感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.1.16記述
「ボクらの時代」より

1/15(日)「ボクらの時代」にピン子さん、小雪さん、弥生さんの3人がトーク。

ボクらの時代小雪001


ピン子さん小雪さん弥生さん

ピン子さんは「99年の愛」の撮影時、小雪さんがケンちゃんに持たせてくれた生姜紅茶のおかげでキャストみんな過酷な撮影でも風邪ひかなかったって感謝しておりました。 確か中尾明慶さんもご自身のblogでケンちゃんから生姜紅茶貰って飲んでいたというようなことかかれていましたもんね。出演者の人の分用意していたみたいですね。

初対面の時キャストみんなで食事会をしたときにみんなそれなりに盛装だったのに「遅れてすみません」と登場した小雪がジャージ姿だったので驚いたと。ケンちゃんチャンと事前に言っておいたほうが良かったのでは?でも今までのピン子さんのイメージと全然違う小雪さんだったので意外と普通の人なんだと認識を変えたみたいです。

おかしいのはピン子さんはその後ケンちゃんと全く会ってない、小雪さんとはこの2人で凄く仲良くなったけどケンちゃんが何してるのかさっぱりわからないと。でも弥生さんが「なんか誘われないんですよね~って言ってましたよ」と(笑)

そして核心部分。

ピン子さんが「結婚する小雪ってなかったけどなぁ~それでお母さんになるなんて思ってなかったって。 小雪さん見ても結婚してるという風に感じないって、でもまさか結婚するだなんて思わなかったなぁ~振られると思ってた(ケンちゃんが)悪いけど。 あんた絶対無理よって言ったんだから私。」
「小雪さん好きなんですよ」
「あんたが勝手に好きだって言ってるだけじゃないの、あんた絶対無理!」って。
そうしたら「そうですかぁ~、そしたらわいはもう…死ぬしかないです」って「えっ!?そんなに?でも4回くらい振られたと言ってたから・・・いや、無理だろうと思ってたけど結婚したって聞いた時はちょっとビックリしたけどね。」

小雪さん自身もビックリしたって(自分が結婚した事)
「おされたからだね、あの強烈さには。決めてってなんだったの?」
「でも、すごく、まじめなので。まじめさって、教えるもじゃないですよね。だから嘘もつけないし、実際そういうところがちゃんと見えるようになったからかなぁ」
あの、礼儀正しいよね、あの若いわりに。申し訳ないです、有難うございますとかね。今時に珍しい。でなんかラスベガスに行ってスカーフを、なんかこゆ(小雪さん)のスカーフを失くしちゃったから買ってきたって言うのよ、彼が。で、すごいうるさくセンス悪いの買ってきたんじゃない?とかさ、あんたセンス良くなさそうだから」というと弥生さんが
「彼、すごいセンス良いの!彼、目利きなんですよ」
「えっ!」
「色んなスカーフが並んでて本当に一番いいシルクのスカーフがあったとしたら、何も迷わず手に取るんですよ。お茶碗とかも、家で色々使ってて、一番いい漆の器とかを"ピッ"って取るの(うなずく小雪さん)彼、目利きなんですよ」
「…見えませんけどぉ~。え~本当?まぁだから、こゆ選んだんだろうけどねぇ」

家のルールとかという質問に
「1日1回、たとえば午後から仕事の時は、朝少しだけ速く起きて1回くらいはご飯を一緒に食べるとかあるかもしれない」

「でも笑っちゃうのが、松山君がわざびとか唐辛子とか辛いものダメじゃない?(小雪さんは)辛いもの大好きじゃない?辛いもの食べられなくなっちゃったのよ、笑っちゃうね~だから子供がやっぱ血引いてんだよ、辛いのダメかもしれないわね。わさび抜き寿司なんてやじゃないだってぇ~ちょっとぉ」
「今もみんながこうしてしゃべっていると、参加して蹴ってる」
「ボクの話してんのって?」

(子供は)みんなに育ててもらえたら有難いなと思っていると小雪さん(笑)
「なんなんだよ、こいつは(笑)なんなんだよあてにされてるよ(赤ちゃんに関するもの)全然用意してないんだよ、信じられる?何にも用意してないんだよ肌着2枚くらいだよ持ってるの」
「肌着2枚ソックス1枚くらい買ったねそれだけだよねとりあえず」
「あと、貰ったもので何とかなるかな?とか」
「お祝いとかお下がりとか」
「(小雪は)そういうタイプなの?人生何とかなるような」
「うん、うん、結構いざとなってバタバタ動くタイプです」
「ふーん」

「こゆと会って、実用性にとんだ女になったわ私」

あはは~「わいは死ぬしかない」って(笑)
でも、本当に小雪さんは年下の男性を恋愛対象として考えたことないという人だっただけに、その人を結婚するまでにしたということだけでもすごいと思うし、今まで色んな恋愛をしてきた彼女が選んだのが年下のケンちゃんで、それも彼のまじめさが単なるお付き合い上だけではなく彼自身の本質的な部分だということをちゃんと理解できたからと言うのもなんだか嬉しいですよね。そこまで心を動かしたと言う事は単なる好き好きというだけじゃないというのが。

でもさらに驚いたのは今、小雪さんが妊娠してるからなのか辛いものが食べられなくなったってこれも驚き。
色んな番組なんかでもかなりの辛党をアピールされてて、ケンちゃんファン、いや私なんか小雪さんの発言を聞くたびにケンちゃん大丈夫かな?とちょっと心配していたけれど(まぁお付き合いしてるからわかってるだろうし彼にはそういうものは食べさせないとは思う)、妊娠すると突然味覚が変わったりすることも多いみたいだし、一過性かこの先もやはり辛いものは今まで以上には控えちゃうのか、でもケンちゃんにしてみれば嬉しい事なのかしら? これもまた親孝行な息子ですなぁ~。

しかし会話の中ですでに男の子が生まれるってわかっていたのかしら? (単に言っただけ?)
不要なものは極力買わない、もらえるものなどがあれば貰ったり、あるものでやりくりして行く、一見のんびりし過ぎじゃない?とか大丈夫なのか?とか思う人もいるかもしれませんけど、まぁきっと放送収録以降色々赤ちゃんが生まれてくる準備はされたと思いますね。2人できっとああだこうだと無駄なものは買わないようにね(笑) 炊飯器も買わないと連載で書いていたし(土鍋でご飯を炊いていたらしいから)

なかなか普段聞けないことをピン子さんが色々聞いてくれたし小雪さんも基本いろんな人から伝え聞くと聞かれたことに冠してはなるべく答えるようにされる方みたいなので番組でもこうして色々話してくれたとおもいます。
多分OAを家族で見たのかな?(笑)

弥生さんもいつの間にか離婚されていたわけですね~結局1年くらいだったのかしら?
まぁ、小雪さんんとケンちゃんが末永く一緒であればそれで良いんですけどね私としては。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .