FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.11.21記述
NHK「コレ見て!MOVIE」より

動画はこちら



2011.11.15京都・下鴨神社


京都での撮影について

京都ロケ002


松:下鴨神社では毎年ここで、この場所で流鏑馬の行事はあるんですけど、それを今年の5月に僕も観させていただいて、勉強しに来たんですけども、まさか同じ場所で自分が同じ様な格好をしてやるとは思ってなかったんで、すごく嬉しく思います。
思ったよりも難しいものですし、ただ画面で見ると迫力がありますし、凄くカッコイイものになってると思いました。
これは4回に放送されるものですので、是非楽しみにしていただきたいなと思います。

京都ロケ003



藤:こうやって佐藤義清という役をいただいて、その佐藤義清が過ごしていた京都に帰ってくるというとまた一味違った感慨深いもだなと思いました。 そしてこの由緒正しき下鴨神社で流鏑馬のシーンを撮ることが出来て本当に嬉しく思ってます。

松山さんと共演して

京都ロケ004


藤:凄くいきいきと人間味溢れる、器の大きな清盛を演じられてて、親友という大事な役なんで、それに負けないよう、西行らしさを僕も出して行かなきゃいけないなととてもいっぱい刺激を受けてます。


清盛と義清の関係

京都ロケ005


松:凄く冷静で、何を心の軸に生きているのかって、義清は何事にも"美しく生きること"っていう芯を持った人間で、その美しさっていうものって今の清盛には全くないんですよね。その美しさっていうのがわからない。

だから「なんなんだろう?こいつは?」って思ったり、「なんだこのキザったらしいやつは?なんでこう褒められても"ふふっ"とか言ってなんか"当たり前でしょ"みたいな感じでやってんだこの野郎」って最初はそういう風に思ってるんですけど、ただ学ぶことがものすごく多いんですね。

京都ロケ006


本当に自分の人生の中の知恵とかそういうものを教えてくれるのは義清が一番でかくて、西行になってからも、清盛が行った事のないであろう東北に行ったりして、衣川を見に行ったりとか、その寒さを体験してきたとか、そういう話をしたりして、そこで清盛はまた何か新しく感じるものがあったり、常に影響を与えてくれる人間ですね。

あるサイトで散歩中偶然この撮影現場に出くわした方がblogにかかれているんですけど、いくつか写真があるんですけど、ケンちゃんが衣装で歩いている写真があるんですけどその方は「多分松山ケンイチさんじゃないかと思うんですけどこんなに無防備なの?」みたいなことを書かれているんですよね(笑)いや間違いなく本人ですとコメント書いておきましたけど…

写真よりもやはり映像で見るほうが凛々しさが増して見えますよね?(えっ?見えないですか?)
4回の放送楽しみです♪

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .