源頼朝姿を初公開 12年大河「平清盛」初回放送は1月8日に決定


029_20110927084804.jpg


俳優の松山ケンイチさん(26)主演の12年NHK大河ドラマ「平清盛」に源頼朝役で出演する岡田将生さん(22)が27日、頼朝の扮装(ふんそう)姿を初公開した。公開されたのは、初回放送の冒頭に登場する頼朝の姿で、岡田さんは狩衣(かりぎぬ)と立烏帽子(たてえぼし)を身につけている。また同ドラマの初回が、1月8日に73分拡大版で放送されることも明らかになった。

 「平清盛」は、武士が貴族たちから差別されていた時代、本当の親を知らないまま、武士の新興勢力・平氏の元で育てられた少年が、瀬戸内海の海賊を束ねて“武士の王”となり、貿易こそがこの国が豊かになる道だと人々に説く……という物語。

 初回は、鎌倉で父・義朝の菩提寺の立柱儀式に臨んでいた39歳の頼朝が、壇ノ浦で平家を滅ぼして歓喜する兵を見て「平清盛とはいかなる男だったのか?」「私はあの男に本当に勝ったのだろうか……」と清盛について思いをめぐらせるエピソードから始まる。父・義朝を倒し、自分を罪人として伊豆に流した清盛を倒すことを夢見てきた頼朝が、清盛のすごさに気づき、清盛の誕生の秘密が明かされていくという。

 岡田さんは、自身がふんする頼朝が最初に物語に登場することから「台本を読んだ時点で、そのことを知り、とても恐縮です」とコメント。初めての出演となる大河ドラマの撮影について「ロケの規模の大きさにびっくりして、本当にすごいなあと思いました。かつらも衣装もすごく凝っていて、気持ちが上がって、役にすんなり入れました。すんなり入れた分、思っていたより緊張せず楽しんでやれました」と話している。岡田さんは全編にわたって語り(ナレーション)も担当する。

 磯智明チーフ・プロデューサーは「『たくましい平安』を合言葉に、リアルな平安時代末期の人々の生き様を刻み込んだ渾身の映像も見どころです」とコメント。岡田さんのナレーションを「さわやかで若々しい頼朝役・岡田将生さんのナレーションが、この作品に新たな息吹を吹き込んでくれます」と自信をみせている。

 放送は12年1月8日から毎週日曜午後8時。初回は73分拡大版。全50回。

岡田さんの頼朝の姿も精悍な感じがして良い感じだと思いません??
でも本格的に岡田さん自身が出てくるのは後半になるんだろうけど。
他のキャストの人たちの姿も見たいですよね(その前にまだ発表されてないキャラクターもいますよね)

2011.9.26記述
asahi.comより

松ケン/深キョン三井寺に現る

027_20110926161152.jpg


【来年の大河ドラマ「平清盛」ロケ】

 平安末期を生きた平清盛の成長を描く来年のNHK大河ドラマ「平清盛」のロケが24日、大津市園城寺町の三井寺であった。清盛役の松山ケンイチさんや、後に妻となる時子を演じる深田恭子さんら総勢約100人の俳優陣とスタッフが、竹林で撮影に臨んだ。

 この日の撮影では、鳥の声に耳を傾ける深田さんの後ろから、松山さんが慌ただしく走り抜けた。清盛と時子の出会いのシーンで、第7話で放送予定という。

 ドラマの舞台は県内ではないが、ロケ誘致のため県や市町でつくる「滋賀ロケーションオフィス」の働きかけで、大津市の日吉大社や甲賀市の野洲川も含めた県内計3カ所で、今月26日までの撮影が実現。チーフ・プロデューサーの磯智明さん(45)は「滋賀県は国宝や重要文化財のほか、自然が豊か。時代劇には最適だ」と話した。

ケンちゃんがファンミーティングで「清盛と時子の出会いは最悪だった」と言っていたのがこのシーンですね。
7話でどんな出会いをするのか楽しみですね(↓の無いようだとおなか痛いみたい?清盛…)

2011.9.25記述
asahi.comより

松ケン・深キョン、三井寺に 滋賀で大河「平清盛」ロケ

平安末期を生きた平清盛の成長を描く来年のNHK大河ドラマ「平清盛」のロケが24日、滋賀県大津市園城寺町の三井寺であった。清盛役の松山ケンイチさんや、後に妻となる時子を演じる深田恭子さんら総勢約100人の俳優陣とスタッフが、竹林で撮影に臨んだ。

 この日の撮影では、鳥の声に耳を傾ける深田さんの後ろから、松山さんが慌ただしく走り抜けた。清盛と時子の出会いのシーンで、第7話で放送予定という。

 ドラマの舞台は県内ではないが、ロケ誘致のため県や市町でつくる「滋賀ロケーションオフィス」の働きかけで、大津市の日吉大社や甲賀市の野洲川も含めた県内計3カ所で、今月26日までの撮影が実現。チーフ・プロデューサーの磯智明さん(45)は「滋賀県は国宝や重要文化財のほか、自然が豊か。時代劇には最適だ」と話した。

台風などで撮影なかなか大変だと思いますが無事に撮影進みますように…


2011.9.17記述
『平清盛』公式サイトに『清盛、ついに見参!8.26「ふれあいミーティング」』『大河ドラマ平清盛 撮影開始。』が追加されております。

007_20110917103414.jpg


NHK DRAMA情報イチオシ!より


『松山ケンイチ&阿部サダヲに女子熱狂! 「平清盛」ふれあいミーティング』がUPされました。

レポートはこちら

2011.9.2記述
NHK DRAMA情報イチオシ!より

『松山ケンイチ見参!「平清盛」ロケ&うっとり役衣裳レポート!』がUPされました。

レポートはこちら

まだ続きがお預けと言うのがなんだかイライラします(なんてな・・・(笑))
早くみたい!!!!



NHK「コレ見て!MOVIE」にふれあいミーティング並びに撮影風景の映像がUPされました

動画はこちら


はつらつとした「父上ぇ~!」の声と姿を堪能できます。
ついついニヤニヤしちゃいます(笑)


2011.8.27記述
サンケイスポーツより

「平清盛」松ケン、大船渡市民らとふれ愛

011_20110827091924.jpg


俳優、松山ケンイチ(26)主演の2012年NHK大河ドラマ「平清盛」が岩手・奥州市でクランクインし、26日、ロケ現場が報道陣に初公開された。この日は東日本大震災で被災した大船渡市民を招いた「ふれあいミーティング」も開催。放送前に交流会を行うのは大河史上初の試みで、苦難にくじけず突き進む清盛に扮する松ケンは、「この作品を通して、日本中を元気にしたい」と誓った。

 「清盛が生きることを楽しんでいることをちゃんと伝えたい」

 不良だった青年期の清盛に扮した衣装を初披露した“松ケン清盛”が日本を明るくするため立ち上がった。

 ロケ現場「えさし藤原の郷」で行われた「ふれあいミーティング」には、奥州市で避難生活を送っていた隣町の大船渡市の被災者30人を含む300人を招待。キャストとスタッフらが企画したイベントで、ドラマ放送前にこうした交流会を行うのは50年の大河史上初めてだ。

 ガッツポーズで登場した松ケンは、「笑うことがテーマ。清盛は笑いながら難しい問題にチャレンジして、マイナスをプラスに変える力がある。この作品を見るだけで笑いを保てるはず」と力説。後妻の時子役、深田恭子(28)、清盛の師・高階道憲役の阿部サダヲ(41)とともに撮影の裏話などを披露し、参加者をさっそく笑顔した。

 平安京を再現したオープンセットが初披露された同所は、大河ドラマ「炎立つ」(93年)のロケのために作られた歴史公園で、昨年の「龍馬伝」など多数のNHK作品で使われてきた。

 岩手県は源頼朝が逃れた土地で、清盛にとって“アウェー”だが、19日に現場に入った青森出身の松ケンは「エキストラの方に同じなまりがあるので、僕にとっては“ホーム”です」と撮影を楽しんでいる。

 
震災後、福島でがれき撤去を行うなど率先して支援活動を行ってきた松ケンは「元気になってもらいたいという気持ちが改めて強くなった」と交流会を振り返り、深田も「みなさんの楽しんでくれた姿が頑張る原動力になりました」と熱演を誓った。

参加された方たちも松山清盛の姿を見てドラマを今から待ち遠しく思ってくださって嬉しい限りですよね~♪
阿部さんはこのためだけにどうも来てくださった様でかなり面白いことをたくさん話してくださったみたいで楽しいイベントに鳴ったようで何よりです。早く同化など見たいですよねぇ~。(写真は本文と関係ありません)

2011.8.20記述
公式サイトより

8/26(金)午後1時ごろから交流会(ふれあいミーティング)をTwitterにて生中継!! 
興味のある方、イベント会場に行けないけど参加した気分を味わいたい方は
@nhk_ikemenをフォロー♪

2011.8.8記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

岡田将生、大河ドラマ史上最年少で源頼朝役に!森田剛は平時忠、杏は北条政子に!「平清盛」新キャスト発表!


020_20110808200912.jpg


8日、来年のNHK大河ドラマ「平清盛」の新キャスト発表会見が行われ、岡田将生が源頼朝、森田剛が平時忠、杏が北条政子を演じることが発表された。この日は、加藤浩次、豊原功補、中村敦夫の新キャストほか、主演・平清盛役の松山ケンイチ、制作統括の磯智明も出席。併せて、岡田はナレーションを担当することも発表され、史上最年少での頼朝役&ナレーションを務めることについて、「おれでいいのかなと思い」と素直な心境を明かしていた。

 清盛の父・忠盛役の中井貴一をはじめとする男性陣、妻・時子役の深田恭子ら女性陣に続いて発表されたのは、源頼朝や北条政子などの宿敵と平家の重要人物たちだ。豪華な面々の中で、とりわけ注目を集めたのは大河ドラマ史上最年少で頼朝役とナレーションを務めることになった岡田。本ドラマでは、平家を滅亡へと導くことになる頼朝を13歳のころから演じるが、岡田は、この大河初出演での抜てきに「初めて聞いたとき、おれでいいのかなと思いながらも、すごいワクワクした自分に驚き、すごく楽しみになっております」と心境を明かすと、「ナレーションもやらせていただくということで、この若輩者がと思われると思いますが、自分が今できること、なぜ自分がこの役に選ばれたのかをちゃんと考えながら、自分らしくできたらいいなと思っております」と意欲を語った。

 また、頼朝の妻・北条政子を演じることになった杏は、悪女というイメージが付いて回りがちな役柄について「とても意志の強い女性だと思っていて、絶対に『これで良い』とは思わずに、『これが良い』と思ったことだけを信じて真っすぐに突き進む女性だと思っております」と純粋過ぎるが故に悪評の立つ女性として演じることを明かした。

 過去に大河ドラマでは1997年の「毛利元就」で青年時代の元就を演じた森田は、本作では、松ケン演じる清盛を裏から政治的に支える平時忠を演じる。脚光を浴びることこそ少ないものの、同役は山崎努が演じたこともあるなど、歴史的には非常に重要な位置を占めており、森田は「時忠という人は、自分に素直に、正直に生きた人だと思うので、最後までしぶとく生きたいと思います」と久々の大河ドラマ出演にやる気を見せている。

 ほかにもこの日は、加藤が清盛とコンビを組むことになる瀬戸内の海賊でオリジナルキャラクターの兎丸を、豊原が同じ平家でありながら清盛と敵対することになる平忠正、中村が平家の礎を築いた平正盛を演じることが発表。さまざまなジャンルで活躍をしている人を集めた豪華なキャスティングに松ケンは、「ここに集まった人たちはみんなリーダーで、すごく強い意識を持って、すごいパワーがある人間たちで、その中の一人として清盛もいて、早くそのリーダーたちとぶつかっていきたいと思う」ととうとう10日後となったクランクインを待ちきれない様子だった。制作統括を務めた磯も、同じ題材を扱い、仲代達矢、田村正和らが出演した1972年の「新・平家物語」に匹敵するキャスティングを意識したとコメントすると、「ドラマの世界をより新鮮に、より新しく、そして、より個性的な方々に彩って内容を面白くしていきたいという思いで、今回キャスティングしました」と満足げだった。

 いよいよ主要キャストがお目見え、さらには撮影開始も間近と徐々に盛り上がってきた本作。豪華なのはもちろんのこと、こうして集まったキャスト陣の顔ぶれからはこれまでとはまったく違う大河ドラマを作り上げようという製作陣の思いがよく伝わってくる。まさに新時代の幕開けを感じさせるキャスティングだ。(編集部・福田麗)

NHK大河ドラマ「平清盛」は2012年1月より放送予定

今、若手でというと浮かんでくる俳優さんの一人ですよね岡田さん。
やはり映画「悪人」「告白」それぞれ違うキャラクター、それも結構難しい役どころを演じられていたのは印象的でしたから、どうドラマで見せてくれるのか楽しみです。杏ちゃんも歴女という事も有名なので彼女なりの北条政子を情熱的に演じてくれるのではないかと思うんですけどどうなんでしょう?(笑)なかなか面白いキャストが揃いました。さていよいよですね。

2011.8.2記述

晋遊舎ムック  平清盛 -栄華と退廃の平安を往く-

平清盛 -栄華と退廃の平安を往く


【晋遊舎歴史探訪シリーズ】清盛の基礎知識と情報を徹底網羅!
 豪華キャスト実現!NHK大河ドラマ『平清盛』の世界をどこよりも早く
 
◆天下反逆児か?希代の名将か?【保存版特集】『今明かされる清盛の正体』◆CGでよみがえる究極の戦い「源平大合戦・七番勝負」◆大河ドラマより、いち早く再現!「伝説の海賊城と瀬戸内大水軍」◆頼朝、義経、義仲が激突!「その時、源氏に何が起こったのか?」◆源平争乱の影のフィクサー「大天狗」後白河天皇に迫る! ほか


平清盛 -栄華と退廃の平安を往く002-1


ぼちぼちと関連書籍が出始めてきたようですね。
このMOOK本、かなり読み応え有ります。

合戦の模様などCGで再現してくれてて、見やすいし内容がとても丁寧に作られていると思いますし、ケンちゃんの紹介はもとより、記者会見の出演キャストのコメントなども紹介されているし、このドラマを観たいけど私のようにこの時代のドラマがちょっと苦手な人、ドラマを心待ちにしている人、平家物語しか知らない人にとっても予習または復習するにはもってこいうの1冊だと思いますので興味のある方、書店で見つけたら是非お手に取ってみてください(^-^)

2011.5.26記述
シネマカフェネットより

深田恭子、平清盛の妻に抜擢! 大河ドラマ「平清盛」女性キャストついにお披露目
 

008_20110526185600.jpg 


2012年度NHK大河ドラマ「平清盛」の女性キャストの出演発表会見が東京・渋谷区のNHK放送センター敷地内で行われ、平清盛役の松山ケンイチを筆頭に、共演者の深田恭子、成海璃子、加藤あい、和久井映見、武井咲、田中麗奈、檀れい、りょう、松雪泰子が出席し、大河ドラマ出演への意気込みを語った。

主演に松山さんが決定したのは、昨年の11月25日。今年の5月11日(水)には清盛の父・忠盛に中井貴一、源氏の棟梁・源為義に小日向文世、為義の子で清盛の親友であり終生のライバルとなる源義朝役に玉木宏など、清盛を取り巻く逞しき男たちのキャスティングが発表されたが、今回は清盛を取り巻く麗しき女性たちのキャスティングが決定し、お披露目された。深田さん、和久井さん以外は大河ドラマ初出演というフレッシュで華やかな顔ぶれがそろった。ドラマの舞台は平安時代末期。「平家物語」ではアンチヒーローとして描かれていた平清盛に、新たな光をあてる。

50年の歴史を誇る大河では過去にも4人が平清盛を演じているが、松山さんは第51作目・最年少で見事主演の座を射止めた。そんな松山さんは華やかな女性陣に囲まれ、「男性キャストの発表のときよりも緊張しています。記者の数も今日のほうが多いのでは…」と会場に呼びかけた。

清盛の妻・時子を演じる深田さんは「時子は意思の強い女性、力強く演じられたら…」と意気込みを披露。大河ドラマ初出演が多い中でもデビュー2年目と役者経験の浅い武井さんは、平清盛と源頼朝、2人の男から愛される悲運の女性・常盤御前(ときわごぜん)役。「時代劇初挑戦で、話し方や所作など勉強しなければいけないことがいっぱい。先輩から学べることは学んで、しっかり魅力的に演じたい」と真摯に語ったが、緊張と興奮を隠せない様子だった。

成海さんは「松山さんとは13才のときに共演していますが、すごい方だと思っているので、また共演できて嬉しいです」と役によって様々な顔を見せるカメレオン俳優・松山さんの演技を称賛。他の女優陣も役に対して深く入り込み、真摯に取り組んでいる松山さんとの共演を楽しみにしていることを明かし、そんな女優陣の思いを松山さんは「ありがとうございます」と照れながらもしっかりと受け止めていた。

会見の最後に松山さんは、「平安時代は美しさが研ぎ澄まされた時代。女性は愛だけに生きていて、そんな部分がいまなお美しさを感じさせるし、感動も与えます。いい意味でぶつかり合って、いい作品を作り上げていきたい。責任重大ですが、一生懸命やらせていただきます」と決意も新たに力強いメッセージで締めくくった。松山さんは清盛の若い頃から63歳までを演じることになるが、26歳の松山さんの若く躍動感あふれる清盛に期待したいところ。

今年の大河ドラマ「江」では、女性の生きざまが描かれているが、8月よりクラインイン予定の2012年度の大河ドラマ「平清盛」では、平清盛の生涯をテーマに、逞しき男たちの素晴らしい生きざまが描かれ、男くさいドラマが期待される。これを機に、来年は源氏と平家による源平ブームが日本で巻き起こりそうだ。

大河ドラマ「平清盛」は、2012年1月よりNHKにて放送開始。

何だか心配していた女性キャストですがいざ発表されて、ますます期待感が高まってきました♪
特に璃子ちゃん、松雪さん、りょうさんと共演家いけインが豊富な女優さん、この方たちのサポートは心強いです。そして田中麗奈さんはじめ実力派の女優さんたちもう早く放送見たくなっちゃいますよね~嬉しいです。深きょん、加藤あいさんも期待しちゃいますね。ケンちゃんとのバランスもよさそうな感じがします(あくまでも私はね)

でもまだまだこれから出てくる予定のキャストも楽しみですね。

2012年大河ドラマ「平清盛」女性キャスト発表!(ホリプロチャンネルより)



2011.5.23記述
公式サイトより

5月26日(木)午後5時“平安を彩る女たち”第二次出演者発表!!

おっ!いよいよですね~どんな女優人たちが出演するのか楽しみですね。
単純に話題作りだけの女優さんとか…いるのかなぁ、ドキドキ。


2011.5.11記述
シネマトゥデイ映画ニュース

006_20110511214921.jpg


大河ドラマ「平清盛」で松山ケンイチと中井貴一が親子役で共演! 玉木宏や藤木直人ら豪華俳優陣も集結!


11日、都内で来年放送されるNHK大河ドラマ「平清盛」の男性メインキャスト発表会があり、すでに清盛役に決定している俳優の松山ケンイチが駆け付け、出演者と共に作品をPRした。

 この日に発表され登壇した出演者は、松山を含め中井貴一、小日向文世、玉木宏、藤木直人、三上博史、ARATA、國村隼、阿部サダヲ、中村梅雀など総勢13名。豪華俳優陣が華々しく壇上を飾った。勢ぞろいした役者たちを前に松山は、「日本を代表する役者さんたちが出演するのは興奮する。自分もそういう中で清盛として魂をこめてぶつかっていきたい。このドラマには一癖も二癖もあるパワーをもったキャラクターが沢山登場するので楽しみにしてください。今はエンターテインメントの必要性を改めて感じるとき。清盛という魅力的な人物をやらせていただくチャンスなので(その魅力を)視聴者の皆さんに届けたい」と本作をアピールした。

 松山が大河ドラマの主演を引き受ける際に重要なアドバイスをしたという中井は、清盛の父、平忠盛役で出演。「去年別のドラマで一緒になり、(松山に)平家の話が来ていると聞いた。ちょうど僕も(大河ドラマの)武田信玄をやったのが松山君と同じ26歳くらいのときだった。感性や芝居もしっかりできているので何も迷うことはない」と松山の出演を後押ししたことを明かした。

 それに対し松山は、「尊敬している中井さんに『やったらいいんじゃない』って言われたらやるしかないと思った。そのときは共演するとは思っていなかった」と偶然の巡り合わせに感慨深げ。さらに中井は、「撮影期間が長いので楽しくないと続かない。敵味方関係なくみんなでやっていきましょう」と大河の先輩として共演者たちにハッパをかけた。

 一方、松山とは名字が漢字で名前がカタカナなので勝手に仲間だと思っていたとジョークを飛ばした阿部は「貴族で学者で僧侶という平安の大天才、信西をやります。そこが難しいかもしれないけど一応何でもできるようにしておきます」と役柄をアピール。松山は、「信西が都から逃げて追いつかれるとき、土の中に穴を掘って竹で空気を送って隠れていた。けど見つかってしまう。大天才のこのような最期にはすごく疑問を持っていて、阿部さんはそれをどういうお芝居されるのかすごく興味がある」と振ると、阿部は「そうやって死ぬんですね。でも何でもやるって言っちゃったからなあ。楽しみです」と松山の知識に感心しながらコメントした。

 また、清盛の後見人、平家貞役の中村は、「松山君とは今年公開の映画で共演したんですが、そのときは結婚はないって言っていたのになぁ」と結婚報告がないことには恨み節だったが、劇中同様にあたたかく見守りたいとコメントした。(取材・文、池田敬輔)

NHK大河ドラマ「平清盛」は2012年1月より放送予定

あはは~もうケンちゃんスゴイ勉強しているねぇ~阿部サダさんタジタジでしたかね~(汗)
梅雀さんも結婚ネタを有難う(笑)

いやぁ~なんだか嬉しいキャスティングですねぇ~
信頼を寄せている中井貴一さんやうさぎドロップで親子共演してる中村梅雀さん、そしてARATAさんや「坂の上の雲」関連で藤本隆宏さん、今回は男性陣ばかりですが、なかなかいずれも実力派や個性派と言われている方々が揃っていて年齢的なバランスもいい感じではないでしょうか… ケンちゃんも心強い人たちがいて楽しくお仕事できそうじゃないですかね?


NHKラジオ『ラジオ深夜便』のサイトに本郷さんが大河ドラマに関してのお話をしているストリーミングを公開しています。期間限定なので興味のある方はどうぞ。

『平清盛のツボ』はこちら

テレマップMOVIEにて『平清盛』PR映像3種類視聴できます(今後も追加更新されると思います)

視聴はこちら


2011.12.14記述


成田山節分会

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .