感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.6.1記述
す・またん/ZIP(関西ローカル版)より

ZIP001.jpg




--初共演の感想は?

妻:松ケンは本当にいろんな顔を毎回毎回見せてくれる役者で、今回も本当にまた違った一面を見れたし、またとても刺激的な現場だったんで本当に楽しかったですね。

松:(妻夫木さんを)見てるのがすごく楽しかったですね。妻夫木さんが、その、役に向かっている姿勢って言うか、監督とまぁ対峙の仕方とかそういうのを見てるだけでもすごくおもしろかったです。

N:この映画のテーマは「泣く男」ということで最近泣いたか聞いてみました

ZIP002.jpg


妻:…ないな…(笑)賞(日本アカデミー賞)をいただいた時に泣いちゃいましたね。

松:最近、泣いてないですかねぇ~。
僕は人によってというか、その、信頼できる人の前でちゃんと裸になれればいいかなと思っていますけどね


N:最後に辛坊さん、森さんにメッセージです

妻:何かに熱中することは素晴らしいことだって言うのを改めて感じさせてくれる作品になってると思うので是非劇場に足を運んでください、よろしくお願いします。

松:悲しい事件を取り扱っているんですけども、その、男たちのまぁ、その青春の映画でもあると思います、是非ご覧ください<(_ _)>

ZIP003.jpg


森アナ:いっぱい出ておられますね映画、松山さん。

辛坊:この2人が出てる映画だと絶対面白いに違いないと思いますよね

城下さん:凄い2人ですよね。松山ケンイチさんもね結婚して少し落ち着きというか風格、男らしさが出てきましたけれども、新婚生活と言っても前とあまり変わってないみたいなので、だから結婚披露宴とかやるとすると、関係者によると半年ぐらい準備にかかる、大河に入っちゃいますからもうちょっとすると、NHKの大河の。この1年間拘束されちゃいますからそれはちょっとできないだいぶ先までできないんじゃないかなぁって。

ケンちゃんの「悲しい事件を…」重みがありますね。作品として他の人に薦めるのは本当にこの時代をテーマにしたものって難しいんですよね。面白いか面白くないかというと「おもしろくない」作品だと思います。でもそれでも見てほしい、見てどんなことでもいいから感じてほしいと思うんですよね。

最近泣いたかという質問の時の真剣に考える2人の表情、特に妻夫木さんが首をかしげながら本気で考えているのが良いですよね(笑)

辛坊さんも「この2人が出てるなら面白いに違いない」これも単純に「面白い≠楽しい」ではなくて見どころがあるという意味ですのであしからず(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .