感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第7回『光らない君』
2012.2.19放送

001_20120215112822.jpg  

多大な犠牲は出したものの、見事に海賊を討伐した平氏一門。
清盛(松山ケンイチ)の乳父・盛康(佐戸井けん太)も、戦の傷が原因で落命するが、生前清盛は盛康に、漁師出身の友・鱸丸(上川隆也)を養子にしてくれるよう頼んでいた。
喜びに胸を震わせる鱸丸は、晴れて武士・"平盛国"となり、平氏一門に迎えられることになった。
海賊討伐の功績により、公卿に引き立てられることを期待していた忠盛(中井貴一)だったが果たせず、その代わりに清盛が鳥羽院(三上博史)から従四位下の位を授けられる。そのころ御所では、得子(松雪泰子)が鳥羽院の子を出産するが…。





ありゃりゃ?今日の見どころってのがありましたぞな?それいりますか?(汗)

無事凱旋してきた平氏一門。
家盛は庭にいる強面な人たちにビビるけど清盛が自分の郎党だと説明するけどあまりにがん見するもんだから兎丸たちにビビらされてビックリ(笑)

PDVD_051.jpg


乳父の盛康が亡くなる前、清盛は盛康に鱸丸を養子にしてやって欲しいと願い出る。
それを快く承諾する盛康。
「それは嬉しき事にございまする。」
「名をつけてやってくれ」
「…では、盛国と」

そして鱸丸のために武士の衣装を準備し、「平盛国」と新しい名をつけてくれた。武士の装束と名前をもらった鱸丸改め盛国は改めて清盛の臣下となったけど私的にはもうちょっとこのシーン引っ張って欲しかったかも…ノベライズでも好きなシーンの一つだっただけにちょっとあっさりし過ぎて残念だったかも…

今回のOPは登場人物が多いぞ!(笑)子供たちのシーンになってもまだ登場人物の名前が…

さて、出ました、時子ちゃん登場っす。
まるで違う番組のような源氏物語の絵巻物の世界が…う~んファンタジー(笑)
でも、深きょんのこの詠みは素敵でいかにも夢見る夢子ちゃんって感じが表現されていますよね~♪

とせっかく、ファンタジーの中で楽しくしてるのに…
やつがきたぁ~腹痛の清盛。何とか草むらで用を足す清盛の「はぁ~(か・い・か・んってか(爆))」にぷんすかぷんのぷんの時子…

鳥羽院と忠盛のシーン。
緊張感ありますなぁ~褒美とは忠盛が公卿に取り立てられるのではなく、清盛に従四位下の位を授けられた。まぁ逆らう事もできないわけで仕方ない感じの忠盛。 着なれない直衣(かはたまた狩衣か?)と烏帽子姿、鴨居が烏帽子にぶつかるわ、すぐ着崩しちゃう清盛。
そこへ…うわぁ~忠実と清盛のツーショット、不気味だねぇ~
厭味たらたらの忠実はん。 でも、清盛も少し成長してるからムカムカしてても静かに話を聞いて我慢してるえらいぞ!成長してるぞ清盛殿(笑) またも鴨居に烏帽子がぶつかって脱げてしまって清盛イライラでもうやってられん!って感じで被るのやめたみたいありゃりゃ~(ーー;)

イライラしながら岐路に着く清盛だけど、忠実はんに関しての知識をあれこれはなす盛国に驚く清盛。家貞に色々教えてもらって日々勉強に勤しんでいる盛国は偉いっす!でもそれを知ってる清盛もある意味単なる無頼ではないやんかいさぁ~ってか(汗)この時、会話をしながら馬にまたがりながら袖の処理をする清盛、へぇ~あの袖の紐ってあんな風に活用するのねぇ~、裾も分かったし、袖の紐もちゃんとそれぞれの機能性を考えて作られているのねぇ~( ..)φメモメモ勉強になりますわ。

もう烏帽子被るの面倒やからってそのままでええんですか?
雨が降ってきたので家路を急ぐ2人だけどそこへぬかるみで足を取られている人発見!
慌てて馬を下りて助ける清盛、「大丈夫ないか?」と手を差し出した相手はなんと女子でした。
驚きの清盛。この時あえて女子の顔を暗くして見えないようにしてる演出は私は好きですね。

清盛と盛国は助けた2人の自宅に招かれる。主は高階基章という下級貴族で助けてもらったのは娘の明子。
つーか、基章殿、その着物はあまりにもひど過ぎやしませんか?(ーー;)しかも清盛も仕方ないので烏帽子着用だけど先が折れちゃってるよ(>_<) どんだけ鴨居にぶつけとるんや?

基章のテンションUPな感じとは裏腹に戸惑う清盛、そして明子は気まずい表情…そんな時でもお腹が鳴る清盛(笑)清盛は明子をかなり意識している感じですが明子も思わず少し笑顔が…。文字が浮かんできそうな清盛の「ワッハッハッハァ~」の笑い声。

質素ながら明子の手料をに舌鼓する清盛と盛国です。
やっぱ美味しそうにがっつきます清盛(苦笑)

2012-02-21_13-24-32-anime.gif


「全て明子殿がなさるのか?」
「なにぶんにも、この通り倹しき暮らしにて…実は、昼間出掛けましたのも、恥ずかしながら出仕に着てまいる装束がどれも古うなりましたので、近くの知人に借りに参ったところ雨にあい、心配した娘が蓑傘を持って迎えに来てくれた次第にござりまする」
「…かように暮らしが厳しいのか?」
「父上…さようなお話お聞かせするものではありませぬ…よいのです、人任せは性に合わぬ故に」

この時の「かように~」という時の清盛の表情が無性に可愛いです(爆)

突然「清盛様!娘を妻としてお傍においてはいただけませぬか!」
「ブファ(椀物を吹き出す、盛国も固まる)」
「父上!」
「いや、位低き私めの娘などとお思いでしょうが、我が養父為章の生まれを辿れば、かの紫式部にも連なる家柄」
「妻…」
「特に、琵琶の腕は格別!」
「妻…」
「なにとぞ!なにとぞ!」
「…妻…」

いきなりそんな事言われてもねぇ~
そんでなくても今まで無頼者だけど女性に対してお付き合いなんて多分皆無だったのかもしれないのにいきなり妻って言われても戸惑うよね、それに少なからず初めて見た瞬間からかなり明子を意識しているだけに、まぁだから基章さんもチャンス!と思ったんだろうけど…(汗)清盛も完全に「妻」という言葉が頭から離れないようですねぇ(>_<)

そんな一見初心(うぶ)な雰囲気から一変して得子はんは姫皇女をお産みになられましたが、なぜだかこちらも強烈にプンスカプン(というか殺気立ってる?)の得子はんです。生まれたのが女の子だったのが原因のようですが、しゃーないやんと思うけどそうも行かないのでしょうね彼女的には。そんな所に産着を持って璋子はんがやってきましたぞ~。堀河にしてみれば得子はんが皇子ではなく姫皇女を生んだので一安心のようですが璋子はんにしてみればそんな事は全く気にしてない様子。

あんたから貰ういわれなんかあらへん!と思う得子はんの厭味も厭味と受け取らず純粋に産着はいくらあっても困らへんもんやねんさかいって感じの璋子はん。そのあまりに空気を読まないというか純粋に得子はんの赤ちゃんに対しての心遣いに邪念だらけの得子はんはムカついてしゃーないわけで、ブチ切れそうなのをこらえて対応しておりますが乳母はもう見てて冷や冷やですわ(汗)この緊迫感見てるこちらもドキドキしてまうわ。怖過ぎて。そして挙句にはお召し替え中の鳥羽院の所に行っていきなり襲いかかかるなんぞ…どないなこっちゃですわ(汗)

鳥羽院もそりゃびびるやん。「なんとしても皇子をお産みしとうございます」ってどんだけ積極的ですねんなぁ~。でもそれに身を委ねちゃう鳥羽院なんですなぁ(ー3ー;)

片方でそんな事がありながらもう一方…
義清は崇徳帝に呼ばれましたぞなもし。
そして崇徳帝が詠んだ歌
「瀬を早(はや)み 岩にせかるる 滝川(たきがは)の われても末(すゑ)に 逢はむとぞ思ふ」
いつもの新さんの地声より歌を詠む声は少し高いですね。でもさすがご本人が崇徳をが好きなだけあります。しっかり崇徳帝のイメージが出来上がっておりますね~♪ GJです(^_^)

この歌がこの後の伏線の一つになりますね。
義清が崇徳帝の心の奥に感じている複雑な思いを理解しようとしますがこの後の崇徳帝「義清、次はいつ参る?」なんとも隠微な雰囲気っす(ーー;)

そしてその歌をなぜだか義清の屋敷で繰り返し口ずさんでいる清盛。
完全に心ここにあらずで無頼者の片鱗も無い有様。義清の話も全く聞いてないしぃ。
恋の相談に来たはずなのになかなかそれを言い出せない清盛に義清が1人の女性を紹介する。


PDVD_127.jpg


「あぁ、春子、これがいつも話しておる清盛だ」
「あぁ、初めてお目にかかりまする、春子にござりまする<(_ _)>」
「妻だ」
「…そっか…妻か…えっ!えっえっえっえっ?!えっ!」

そりゃ、同い年の義清がすでに所帯持ちだなんてビックリですよね。
若くに家督を継いでいるしさらに妻も持っているだなんて清盛は何かと義清に驚かされるわいなぁ(笑)

明子の家では時子が琵琶のお稽古中。
先日の雨の日の出来事を時子に話をした明子。
相変わらず「それはまるで…光源氏と明石の君のようじゃないですかぁ」と源氏物語の話しをしております。どうやら先日の装束を借りに行った先というのは時子のところだったようですなぁ~。
自分のことでもないのにもうはしゃぎまくって明子を連れて神社にお参りに行く時子。

神社に行くとすでに先客がいて、必死で何かをお願いしてる。
実はそれは清盛で再び明子と会えるようにお願いしている最中やんかいさぁ~(笑)
でも時子は前のでかい男がうっとおしいったらありゃしないわけでそこを退いてくれと言っちゃいましたよ~振り向くと清盛、思わず明子が「清盛殿」と声をかけられ、お目目が飛び出そうなほどビックリして挙句に腰抜かしちゃいました清盛(笑)そりゃ願っていたらすぐだもんね、どんだけ念が強いんだか(笑)

142.jpg


一方、時子はこれが明子の「光る君?」よく見るとなんと雀を蹴散らした嫌な男だった!
明子は素っ気なく帰ろうとしていってしまう。やばよやばいよ~清盛、せっかく願いどおり会えたのにそんな素っ気なく行ってしまったら…(汗)慌てふためきながら時子のプンスカなんてかまってる場合じゃない明子の元へ猛ダッシュな清盛なのです。

何だかちょっと明子の思いを考えると切ないなぁ~。
この時の2人の立ち姿がなんだかちょっぴり切ないというか青春って感じ?(特に清盛の不器用な感じがね)
せっかく、明子と2人になったのに話すきっかけがつかめない清盛、2人のドキドキ感が見ているほうにも伝わってくるわぁ~。

「船に乗ったことはござるか?」と唐突に話題を振る清盛だけど、まぁ仕方ないよね~
義清みたいに和歌を上手に詠めるわけでもないし、さりとて気の利いた会話術なんて当然無頼者ゆえないだろうし…戸惑いながらも清盛のことが本当は好きな明子さん、話を振ってくれましたね~。俄然張り切る清盛殿とその話を素敵な笑顔で聞いている明子さんが微笑ましいというか初々しい2人ですよね。清盛も変に格好付けずちゃんと海賊に捕まって一門に助けてもらったと言う事も素直に話してそういう部分明子さんもきっと好感持ったと思うんですよね~「この人は気持ちが正直なんだ」って。

でも、聞けば聞くほど自分が清盛に惹かれていても父が清盛に言った言葉を思い出して心苦しく感じてしまうのかもしれないですよね、あの寂しそうな表情を見ると…。清盛殿は父上の言葉を意識して自分に接してくれているんじゃないかとか思っているのかもね。そうじゃなくてもね。

そんな2人の淡い恋心が芽生えている頃、家成はんが宗子に清盛の縁談を持って来ました。
やはり清盛が従四位下の位を授かったからか家成はんのところに縁談相手が色々やってきてるみたいですなぁ~。まぁええとこのお嬢さんやったら今後の平氏の地位はより強固となるやろうし話としては申し分ないやろうけどなぁ~


PDVD_155.jpg


「忠盛殿よりも我が従妹殿に喜んでいただきとうて参ったのですよ」
ちょっとぉ、何?家成はんのこの言葉にわたしゃウルウル来そうですよ~
「…わたくしに?」
「若く美しい、我が従妹・宗子殿が忠盛殿の妻となり、何かと噂の赤子の母となると聞いた時は、たいそう…気を揉んだものです。もう…肩の荷を降ろしても良いのではありませんか?」
宗子の微妙な表情が素晴らしいですよね。勿論家成の宗子に対する思いも。

月光の中で琵琶を弾く明子。青白く光る月に凛とした明子の姿を琵琶の音色、そして闇夜を歩く清盛の姿。琵琶の音色と風に揺れる木々の音、まるで2人の心情を表現するかのようで何かを決意する清盛、暗がりの中の目の輝きに注目!(笑)

相変わらず他人事なのにああだこうだと明子に風潮してる時子(笑)
でも、明子が結婚を承諾しない本当の理由が分からないので好き勝手に清盛の悪口を言いまくってるけど、こういう女の子っているいるぅ~♪

「海の話しをしてくださりました…海や、船や…海賊の話」
「まぁ、おなごにそんな恐ろしげな話をしたのですか?!一体、どこまで無作法なのでしょう」

基章殿が慌てて明子のもとにやってきましたぞなもし。
清盛から文が届いたと!そこには歌が書かれていましたけどぉ…(汗)

ありゃりゃ?清盛は義清の家で落ち着かない様子でグルグル歩き回ってて、やはり…義清が歌を考えたようですな。納得(笑)義清はそんな清盛の気持ちよりもこの恋の駆け引きを楽しんでいるようだね~まぁ義清らしいけどね。というと返歌が戻ってきたけど…清盛そんなに慌てて奪い取らんでも(>_<)

こん時の清盛の本当にメチャ嬉しそうな顔ったらないよねぇ~
そして嬉しそうに返歌を声に出して読むんだけど…語尾を上げるときに一緒に目も見開くのが可笑しいやら…満足そうに読み終わるけど何が書かれているのか意味は理解してなくて、義清は「なるほどね」と。

さっぱり分からない清盛に義清が歌の解釈をしてくれたのはいいけど実はお断りの内容だった訳で…
「(笑)…断られておるではないか!如何するつもりじゃ!」と義清に詰め寄る始末。
「まぁ、焦るな!こういった駆け引きを楽しむのが恋というものじゃ」
この後ばったりと横に倒れてしまい返歌を見つめる清盛が最高ですなぁ~あのがっかり感が最高です。(^。^)

PDVD_192.jpg


その後も義清が何度も歌を送ってるようだけどきっと返歌はいずれも断りの歌ばっかなんだろうね~
「なかなか物語のようにうまくはいかないものなのですね。明石の君は雅な光の君に思われ、幸せな人生を送るのに」
「一体、明石の君は幸せだったのでしょうか…かように身分違いの恋をして」

まだそんな明子の言葉を理解できないという感じの時子さん、琵琶のお稽古から帰ろうとしたとき

「お頼み申~~す、平清盛にござる!」と清盛がやってきました!ちょいと表情怖いですよ~

気になる時子さん、覗き見です。
ここでまたある意味素直な清盛は代筆を頼んだ事そしてそれを悔やんでいると素直に白状して謝っております(笑)

「断るならば、面と向かってきっぱりと断っていただきとうございます」
「…では、遠慮のう申し上げます。わたくしは、あなた様のお気持ちにこたえることはできませぬ…もうしわけござりませぬ」
「明子!父の思いをわからぬか!そなたの行く末を思うて長年、住吉明神に願い続けてまいったのだぞ!」
「それゆえにございまする」
「…なんだと?」
「父上は、住吉様におすがりせねば、わたくしが幸せになれぬとお思いでござりましょう?」
「…さようなことは申しておらぬ」
「いいえ、父上はそうおっしゃり続けていたのでございます。幼い頃より、毎日毎日…それゆえに学問を身に付けよ!琵琶の腕を磨けと…清盛様の申し出にお答えしたところで…きっとわたくしはくよくよと思い悩みましょう。まことわたくしは思われておるのか、それとも住吉様の力に過ぎぬのか…さような一生、わたくしは送りとうござりませぬ…生涯一人だったとしても、お告げなどに惑わされずに生きてゆきたい…それこそが、わたしくの幸せにござりまする!」

PDVD_216.jpg


「みくびるでない…俺が、住吉明神のお導きでそなたを思うておると申すか。みくびるでないぞぉお!(怒)俺は、そなたと会うたとき、なんと清げなる女かとおもうた。そなたの夕餉を食い、毎日食いたいと思うた!海賊や唐船の話に目を輝かせているそなたを見て、生涯、俺の傍におって欲しいと思うた!俺は、俺の心に従い、そなたを妻にしたいと申しておるのじゃあ!」

明子の気持ち、それにこたえる清盛のストレートな気持ち、聞いてるこちらまでジーンとしてきます。
清盛自身こんな気持ちになったことは初めてだったんだろうし、明子も小さき頃からの父の思いに苦しんでいたんだろうね。

「…海に…海にいきとうござりまする…海へ行ってに船に乗って、見てみとうござりまする…清盛様の目に写る…広い広い世を…お供させていただけまするか?」
「…きっとじゃ、きっとそなたを海に、広うて面白い世へ、連れてってやる」

この様子を見ていた時子の表情…一人帰る道で何を思ったか…少し大人になったのかもしれません。
自分が恋焦がれている源氏物語と今見てきた清盛と明子との事を、深キョンこういうときの表情が本当にいいですよね~。

そして明子と基章を連れて忠盛の屋敷へ結婚の許しを貰いに行く清盛ですが、成長の片鱗が見えて、大人な対応できてるやんかいさぁ~

結婚したいと忠盛に告げるけど周囲の反応はイマイチ。やっぱ家柄を考えると飛ぶ鳥を落とす勢いの今の平氏、いい縁談話もごまんと来てるのにまたなんでこいつはこんな下級貴族の娘と結婚したいとかぬかしてんだろうという感じ?

でもそんな事を言われながらも今までとは違いグッとこらえて冷静に対応する清盛ですよ~
そして忠盛。ひょっとこして基章殿はまた時子のお父さんから装束借りてきた?(笑)

PDVD_242.jpg


「清盛、何故この娘を愛しく思う?」
「明子殿は、つまらぬ戯言(ざれごと)に惑わされる事無く、どんなことも己が力で乗り越えようとする女子です。かような御人と…楽しき時も、苦しき時も、共に面白う生きていきたい、そう思いましてござりまする。」
「わかった。高階明子を清盛の妻に迎える!」
「ありがとうございまする<(_ _)>」

凛とした答えに家盛の嬉しそうな表情。でも宗子の表情は固い。まぁ家成から縁談話を持ってこられているだけに清盛が事前に何も言わず突然結婚したいと女子を連れてきたらそれは気持ちよくないわなぁ~。素直に喜んで上げられない気持ちも分かります。

でも、清盛が自由であればあるほど家盛は反対に家の為に自分の感情を殺す事になるんだよね。複雑ですわなぁ~(ー3ー)

忠盛パパは思わず舞子の歌っていた今様を口ずさんでるけど、背後に宗子が…
一所懸命平常心を装う宗子だけど、その思いは複雑だと表情で見せてくれているわけで和久井さんのこの表情、そして忠盛もきっと舞子そして清盛が生まれて今までの色んなことを思い出しながら無頼の息子が少しずつ平氏の人間にそして大人になって行く姿に思いを馳せているのかなぁ~

最後の鳥の鳴き声と宗子の表情が何を物語っているのかは今後のお楽しみと言う事で次回はいよいよ藤原摂関家、あの方が登場しますわよ~。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .