感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.6.17記述
gooランキングより


今年の4月、かねてから交際していた小雪との結婚を報告した松山ケンイチ。若手俳優の中でも実力派として確固たる地位を築いていますが、これまで出演した作品で松山ケンイチが光っていた映画といえば?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:29073票
投票期間:2011/4/24~5/15
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません



ランキング結果

11位:ウルトラミラクルラブストーリー 87票
12位:NANA 86票
13位:神童 50票
14位:誰かが私にキスをした 49票
15位:不良少年(ヤンキー)の夢 29票
16位:ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ 28票
17位:親指さがし 28票
18位:ウイニング・パス 22票
19位:アカルイミライ 8票



1位は圧倒的な投票数を獲得した《デスノート》。
2位には《デスノート》のスピンオフ作品として松山ケンイチが主演を務めた《L change the WorLd》がランク・インしており、松山ケンイチといえば「L」を思い浮かべる人は多いよう。

存在感のある演技が光る《デスノート》は間違いなく松山ケンイチの代表作と言えそうです。
ちなみに実写化が予定されているハリウッド版の《デスノート》ではシェーン・ブラックが監督を務めることが決まっており、ハリウッド版「L」の配役も気になるところですね。

3位は今年の1月と4月に前編・後編の2作が立て続けに公開された《GANTZ》。
嵐の二宮和也との共演が話題を呼んだ作品で、人気漫画の実写化ということで期待した人も多いはず。
松山ケンイチは正義感が強く心優しい加藤役を好演。後編の『GANTZ PERFECT ANSWER』は原作とは違った結末が用意されており、公開初日2日間で約42万4000人を動員し映画観客動員ランキング初登場首位を獲得するなど注目を集めました。

 今年は《GANTZ》が公開されたのを皮切りに、『マイ・バック・ページ』や『うさぎドロップ』などの映画にも出演し、活動家にサラリーマンといった全く違う役柄を演じている松山ケンイチ。来年は大河ドラマ『平清盛』で主演を務めるなど今後の活躍にも目が離せませんね。

10位に「カイジ」がランクインして以外に「ウルミラ」が11位それも票数も結構離れているのが意外?
5位に観たことがないというのがランクインしてるのが面白いですよね。是非投票した方今回を機会に見てほしいですよね?
前回の同名のランキング結果とはまた違いますよね。まぁ「デスノ」「LcW」はやはりテッパンという感じですけど(汗)
この結果皆さんのランキングと比べていかがでしたか?なかなか順位を付けるのって難しいんですよね~
それぞれに思い入れもあるし作品も好きだしなぁ(ーー゛)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このアンケートを知りませんでしたが
私だったらやっぱり
「不良少年の夢」の義家少年でした。
この作品自体知名度が低いのか、
投票数が少なくて驚きました。
私の住んでいる地域では図書館に
文科省推奨の「ウィニングパス」で初めて松山君を見つけたときの衝撃はすごかったな。
「この子、誰?可愛いし上手い!!」と感動してしまいました。
2011/06/18(土) 11:00 | URL | tomosaka #-[編集]
Re: このアンケートを知りませんでしたが
tomosakaさんこんにちは(^-^)

> 私だったらやっぱり
> 「不良少年の夢」の義家少年でした。
> この作品自体知名度が低いのか、
> 投票数が少なくて驚きました。

今回は結構下の順位ですよね前回の同アンケートだと9位にランクインしていましたよね。
5位の「観たことがない」というのが本当にもったいないというか…(ーー゛)
ケンちゃんが演じた義家さん、ドラマで竹ノ内豊さんが演じていたけど、なんだか雰囲気がよく似ているなと「ヤンキーの夢」を初めて見た時に感じた(見た目とかじゃなくて何となく佇まいがね)
伴杏里さんが海に落ちて助けた後海岸で2人の会話のシーン好きですね~。いつもドキッとするようなセリフとか言ったりするんだけどそれがなぜだか全然厭らしく聞こえないんですよね、不思議な人です松山ケンイチって人は(笑)


> 私の住んでいる地域では図書館に
> 文科省推奨の「ウィニングパス」で初めて松山君を見つけたときの衝撃はすごかったな。
> 「この子、誰?可愛いし上手い!!」と感動してしまいました。

図書館に置いてあったんですね~。
「ウィニング・パス」の撮影前に監督から「今日からクランクインまで車いすで成果いつしなさい」みたいなことを言われて実際頑張って車椅子に慣れるように過ごしていたという話がありましたね。
階段をく住まいすで登るなんて相当訓練しないとできないですもんね。
何気ないシーン、実際経験した人だとわかる演技とは思えない演技がケンイチのすごさでもあるんですよね。
「ウィニング・パス」「ウルミラ」含めて。

でも実際自分が好きな作品をと思ったらなかなか難しいなぁ…。
ここにはまだGANTZ(PA)とかMBPとか入ってないしね。(テレビドラマも入ってないしね)
これから作品が増えるごとにますますランキング難しくなっていきそうです…(汗)
2011/06/20(月) 11:50 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .