感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.9.10鑑賞しました

探偵はBARにいるパンフ


(写真)パンフレットもオシャレな作りですよ♪

大人が楽しめるハードボイルド作品に仕上がっていると思います。
しかも、その中にはいろんな魅力がいっぱい詰まっていまして…(笑)
コメディ・エロティシズム・バイオレンス・アクション・ロマンスなどなど…。
コメディ的なシーンの後でシリアスで二枚目のシーンがあったとしても決して厭らしさを感じないそのまま見ている人たちが納得してしまう探偵を演じているんですよね、大泉さんが。

松友が見ると「デスノートシリーズ」そして「GANTZ」シリーズのメンバーがふんだんに登場してなんだかそれもまた面白かったりします。

マギーさん(デスノート The last name)
浪岡一喜さん(LcW)
高嶋政伸さん(LcW)
田口トモロヲさん(GANTZ)
土平 ドンペイさん(GANTZ)
吉高由里子さん(GANTZ)

この人たちがそれぞれ個性的で(あとこれで出演?と言えるのだろうかと言うものも含めて)田口トモロヲさんは松田聖子ちゃんメドレーを熱唱し、浪岡さんの流血以降のシーンはおかしいやら気持ち悪いやらだし、さらに高嶋さんは最初全く誰だかわからない。そして終始登場シーンは気持ち悪いキャラクターで、でも本人はとてもこういう気持ち悪い役大好きだと思うので楽しそうでした。土平ドンペイさんはとにかく大変そうでした。(サウナのシーンはあの姿でと言うのは大変そうでしたよね?)

「コンドウキョウコ」と名乗る女性から探偵に仕事の依頼の電話がかかってくる。
全く心当りない探偵はちょっと疑いながらも依頼を引き受ける。
最初は単純だと思われた依頼が次第にストーリーに複雑に絡みついてくる事に。

探偵自身も決して弱くは無いんだけど相手は多勢に無勢で、ある程度ボコられているとようやく相棒の高田が現れ悪いやつらを一掃してくれる。(空手道場の師範でもあるのでとにかく強い)でも一歩遅いのでいつも探偵は大変な目にあってる。それがまた面白いんですよね。雪の中に埋められる事たびたび…

そして高田の愛車がこれまた恐ろしくおんぼろで探偵が文句付けると高田に「(車に)謝れ!」と言われ必死で車の機嫌をとる男2人(時に3人の時もあり)こういうのって実際自分でも結構あるので思わず激しく共感してしまいましたけど(笑)

事件を調べていくうちにある放火殺人の被害者の女性が依頼人の「コンドウキョウコ」だと言う事がわかる。なぜコンドウキョウコは殺されたのか?そしてコンドウキョウコを名乗る女性は一体誰なのか?一体何の目的で仕事を依頼しているのだろうか疑問が膨らんでいく探偵。

コンドウキョウコという女性から1年前にある事件で殺された霧島グループの社長とコンドウキョウコの関係がわかる。そして霧島社長の未亡人沙織という女性と出会う。

「コンドウキョウコ」からの依頼を受けながら気がつけば自分の命の危険すら感じるほどの事態に巻き込まれていく探偵。

この作品では雪が本当にいろんなことに効果的に使用されているのが印象的なのとだから余計アクションシーンが際立っているんじゃないかと思いますね。

あと、『水曜どうでしょう』などで観る大泉さんの上半身のちょっとぷよぷよした身体がこの作品ではまるで別人のように腹筋が割れている身体になっているのには度肝を抜かれましたね~。すごい役作りがんばりましたね。キャラクターの衣装もそれぞれの性格や特徴を活かしてて見ごたえあります。

高田役の松田龍平さんは普段寝てばかりでいつもワンテンポ遅れて探偵を助けるんだけどとてつもなく強いんですよね~。私の好きなシーンは高田の紹介のシーンで馬舎で眠りこけていると馬の顔が高田に近づくシーン。なんだか高田の優しさが馬にはわかると言うような感じがして…あと則天道場でのシーンで逃げる時に平常心で「俺、右鎖骨骨折してる」って普通に言うところ、そりゃ痛いやろう!とスクリーンに突っ込みを入れちゃ痛くなるシーンです。

そしてなにより小雪さん演じる沙織がとにかくすごいんです。(特に感情的にああだこうだと言う事ではなくて本当に繊細でボーっと観ていると見過ごしてしまうほど細かい表情の演技をされています)
一見哀れな未亡人なのかと思えばこの事件に深くかかわっているキーマンではないのかと、そして沙織の本当の目的は?

中盤、沙織に対して猜疑心を抱く探偵とのシーン、それまで優しそうなまなざしだった沙織が突然ある言葉で目の表情が変わるのは素晴らしい。そして後半再び探偵が沙織と対峙するシーン、探偵の最後の言葉に流した涙、そして…探偵との関わりと彼女の本当の目的を知った探偵の慟哭…切な過ぎました。

霧島との夫婦生活の回想シーン、そして彼女の行動はただただ切なくてでも本当に美しくてだから余計悲しくなります。

作品の中に復習というテーマがあるんだけど、でもそれと同じくらいに溢れる愛をテーマにもしています。
是非、興味のある方は劇場でご確認してみてください。

シリーズ化是非お願いしたいですねぇ~。

もうもっと色々話したいシーンとかあるんだけどこの作品はあまりあれこれ書くとお楽しみが減るので…。

最後に

シネマカフェネットより

小雪「最近、蹴り始めました」と経過を報告! 大泉洋らがユーモアたっぷりに祝福


001_20110912155711.jpg 


映画『探偵はBARにいる』が9月10日(土)に公開を迎え、主演の大泉洋に松田龍平、小雪に西田敏行、橋本一監督が舞台挨拶に登壇した。先日、松山ケンイチとの間の第一子の妊娠を発表した小雪さんは、発表後、初めて公の場に姿を現し、大泉さんらが笑顔で祝福。妊娠5か月で少しだけふっくらしたお腹に手をやり「最近、蹴り始めました」と順調な経過を報告した。

札幌の繁華街・ススキノを舞台に、ある依頼を受けた探偵(大泉さん)が相棒・高田(松田さん)の助けを得て、ススキノ一帯で事業を展開する男性・霧島(西田さん)の殺害事件と、その妻で謎めいた美女の沙織(小雪さん)の秘密を解き明かしていく。

会場は2階席まで満席! 大歓声に迎えられた大泉さんは「感無量です!」と感激した面持ちで喜びを語った。完成した作品を子供に例えて「僕は3か月の子供を育ててますが、みなさんもこの映画を育ててほしい」と挨拶。さらに小雪さんのお腹を指して「ここにも新しい子供がいます!」と興奮気味に小雪さんの妊娠を祝福した。「もう動くんですよね?」という大泉さんの言葉に、小雪さんは「最近、蹴り始めました」とニッコリ。客席は温かい拍手に包まれた。

その小雪さんは「この作品を通して札幌という街が好きになりました。また行きたい」と語り、小雪さんと夫婦役を演じた西田さんは「妻というと、いままで泉ピン子さんとかが多かったので、まさか小雪さんとは…」と共演の喜びを語った。小雪さんが「衣裳がすごくてピンヒールのときもあったんですが、西田さんが歩幅を合わせてくださったり気を遣っていただきました」と感謝を口にすると、西田さんは「お腹の子が自分の子のように思えてきました」とユーモアたっぷりに感激を表した。

松田さんは大泉さんとの初共演に「あんまりこういう人、見たことなかったので勉強になりました」と語ると、大泉さんがすかさず「“いい意味”で言ってるんですよ!」と自ら注釈。続編について問われると大泉さんは「ここまでのアクションはもうやりません」とコリゴリといった表情を見せた。客席から「やって!」という声が上がると「あんたたちは簡単に言うけど…」と頬を膨らませていたが、「かっこよかったよ」という声にはデレデレ。「うまいこと言うなぁ。やりましょう! 体をまた鍛え上げて全編、裸でやります」とノリノリだった。

在りし日の霧島夫妻の回想シーンが微笑ましくもありそして愛する夫の娘の無残な死に対して同じように悲しむ妻を演じたこゆきさんんのシーンは素敵でしたし。結構公開されて評価は良い感じのようなのでたくさんの人が劇場に行ってみてください。実際見ないと一言では言えない作品なもんで…(^^ゞ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .