FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.6.13記述
FQ JAPAN 2011.夏号より

FQ002.jpg


--映画の中とはいえ、初めて子育てを経験した感想は?

子どもとそこまで密に触れ合ったことはなかったんですが、今回は芦田愛菜ちゃんと共演して楽しかったし、自分の中でとてもいい発見があったような気がします。

--ダイキチのような"イクメン"を、松山さんはどのように思っているのだろうか?

父親が子育てに参加するのは賛成です。
コミュニケーションって大事ですから。
子どもは何人が理想か?ひとりよりはたくさんいたほうが賑やかが楽しそうでいいですよね。
でも大変そうだな(笑)。

--劇中で「子育てには親の犠牲が伴う」という事が語られるシーンがいくつか登場する

自分がやりたいことができなくなったり、自分の好きなように時間が使えなくなるということはあると思う。
でも、それが誰かと一緒に生活するってことだと思うんです。
自分が犠牲になることを全部拒否しちゃう人っていうのは誰とも一緒に生活できない。
それは親子以外の関係においても同じなんじゃないかな。

これはケンちゃんも小雪さんもインタビューでよく言われていますね。
最初から考え方など違って当たり前だからそんなことを言っていると誰とも一緒にいることなんてできないしお付き合いもできないっていう事をね。そういう気持ちを持ち続けているとどんな難しい問題があったとしても「性格の不一致で離婚」ということはないはずだしそうあってほしいと思いますよね。

--映画を通して、松山さんが一番伝えたいメッセージ、それはコミュニケーションの大切さだ。

一緒に生活することで、自分の時間が犠牲になってしまうことではなくて、この映画には時間を共有していくということの大切さが描かれていると思っています。コミュニケーションの仕方で全てが変わる。
ダイキチとりんはそのことによってポジティブに、前向きに成長していくことができる。
最後のシーンのセリフに"どこもかしこもお父さんとお母さんだらけ。愛で溢れているじゃないか"というのがあるのですが、本当にそう。世の中にはそういった温かいものが溢れている、という事を気づかせてくれる映画です。

原作も読んでいるだけにダイキチとりんがどうなるのか知っているだけに…(笑)
でもダイキチがりんを大切に思って育てたこと。そういうダイキチをみて育ったりんの気持ちもわかるし、映画でのダイキチとりんがどう家族になっていくのか楽しみです♪

ケンちゃんが本当にパパになったらどうなるんだろうかねぇ~(笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
仕事とはいえ
この笑顔・・完全に父親ですね。
久しぶりに本気でキュンキュンきそうな笑顔です。
スカパーCMでの子守もいいですけどね。(ぽっちゃりも可愛いし)
2011/06/13(月) 21:51 | URL | tomosaka #-[編集]
Re: 仕事とはいえ
tomosakaさん、こんにちは(^-^)

> この笑顔・・完全に父親ですね。
> 久しぶりに本気でキュンキュンきそうな笑顔です。

昨日の試写会の映像や記事などでも本当にニコニコしてて映画公開待ち遠しいですね。
まぁ、実際子どもが生まれたらどんなパパになるんだろうねぇ~(笑)
でも最低限のしつけには厳しそうだよね。(本人も多分そういうふうに育ったんだろうし)

> スカパーCMでの子守もいいですけどね。(ぽっちゃりも可愛いし)

男の子たちのパワーすごいよね。
前回の子供たちとのメイキング映像も楽しそうに遊んでいたけど、今回はさらにハードな感じになってるだけに…。スカパーのCMホンワカしてていいよね~♪(ってここで話す内容じゃないか…)

2011/06/14(火) 10:20 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .