感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第6回『西海の海賊王』
2012.2.12放送

002_20120207054331.jpg

清盛(松山ケンイチ)は父・忠盛(中井貴一)とともに、西海の海賊討伐へ向かう。
船上での戦に自信をもつ清盛だったが、初陣は厳しいものに。
そのころ、源義朝(玉木宏)らは、東国を目指して旅の途中。
尾張での道中、熱田神宮の供物を狙った盗賊を倒した義朝は、大宮司の藤原季範(山口良一)に境内に招き入れられ、そこで、季範の三女、由良姫(田中麗奈)と出会う。
一方、京の御所では、得子(松雪泰子)が鳥羽上皇(三上博史)の子を宿していた。



海賊討伐を命じられた平氏一行…源氏の名を轟かせる為に東に向かう源義朝…
いよいよ海賊との壮絶な戦いそして清盛の初陣です。

大きな船に驚き、そんな中で清盛も必死で弓を引いて戦うけれどあまりの迫力そして戦いの凄まじさに怖気づいてしまう。そんな時、海賊の弓が清盛に向けられたがそれを盛康かばって弓が当たってしまった。必死で叫ぶ清盛の姿がなんともいえませんでしたし、矢を打たれた盛康の表情が良かったです。

PDVD_034.jpg


傷ついた盛康の傍から離れない清盛の姿。
そしてあの巨大な船の正体は宋の国から来た唐船だと忠盛、翌朝、無頼の姿になってひそかに小船に乗り込もうとする清盛を止めて自分が乗り込もうとする道憲。結局、目的が同じだとわかって唐船を見つけよと清盛に命令する道憲(笑)

一方、義朝たちはお供えの米を奪おうとする輩を蹴散らして熱田神宮の大宮司・藤原季範にお礼を言われるけれどそこに登場したのが藤原季範の三女・由良姫。余談ですが、義朝が馬で通る緑の木立の雰囲気は熱田神宮の参道の感じとすごく似ているなぁ~と思いながら見ていたんですけどね~(笑)

さて、由良姫ですが、源氏と聞いて出てきた言葉が「なんだ、源氏なの…名高き平氏ではござりませぬのねぇ~おもしろうないこと」この時の義朝の向かっ腹立つと言うような表情良いですよね(笑)

006_20120221163900.jpg


「おい、そこの醜い女」この時の言われた由良姫の表情も面白いですよね。えっ?私に言ってるの?って感じで(笑)
「誰に向かって申しておるのです!」
「心根が醜いと申しておる。人を見下すような物言いすることが女人の格を上げることと思うておるようなら、父に恥をかかせるような女の心根がろくな物であるわけがない」

ツンデレ義朝とツンデレ由良姫(笑)この2人が後に夫婦になるわけですね~ツンデレ夫婦(笑)

そして京でも璋子と得子のバトルが始まりましたよ~
得子が璋子に「ややができました。上皇様のお子にございます」それに対して「作用でございますか。お勤めご苦労様にございます」と言われムカムカしながら通り過ぎる得子。その事を堀河は寝所で義清と秘め事の後に話しています。この時の堀河の髪の乱れ方がやはりいいですね。大人な関係の2人なわけですけど。この時、義清は璋子のことがますます気になるわけですね。

小船に乗っている清盛と道憲。
道憲の身の上話を聞かされイライラする清盛。
「学者もん武士も官位こそあれ低き身分にすぎぬ!位高き公卿どもに虐げられ蔑まれ、何ゆえこの国の仕組みはかようにおもしろいうないのだ?!」
「まさにそれこそが私が宋に渡りたいと申したわけじゃ。かの国では、人を生まれではなく、才をもってはかり、百章であろうと商人であろうと、いくらでも高い位に取り立てるという素晴らしき仕組みがある。私は私の才を世に生かしたい、この国では叶わぬならば宋へ参って…」

道憲の言葉に本来の目的を忘れてしまう清盛、おいおい…まだまだお子ちゃま気分抜けてないよ~。
「参ろう!今すぐに!宋の国へ!渡ろうぞ~」
「ばかもの!たどり着くまでに飢え死にしてしまうわ」

と妙に冷静な道憲に対し「そこは気力で」って無茶振りな清盛(ーー;)「行けるか!おっ!」なんて会話をしてると突然海から出てくる出てくる海賊たちが…そして気がつくと目の前にはなぜかヤギ…そして縛られている清盛。道憲は宋の人間と会話をしててどうやら唐船の中に自分たちはいるらしい。

宋人が自分の大切な剣を持っているのを見て慌てて取り返そうとするけど両手縛られてちゃ~無理でしょうよ(笑)宋人に話しかけられても何を行ってるのか全く分からない清盛に対して道憲は流暢に宋の言葉を話しているんですよね。宋人はそれぞれ春夜と桃李と名乗っている。その名前を聞いて道憲は李白の詩を詠む。

いよいよ、登場ですね、海賊の棟梁(笑)
しかし上手い事、春夜の頭の上に鶏が乗っていますよね~(感心してる場合ですか)道憲が清盛に「お前が捜しておった男じゃ」と言う。

海賊の棟梁が道憲に日本語でしゃべりかけているのになぜだか道憲は宋の言葉で返事をしているのが面白い(笑)海賊の棟梁に「お前は誰なんだ」という清盛に対して「お前立場わかっとんのか?!追討使はなんぼほどきとんねん?誰が大将や?ほんで何でお前こんなもん持っとんねん?」と威圧する男に対して「う~ん…うぉりゃ~」って何かすごいパワーで縄が千切れたぞ!びっくりっす(@_@;)

双六のさいころを見つけて「賭けをしよう、負けた方が勝った方の聞きたいことに答えるのじゃ、俺をかばった乳父が怪我をしておるのじゃ!」その申し出に答える海賊の棟梁。

さいころを投げると4の目が出た。続けて清盛も願いを込めて投げたが出たのは3の目、しか質疑の瞬間船体が大きく揺れてそれぞれのさいころが動いた。すると、清盛の目は6、男の目は1になった。ようやく外に出て見ると帆だけで走る船にただただ驚きと好奇心を隠せない清盛。

道憲も宋の書物を見つけそれを食い入るように読み始めました。おいおい、清盛殿、貴殿はいま人質状態なんですぞなもし(ーー;)そんなキラキラした瞳で見てる場合ではありませんぞなもし(汗)

「(剣を突き刺し)あんまりちょろちょろすな、オレの名前は兎丸」
「兎丸?随分とかわいらしいな」
「もともとは都のつまらん盗賊やった、けど都は取締りが厳しなってな、こうやって海でぬすみをするようになったんや。色んなやつおったで。食い詰めた商人、食い詰めた漁師、食い詰めた百姓…」
「食い詰めてばっかりではないか?」
「だから強いんや」「なるほど」

って納得してるバイですか清盛殿ぉ~

「陸では居場所ののうなったやつらやけど、大したやつらやで、見てみあいつの体、山で猟師やっとったやつは足腰が強い。海で魚取っとったやつはせまい瀬戸をどないして通ったらええかよう知っとる」博多で船をさらってその時自分の考えに賛同した宋人達はそのままこの船に残っているという兎丸の説明に清盛はその考えってなんだと尋ねると「俺はな、海賊王になる、俺はぁ海賊王になるぞ~!」出たぁ~(笑)思わずカムイ外伝のときを思わせるような身軽さで兎丸のいるところまでかけて行く清盛。本当に俊敏なんだよねぇ~。

「ええか?今は都の帝さんがこの国のお頭や、一番のお偉いさんや、せやろ?この国のてっぺんたるお頭さんに義がある。そやからお頭さんが嫌な俺ら海賊は"悪"ちゅうことになるな?よう考え…けどな、海賊の俺がこの国のてっぺん取ったら…」
「…義と悪がひっくり返る」
「そういうこっちゃ!海賊王兎丸がこの国の義となり民を虐げるお頭さんが悪となるちゅう寸法や!」
「おもしろいぃ~~~!そなたとは気が合
いそうじゃ」


2012-02-21_16-46-02-anime.gif


と握手を交わして楽しそうな清盛…と思った瞬間
「図にのんなよ!」
「すまぬ…アハハハ~」って最高ですよねこの間合いと言うか。

そしてその楽しいやり取りも次の瞬間、実はこの兎丸の父は昔、朧月という盗賊で兎丸が8歳の時に斬り殺されたその宿敵が平忠盛。そして清盛も幼き時の事を思い出す。

自分から幸せを奪った張本人それが目の前にいるまさに兎丸その人だったのだ。このことで追討使が平氏一門だということが分かってしまうわけですな。おもわずしまった…という表情の清盛。

そんな事になっているとは知らず平氏一行は帰ってこない清盛を心配しています。すると矢文が届き、清盛を捕まえているので返して欲しければ忠盛1人で来いと。

PDVD_094_20120221165031.jpg


そして清盛は吊り下げられるハメに、しかしその表情はさえないわけで…わかめを投げつけられわかめまみれで吊り上げられる清盛。多分、平氏の血が流れていない自分を誰も助けに来てくれることはないだろう、結局自分のした行動が父や叔父そして盛康に迷惑をかけてしまっただけだと思っているのかもしれませんね。

一方忠正がまたも清盛の単独行動に怒り心頭。忠盛に海賊の要求に応じてはならないと強く訴えます。まぁその気持ちも分かりますけどね。そしていつになく声を荒げる忠盛殿。

そんな時、傷ついて瀕死の状態にもかかわらず盛康「まこと、後先をお考えになりませぬな…清盛様は。されど…それが清盛様にござりまするよ。清盛様はきっと…私のために…この至らぬ乳父の…私のために、後先も考えず…正体の知れぬ海賊の元に…」

PDVD_102.jpg


盛康の言葉に忠正が立ち上がります
「わしが行く。わしは清盛などおらぬ方が良いと思うておる。しかし、兄上にはなくてはならぬのであろう?」

忠清が「皆で参りましょうぞ!」と。すると鱸丸の声が…
「忠盛様!」
鱸丸が清盛の郎党たちを引き連れてやってきました。
「清盛様と共に海賊たちからの警固にあたりました漁師たちにござりまする。闇夜の海でもお役に立ちましょう」
う~ん心強い人たちですなぁ~(T^T)グスン

さて、清盛は吊るされたままっす。
下にいる道憲が李白の詩を詠んでいます。
「人生ははかないものである。すぐに過ぎてしまう。それゆえにこそ、今という時を多いに楽しもう。己の生をあるがまま謳歌しようぞとうたっておる」

清盛ははるか昔に聞いたような気がするといい舞子の今様が流れて苦しーん、ちょっぴり切ないしこの時の清盛の寂しそうな目の表情…そして遠い海を見つめていると夜霧の向こうに見えた物は…沢山の船。自分を助けるために平氏たちが来てくれたのだ。

皆の戦う姿を上から見ていることしか出来ない清盛。自分を忌み嫌う叔父・忠正が自分に弓を引く海賊に向かって斬りかかる姿が。カッコイイです忠正。

PDVD_123.jpg


そして鱸丸に助けられた清盛剣を抜いて戦いに参加する中「誰でもよい!誰でもよいゆえ助けてくれ」と道憲(笑)ええ味出してますわ~サダヲさん♪そして忠盛も棟梁を探し宋船に乗り込み海賊を斬っていきます。かっちょええですなぁ~、しかし次の瞬間兎丸の不意打ちに会ってしまう忠盛殿~(>_<)

「よう聞け!お前らが人を斬んのはな、俺らが物盗むんと同じや!」
この言葉に"はっ"とする忠盛。「朧月の子か…」「お父の敵!」と2人の斬り合い。狭い空間での斬り合い迫力があります。しかし忠盛絶対のピンチに清盛が登場!

「騒ぎに乗じて敵討ちとは情けないやつじゃ!朧月の兎丸なら餅でもついておれ!」
ということで兎丸と清盛の一騎打ちとなりました。清盛は兎丸から聞かされたあの日からの自分の存在に苦しめられてきた思いを思い切りぶつけるように兎丸に挑んで行きますね。

兎丸も民のために義賊になった父の無念を晴らそうと清盛にぶつかっていきますね。

「俺こそお前のせいで父を失のうた!(それを静かに聞いている忠盛の表情に注目ですね)あの時、お前さえ余計な事を言わなければ俺は何の迷いもなく、父上の子でおれたのじゃ!当たり前の武士でおれたのじゃ!お前のせいで俺は自分が誰なのかわからなくなり、迷うて・苦しんで・この世のあらゆるものを恨んで厄介者になって、何故生きておるのかさえ分からず、ふらふらと無頼の生き方をしておった!…だが、俺のために…皆が来てくれた…こんな俺のために…あ~っ、くそ~っ、くそ~っ!教えてやる、何故俺がこの剣を持っておるか。俺は、武士だからだぁ~!血は繫がらずとも…平氏の男だからだぁ~!今、ここでそれを知るためにこの剣と出会うたのだぁ~!」

PDVD_130.jpg


あぁ、2人とも力尽きて倒れてしまいましたがなぁ~(笑)この時、アクシデントで兎丸の顔に本当に剣が当たって加藤さん流血してるんです。これはメイクとかではなく、加藤さんご本人のリアルな血なのだそうです。

海賊たちを捕らえようとしたとき再び清盛がこのもの達の処分を自分に任せてもらえなないかと忠盛に懇願すると忠盛もうなずいた。

「…お前は…俺だ、兎丸。父を失のうた悲しみを抱え、乗り越え、この、面白うもない世を面白う生きようとあがいておる男だ。共に生きてはくれぬか?平氏のもとでなら、いつの日かもっと面白きことが出来るはずだ。それでこそ、朧月の義を証せるはずだ。お前の命、仲間の命共々、我ら平氏に預けよ!」

「俺に餅つけ言うとんのか?王家の犬のために」
「王家の犬で終わらぬ」
「お前アホやろ?」

PDVD_157.jpg 


この一連のやり取り面白いですね。若い清盛がようやく自分の生まれた呪縛から解放された瞬間でもありますね。そしてそんな清盛を皆が見守ってくれて、そして海賊を引き連れて凱旋してきましたね~でも清盛は無頼の姿のままですけど。おっ!時子様登場です。キラキラした目で平氏の御曹司を探している時子様ですけど清盛はおもわず兎丸の「俺は海賊王になるぞ!」と叫んじゃいましたね~すかさず兎丸の「お前ちゃうやろ!何言うとんねん?!」と絶妙な突っ込みが(笑)

時子様「何あれ?」ありゃりゃ~ということで次回はいよいよ明子様と時子様が登場ですね。清盛の恋の行方楽しみですね♪


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .