感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.1.12記述
シネマトゥディ映画ニュースより

11日、第26回高崎映画祭の各賞受賞者が発表され、本木雅弘の長女・内田伽羅が、映画『奇跡』の演技で、最優秀新人女優賞を受賞したことが発表された。『奇跡』は、まえだまえだの前田航基、前田旺志郎の最優秀新人男優賞と合わせ、廣木隆一が最優秀監督賞、鈴木杏が最優秀主演女優賞、高良健吾が最優秀主演男優賞を受賞した映画『軽蔑』と並び、最多の3冠となった。

(中略)
054_20120112084132.jpg


第26回高崎映画祭では、そのほか『劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ』が二階堂ふみの最優秀助演女優賞、入江悠監督の若手監督グランプリで2冠。最優秀作品賞に富田克也監督の映画『サウダーヂ』、最優秀主演男優賞に映画『CUT』の西島秀俊、最優秀助演女優賞を映画『東京公園』の榮倉奈々、最優秀助演男優賞に映画『マイ・バック・ページ』の古舘寛治、若手監督グランプリに映画『エンディングノート』の砂田麻美監督、特別賞に映画『CUT』のアミール・ナデリ監督、製作スタッフキャスト一同が選出されている。(編集部・島村幸恵)

第26回高崎映画祭授賞式は3月25日17時より高崎市文化会館にて開催

うわぉ!素晴らしい受賞報告ではありませんか\(^o^)/
古館さんと言えば先日まで放送された「妖怪人間ベム」に出演されていましたね(悪い役で)

『マイ・バック・ページ』では沢田の職場の先輩役中平を演じられておられました。
妻夫木さんとのやり取りは良かったですね。

映画祭側がこういう人を評価して賞をくださるということは本当に嬉しいです。
見る側が作品をちゃんと観てくださっているということだと思いますから。

授賞式参加されるのかどうかわかりませんがぜひ受賞のコメントを聞きたいです。
きっと監督はじめスタッフそしてケンちゃんも妻夫木さんも古館さんの受賞を自分のことのように喜んでいると思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .