感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
大河ドラマ 主役バトンタッチ式
2011.11.6記述


主役バトンタッチ式002


シネマトゥデイ映画ニュースより

上野樹里・松山ケンイチ、大河ドラマバトンタッチ式!NHK制作さんへの不満ぶちまけ?


6日、NHK放送センターにて、毎年恒例となっている「大河ドラマ 主役バトンタッチ式」が行われ、現在放送中の「江~姫たちの戦国~」で主演を務める上野樹里と、来年1月8日からスタートする「平 清盛」の松山ケンイチが出席。大役を担うことになった松山は「大河は50年続いている伝統的ある作品。勇気、元気、前向きな気持ちを与えられるようにがんばります」と抱負を語った。

 25歳の上野から26歳の松山へのバトンタッチ。同世代の先輩・上野から松山へ「ありとあらゆる健康に良いことを、役者陣で情報交換して、メンタルを含めた体調管理をしっかりしていました」と長丁場を乗り切る心構えが伝授されると、松山は「そうですよね。体調管理は大切ですね。その意味でも、現場が押さないこと。これが一番大事ですね。朝4時までとか撮影してちゃだめですね、スタッフさん、一緒にがんばりましょう!」と発言。松山の自虐的な発言に、番組スタッフ、報道陣は爆笑。そんな松山に「いや~(大河の撮影の)時間は読めませんよ。周りの役者さんたちで主張していかないと」と上野はにやり。松山の不安そうな表情が印象的だった。

 そして1年間という長い撮影を乗り切るためにはチームワークも大切だといい「本番でいかに集中していい演技をするかというのが大切ですね。そのために、控え室では手作りご飯を持ち合ったり、(それぞれ役者が)差し入れをしたりして盛り上げていました」と上野が指南。さらに「(NHKは)制作さんからのお菓子の差し入れがないんですよね」とチクリ。すると困り顔の(「江」の制作統括)屋敷プロデューサーが「大切な受信料からお菓子を買ってはだめですからね」と裏事情を語るシーンも。

 また、バトンタッチ式恒例となっている、それぞれのドラマの舞台となる地域の名産品交換では、上野からは江たちが幼少期を過ごした越前・北庄の名産「越前ガニ」が、松山からは平清盛の舞台地の一つとなっている広島県・熊野町の名産品「熊野筆」が贈られた。

 最後に上野が「いよいよ『江』もあと4回となりました。夫婦の愛と絆、母として、妻として戦国を江がどう生き抜いていくか、ぜひ楽しみにしてください」と「江~姫たちの戦国~」の見どころを語ると、松山も「今回の作品のテーマの一つに“生きることに夢中になってみよう”とうものがある。震災などで大変な状況は続くので、そんな部分をたくさんの人に観ていただけたらうれしいです」と力強く抱負を語った。

 「平 清盛」は、平安末期、王家の後継争いによって混迷を極めていた中、瀬戸内の海賊退治によって貴族社会にその存在感を示すようになっていた伊勢平氏から登場した平清盛の生涯を描いた壮大な歴史物語。主演の平清盛に松山ケンイチ、清盛の養父・忠盛に中井貴一など実力派俳優が名を連ねる役者陣の演技にも注目だ。(磯部正和)


ORICONSTYLEより

大河ドラマ主役の上野樹里&松山ケンイチがバトンタッチ

主役バトンタッチ式001


現在放送中のNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で主人公・江を演じる上野樹里と、来年の同ドラマ『平清盛』主演の松山ケンイチが6日、東京・渋谷の同局で行われた「主役バトンタッチ式」に出席した。上野は「今までにない松山さんが見られると思う。日本中のみなさんが期待していると思うので頑張って」とエールを送り、松山は「励ましの言葉をもらって嬉しく思い、気が引き締まります」と感謝した。

 真っ黒に日焼けした扮装姿の松山に、上野は「『江』とは違う作風になると思う。『江』とは描写が全く違う世界が見られると思うので、楽しみ」と期待。また1年以上に渡る撮影を全うした“先輩”として「健康にいいことはみんなで情報交換して試したり、メンタル的なバランスを保ってやることも大事。大声を出すこともあると思うので、のどのケアもしていただきたい」とアドバイスを送った。

 51作目の大河ドラマの主役を張る松山は「50年も、勇気や元気、前向きな気持ちを伝えているドラマ」と改めて同ドラマの歴史を振り返り「ドラマや映画って、心の栄養剤だと思ってる。被災された方や、心が疲れている方にとって、僕らが一生懸命表現すれば届くと思っている。このドラマには『生きることに夢中になってみよう』っていうテーマがあるので、たくさんの方に観ていただきたい」とアピールした。

 また体調面のアドバイスを上野から受けた松山は「食事のことも気を遣ってる。あと、大事なのは(時間が)押さないこと。きちんと帰って寝ることが大事だと思う。そうですよね、撮影のみなさん!」とスタッフに向かって呼びかけると、上野は「撮影の時間は読めないですね~。役者陣が主張して守っていただければ」と苦笑交じりにお願いしていた。

 恒例となっているそれぞれのドラマの舞台となる地域の名産品交換では、上野が劇中で養父・柴田勝家や母・市らと過ごした故郷、福井県の「越前ガニ」を贈呈。松山からは舞台の1つとなる広島県の名産品「熊野筆」が贈られた。

いよいよ、放送日までカウントダウンが本当に始まったなという感じですね。
第1話が待ち遠しいですね~(でもドキドキしますけど)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .