感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.6.19記述
シネマトゥデイ映画ニュースより
001_20110619001409.jpg

6月11日より開催中の第14回上海国際映画祭で、コンペティション部門にノミネートされている映画『うさぎドロップ』の主演・松山ケンイチとSABU監督がサプライズで舞台あいさつを行い、上海の観客を大いに沸かせた。

 同映画祭においてもっとも栄誉のある「金爵賞」を競い合うコンペティション部門にノミネートされている『うさぎドロップ』。宇仁田ゆみ原作の同名人気コミックを映画化した作品で、松山は突然「イクメン」になってしまう主人公・ダイキチを演じている。記者会見と舞台あいさつのため現地入りした松山とSABU監督。事前に二人の登壇が知らされていなかったため、二人が舞台あいさつに登場すると、500人の観客で満席になった会場から大歓声が上がった。中国における松山の人気は特に女性を中心に高く、同映画祭で本作が上映される計6回のチケット約3,000枚が完売するほどだ。

 また記者会見で「上海(中国自体)は初めてですが、こんなに温かく迎えてもらって本当にうれしいです」と顔をほころばせた松山は、上海の印象を聞かれ「到着したばかりで、ワンタンラーメンしか食べていないのでまだよくわからないですが、お客さんの映画に対する興味度の高さもうかがえ、エネルギーを感じる町ですね」とユーモアたっぷりにコメント。そして、上海語でありがとうを意味する「シャジャー」を披露した際も会場から大きな歓声が上がり、発音がうまいとほめられた松山が照れ笑いする場面も。終始観客の温かさに包まれた会見となった。

 『うさぎドロップ』は、ひょんなことから一緒に暮らすことになった6歳の少女(芦田愛菜)と27歳独身のダイキチ(松山)の珍妙な共同生活を描き出すヒューマン・ドラマ。映画『蟹工船』などのSABU監督がメガホンを取り、ダイキチが憧れるシングルマザーのモデル役を香里奈が務めている。なお、第14回上海国際映画祭コンペティション部門の結果は、19日夜に行われるクロージングセレモニーで発表される。(編集部・小松芙未)

映画『うさぎドロップ』は8月20日より全国公開

おぉ!これは嬉しいサプライズじゃないですか?
上海国際映画祭に出席することは分かっていたけど、『うさぎドロップ』がコンペティション部門にノミネートされていたとは…
中国のファン達は本当に嬉しかっただろうね。

明日も閉幕の挨拶楽しみです。上海の夜楽しんでくれるといいね~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .