感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.6.3記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

030_20110603135235.jpg



今年のニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバル(N.Y.A.F.F)のラインナップが発表され、日本からも数多くの作品が上映されることが明らかになった。

 今回は、45作品の長編と1作の短編が選考され、その中から日本の作品は三池崇史監督の新作『忍たま乱太郎』と『十三人の刺客』のノーカット映像、加藤直輝監督の『アブラクサスの祭』、中村義洋監督の『ちょんまげぷりん』、佐藤信介監督の『GANTZ』の前後編の2作などが含まれ、その他に香港からツイ・ハーク監督の『Detective Dee and the Mystery of the Phantom Flame(英題)』や、韓国のイ・ジョンボム監督の『アジョシ』なども出展されることになっている。

 さらに同映画祭の開催中には、山田孝之、坂口拓、三池崇史、山口雄大、ツイ・ハーク、ベニー・チャン等が出席することになっている。

 同映画祭は、7月1日~14日までニューヨークのリンカーンセンターにあるウォルターリード・シアターとジャパン・ソサエティで上映されることになっている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

こちらで上映作品の紹介を知ることができます

NYAFF 2011 Lineup and Guests Announced!

これはアメリカに住んでいる人たちに朗報ですよね~。
三池監督は「十三人の刺客」「忍たま乱太郎」の2作ですかぁ。
まぁGANTZも2部作だけどさ(笑)

2011.6.14記述
「GANTZ」「GANTZ PA」の上映日程情報です

Sat, July 9
Japan Society:
12:30  GANTZ (130)
3:00    GANTZ: PERFECT ANSWER (150)
** there will be a special double-feature ticket available for both GANTZ movies, for $20 / $14 students, seniors & members; tickets to individual shows also available

詳しくはこちらのサイトで確認ください
http://subwaycinemanews.com/

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .