FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
中村蒼から見た松山ケンイチ
映画『マイ・バック・ページ』で初共演した中村蒼さんが感じた松山ケンイチとは

022_20110622212019.jpg



2011.6.22記述
「マイ・バック・ページ」ナビゲートDVDより

--松山ケンイチについて

お芝居では、なんか…リハーサルとかを結構するんですけど、その間に段々段々こう、気持ちとか上げていって、本番で一気にそこに持っていく感じの人でした。

本番で急に目付きも変わりますし、雰囲気とかも思いっきり変わって、リハーサルと本番は良い意味で全然違う風になっいて、一緒にやっててなんかすごくおっ!とビックリする時もありますし、やっててすごい刺激を受けましたね。

今でもいる素直で実直な感じの柴山が何故梅山に惹かれて行ったのか。そこまで梅山を信じることができるのか分からないけれど、それの人の良さが結局梅山にとっては都合が良かったのかもしれないし、梅山の革命ごっこに付き合わされて最後は実行犯になってしまった可哀想な人でもありますね。最後の最後まで梅山を信じていたことが本当に哀れでした。

でも中村さんが演じたから余計そう感じさせてくれたのかもしれないです。今後もまた映画化ドラマで違うキャラで共演してほしいですねぇ~(笑)

2011.6.7記述
ELLE girlより

全文はこちら


エルガール中村蒼さん001


――松山ケンイチさんなど、共演者とのエピソードは?

僕は人見知りなので、少ないですが……
撮影当時はワールドカップの時期で、同じシーンが多かった松山さんとは、サッカーの話をよくしていました。
あと、僕が松山さんを乗せて古いマニュアル自動車を運転するシーンがあったのですが、うまく操縦できずに、松山さんに怖い思いをさせちゃったかもしれません! ごめんなさい(汗)!

襲撃の前のシーン、衝撃的というか柴山のパニックになった様子がリアルでしたね。
昔の車運転大変だったでしょうね~(笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .