FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.7.12記述

試写会の時は帽子なしとまとめた後ろ髪はほどかれていたそうです

mini_110712_1358_20110712144441.jpg


 
 B:本日のゲストは松山ケンイチさんで~す。
A:松山さんが入ってきた瞬間スタッフの数が3倍になりましたー
B:空気変わりましたね 女性の数が圧倒的に多いですね
A:福岡にはよく来るんですか?
松:そうですね キャンペーンで来らせていただきました あと、去年は撮影でもお邪魔しました、ハイ。
A:そうですか 福岡に来たら必ずこれ食べるとか、そういうものってあります?
松:あります ウナギとうどんは食べますね
A:ウナギですか?! (意外そう。注:たぶんウナギとかいう人いないと思う) 

mini_110712_1403_20110712143703.jpg


松:(訊きかえされたのが怪訝そうに)ええ、そうですよ。ボク、日本でいちばん美味いと思ってますから。
A:静岡よりも?
松:うん、あ!でも静岡あんまり行ったことないんで・・・
一同:アハハハハハ・・!!
A:今回ももちろん行く予定ですか?
松:もう昼ごはんに食べました。

mini_110712_1200.jpg


映画の紹介

A:この役はむずかしかったですか?
松:あの~楽しかったですね、最初から最後まで、楽しかったです
A:なかなかないんじゃないですか?最初から最後まで楽しいって
松:ないですね~
A:だって苦しいこともいっぱいあるじゃないですか撮影って
松:う~ん やっぱ大変なこともたくさんあるんですけどね。ただ、愛菜ちゃんが本当にかわいくて、いい子で、一緒にいて癒されるんですよ。
A:あ、愛菜ちゃんが一緒にいたからずっと楽しかったってことですか?
松:そうなんですよね~(しみじみと)
一同:アハハハハハ・・!!
松:あのー愛菜ちゃんと接しちゃうと他の子供憎たらしいみたいになっちゃうんですよ
一同:え~~~っ? そんなにかわいいんですか? (くちぐちに)
松:よすぎるんですよ、ちょっと
A:それじゃ、天使みたいな扱いですか ケンイチさんからみたら
松:そうですね ぼくだけじゃないですよ、みんな癒されてて 皆楽しい現場だった、楽しかったと・・・
B:その愛菜ちゃんと共同生活をするというストーリー・・・
A:全然苦にならないですね、そんだけ楽しいんだから

mini_110712_1405.jpg


松:うんそうですね ボクのやってるキャラクターも子供と生活をするというのがないキャラクターだったんで・・・
ボクもそうなんですよまだ子供もいないし、だからそのまんまぶつかっていこうと思って。で、愛菜ちゃんは台本読んでいないんですよ
一同:え~~~っ?
松:愛菜ちゃん台本渡されないでやってるんですよ
A:じゃあ、感じたままに、ということなんですね
松:で、ギリギリで流れだけ作ってやってて・・
B:天才子役ですね、ホントに。
松:ホントですよ!
B:洋服選ぶシーンとか一緒に遊ぶシーンとかありましたけど・・
松:あれは何も設定ないんですよただやってくださいって・・自由にやってくださいって言って出来上がったモンですから
A:台本に何をしてどうしてってのは書いてないってことなんですね
松:うん、読んでないんです で、助監督の人がちょっとセリフとか教えていくんですね、で、どのシーンになるのかってのはわかんないんですよ、愛菜ちゃんは
C:で、松山さんはそれに対してどう答えられるんですか
松:ボクは台本読んでるんで、流れはつかんでるんで、だけどその流れの中でアドリブもどんどん出てきちゃうんですね、愛菜ちゃんのほうから・・・
A:周りのスタッフ、監督さんなんかも愛菜ちゃんにはものすごい優しい口調になってたんじゃないですか?
松:いや、もうホントに出来る子ですから、優しく(接し)て・・・癒されながらやってました
A:将来的にはあんな娘欲しいナ、みたいな・・・?
松:いや、欲しいですけどね~、でも外に出したくないですよね。
A:こういう職業(俳優)にはさせたくない、ですか?
松:そうですね、絶対キスシーンとかしてもらいたくない・・・
一同:笑 

mini_110712_1407.jpg


B:嫁に行かせたくないってなっちゃいますよね
A:もう愛菜ちゃんの親になってますよね 
B:本当に幅広い役をこなされていますが、今回の役も全然違いましたね
松:そうですねー、ま、サラリーマンでしたしねー、ま、去年あたりからだんだんネクタイしめるサラリーマンの役やれるようになってきて・・
で、今回サラリーマンだけじゃなく、子供を育てるというか共同生活をする話になっていて・・・新鮮でしたね。
面白かったです、ハイ

mini_110712_1158.jpg


A:ファンの皆さんスミマセン、お時間となってしまいました
松:早い・・早いですね~
A:まだ話しますか
松:いや、特にないですけど・・・ (おい!ないんかい!)
A:他のコーナーつぶしてもいいんですよ
松:じゃ、じゃあちょっと・・・そうですね、じゃあまぁ・・
あの~あったかい映画なんですよ。つながりが大事だと思わせてくれる映画で・・・ダイキチとりんだけじゃなくて、家族や仕事仲間とかいろんな人がつながって、いろんな人に助けられて共同生活が成り立っていくという話で・・・
りんもそうだし、ダイキチも一人の人間として大きく成長していくようなそんなストーリーなので、いろんな人に、たくさんの人に観ていただきたいと思います。


あはは~。
面白いですね、映像で観てなくてもなんとかく伝わってきますよね~
話が、「特にないですけど」というのもケンちゃんらしくて(笑)でも決して悪い意味ではなくてね。

愛菜ちゃんLOVEですね~。
くろすけさん、文字起こし&写真ありがとうございました<(_ _)>

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .