感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.10.13記述

001_20111013160537.jpg


去る11日入隊した歌手Rainの訓練所入所の姿が捉えられた。

公開された写真の中でRainは他の訓練兵たちと共に直立した姿勢で列をつくっている姿が遠くからも一目で分かるほど長身で目を引いた。

また、軍入隊前に涙を流してファンたちの胸を痛くしたRainとは違い、りりしい姿で直立している姿の写真に接したファンたちは安心している。

これにインターネットユーザーは“りりしく見えて幸いだ”、“他の訓練兵は目に映るらない”などの反応を見せている。



"陸軍、新兵部隊分類現場公開
14日(金)、306補充隊の隊で歌手Rain(本名:鄭致薫)を含む新兵1,900名余りの軍隊の分類を実施- ◦

陸軍は、11(火)議政府306補充隊に入所した新入社員1,900人の部隊分類現場を14日(金)マスコミに公開すると発表した。 ここには歌手のRain(本名鄭致薫)が含まれている。

この日、08:30分に306補充大隊チュンヒョイェ講堂で実施される新入社員の軍隊の分類は、陸軍に入所しているすべての新入社員に適用されるのと同じ方法と手順により、公に透過的に実施される。

今回の部隊の分類は、1,900人の新入社員たちと見学を希望する親たちが参加した中で、任意の乱数入力による計算の分類方法で実施する。 部隊の分類は、306補充隊の隊の審査分類役人の主観で模擬分類実施後、最終的な分類時に両親の代表4人と新入社員の代表4人の計8人がそれぞれ1桁の乱数(8桁)を入力すると、ランダムに服務することになる部隊(社·旅団級)が決定される。

このように決定された部隊の分類結果は、この日の午後(13:00)に、すべての基礎両親へのテキストメッセージで送信されるとともに新入社員は、各自割り当てられた師団の新兵教育代々移動することになる。 一方で、身柄は10月17(月)からこの師団新兵教育大隊で8週間の新兵教育を受けて、新兵教育中に再度隷下部隊(連隊級以下)にランダムに計算分類され、最終的な服務地で軍生活をすることになる。

担当部署:現場取材対応計画"の担当部署:陸軍本部ジョンフン公報室☎02-748-6762>



さすがと言うか、恐るべし中国ファンと言うべきか…どこまでも追いかけて写真を撮影する根性良いんだか悪いんだか…
それをネタにニュース記事を書く韓国メディア(ーー;)

それを見てまたこうしてblogを書く私なのですが(でも闇雲に何でもと言うわけではないのですけどね)
確かに写真を見てもどうしても”パッ”と目に付いちゃうと言うかそこに吸い込まれちゃいます(笑) 

 この書かれている通りだとすると、Rainの配属は一般の人たちと同じようにPCでアトランダムで配属先が選ばれる事になりますね。芸能兵(国防広報支援隊)に所属する場合は事前に申請して審査を受ける事になるのでもしRainがその申請をしていなければ一般現役兵としてどこかに配属される事になると思います。この軍のお知らせだと一般人と同じ扱いで配属先が決まると言う感じですからね。 もしこれで何かあると「軍が操作してんじゃない?」と思われちゃいますねと言うか思っちゃいますよ。

明日公開されるそうだからどこに配属されるのかわかりますね。ドキドキ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .