感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.12.9記述
ORICONSTYLEより

小雪夫人三丁目の夕日舞台挨拶001


妊娠9ヶ月の小雪、妊婦役に「縁を感じてます」 出産前最後の仕事で笑顔

女優の小雪(34)が8日、都内で行われた映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』(山崎貴監督)完成披露舞台あいさつに出席した。現在妊娠9ヶ月で、この日が出産前最後のお仕事。劇中の役・ヒロミと同様に身重な小雪は「疑似体験でいい経験をさせてもらい、今、縁を感じてます」と大きなお腹をさすり、「自分以外のものを守ろうとする気持ちが自然と芽生えてる」と早くも母親の顔をのぞかせた。

 夫・茶川竜之介を演じた吉岡秀隆にエスコートされて登場した小雪は「この映画で(妊婦体験を)先駆けて練習したけど、1年後に同じシチュエーションでいるのが不思議」としみじみ。作中で臨月のヒロミを演じていたとあり「腰痛になったりもした。けど、今もそれを感じてる。リアルですね」と優しい笑み。
出産予定日が映画公開2日後の1月23日と明かすと、山崎監督から「出来れば1月21日に頑張って」とリクエストされていた。

妊娠発表の時は2月頃に出産予定と言う事でしたけど、まぁ1/23でもさほど変わりないと思うんですよね。
それを「2月じゃなかったの?」って言う事って野暮だと思うんですよね。
まぁ、子供を生んだ事がないので発表した時点で具体的な出産予定日ってわかるものなのか大まかにこの前後と言う感じなのか…2月と言っても広いですよね~。

実際妊産婦さんの中には出産予定日が途中で変わる人もいるようですし、病院によっては明確な出産予定日を言わないところもあるようですし、エコーなどで赤ちゃんの成長具合なども加味してと言う事みたいなので別に目くじら立てる話ではないと思いますけどね。まぁ言いたい人は何か見つけては「でき婚(どちらにしてもデキ婚じゃありません)言いたいもんでしょうから…。

でもこうしてちゃんと予定日がわかって面白いのは山崎監督が公開日に産んで下さいって(笑)
本当に産まれたらなんて凄い子なんでしょう(^_^)
パパの撮影の無い日または出産に立ち会える日に産まれてきてくれると嬉しいんですけど(実際立ち会い出産をするのかどうなのかわからないのでなんともいえませんけど)やはり産まれてすぐ対面したいですよね~。

ファンもその日をワクワクしながら無事に元気に産まれてきてくれる事を望んでおります♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .