FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.7.24記述
メディア・イン・ニュースより




映画の主演俳優二宮和也と松山ケンイチの特別インタビュー映像が公開された。

二宮和也は日本国内ファンクラブ加入人数だけでも100万人以上を保有している日本の代表アイドル グループ 嵐のメンバーで去る2006年には世界的巨匠クリント・イーストウッド監督の映画<硫黄島からの手紙>を通じて成功的にハリウッドに進出した演技派俳優。

また<デスノート>、<喪失の時代(ノルウェイの森)>などの作品で国内でも大きな愛を受けている松山ケンイチもやはり国宝級の俳優だ。

今回公開された映像で二宮和也は今回の作品に出演することになった理由に対して“松山ケンイチとともに作業したいという考えが最も大きかった”と話したし松山ケンイチは“玄野役に初めから二宮和也以外に考えられなかった”として“共に玄野と加藤を作り出せたことはとても良い経験だったと考える”と明らかにした。

また二宮和也は最も記憶に残る場面として仁王像との戦闘シーンを挙げて“いきっている玄野がすごく可愛らしかった。 その間、自身満々な役を演ずる機会がなかったために新鮮だったし後半部に出てくる絶望感と後悔に完全に陥ることができた”と話した。

このインタビュー映像は初めて見たかもしれません。
韓国向けにつられたものなのかしら?単に私が知らなかっただけかしらん?(汗)
いよいよ韓国での公開…楽しみですぅ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .