感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.10.29記述
MANTAN WEBより
089.jpg

俳優の松山ケンイチさん(26)が主演する12年のNHK大河ドラマ「平清盛」の撮影が28日、栃木県塩谷町で行われ、松山さんと清盛のライバル源義朝役で出演する玉木宏さん(31)が収録の合間に取材に応じた。玉木さんは、松山さんに対して「年齢は五つか六つ違うんですが、同い年ぐらいじゃないかという存在感がある。自然と闘争心がかき立てられる」と役同様、ライバル心があることを明かした。

 「平清盛」は、武士が貴族たちから差別されていた時代、本当の親を知らないまま、武士の新興勢力・平氏のもとで育てられた少年が、瀬戸内海の海賊を束ねて“武士の王”となり、貿易こそがこの国が豊かになる道だと人々に説く……という物語。清盛は白河法皇の“落胤(らくいん)”で、忠盛が養子にしたという設定で描かれる。8月中旬に岩手県でクランクインし、広島県や関西地方でロケ撮影を行い、10月2日から同局でのスタジオ収録が始まった。栃木県塩谷町での撮影には約75人のスタッフが参加している。

 玉木さん演じる義朝は清盛の親友であり、終生のライバルとして描かれる。義朝は、父・為義の姿を見て武士のあり方に疑問を抱き、清盛と出会ったことで武士の可能性を感じるが、清盛とは別の道を歩んで関東に拠点を置いて、武士の棟梁の座を巡って戦うという役どころ。

 玉木さんは「この仕事を始めて13年ぐらい経ちます。最初のころは同年代の役者がいっぱいいて、ライバル意識はすごくあった。正直、最近(その気持ちが)薄れているところがあったんですけど、松山くんと初めてお芝居をさせてもらって、久しぶりにその感覚を取り戻させてくれる俳優さんだなと思った」とコメント。それを聞いた松山さんは「光栄です。(玉木さんは)僕よりキャリアがあってお芝居も面白い」と返し、「義朝と清盛は源氏と平氏を超えた絆があると思う。武士として認め合っている部分がある。そういう感じで玉木さんとも芝居ができている気がする」と共感していた。

 この日は清盛と義朝が馬術の技量を競う「競べ馬(くらべうま)」を行うシーンの収録で、松山さんと玉木さんはそれぞれが馬に乗って駆け比べをした。松山さんは「僕が乗っている馬は若い馬で、僕と一緒で頭に血が上りやすくて、力の抜きどころがまだ分かっていない。似ているような気がする」と冗談交じりに話し、「玉木さんはうまいですね。車の操縦みたいに自分(玉木さん)が走りたい、止まりたいというのをちゃんと馬に伝えて、馬もそれに習ってる。へたくそではできないこと。素晴らしい」と絶賛した。一方、玉木さんは「馬場で一緒に練習したとき、(松山さんは)うまいなと思って、そこで自分の闘争心をかき立てられた部分があった。だからもっと(練習を)やらなきゃと思いがあった。松山くんだからそう思えたのかなと思う」と明かしていた。


きっと、ケンちゃんだからそう思えたんだと思います(笑)
ライバル意識をかきたてられる芝居が出来る相手と言うのは嬉しい限りです。
本放送での清盛様と義朝様の活躍楽しみですね~♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .