感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.1.27記述
ORICONSTYLEより

2012年大河ドラマ『平清盛』(毎週日曜 後8:00~8:45 NHK総合ほか)のメインキャスト総勢30人が登場する2枚組ポスターが完成した。1枚は「武士」、もう1枚は「貴族」バージョン。臨場感あふれる表情を切り取り、両者の対比から平安末期の人間模様が浮かび上がるデザインとなっている。





今月29日の第4回放送までにメインキャスト30人中19人が出演。2月以降も続々と登場して、物語は大きく動き出す。松山ケンイチ演じる平清盛は、多感な少年時代を終え、一人前の武士としての成長をみせていく。清盛が出会う2人の女性、時子(深田恭子)と明子(加藤あい)。伊東四朗が演じた白河法皇に変わる新たな“ヒール”キャラクター・後白河法皇(松田翔太)、藤原頼長(山本耕史)が登場する。鳥羽上皇(三上博史)をめぐる璋子(たまこ・檀れい)と得子(なりこ・松雪泰子)の女の戦いも今後の見どころだ。

 大河ドラマで2枚同時にポスターを作成するのは第45作『功名が辻』以来。1月末から全国のNHK放送局ロビーや清盛ゆかりの地、広島県や兵庫県などに掲出される。

◆メインキャストの初登場予定(3月4日分まで)

2月5日:第5回「海賊討伐」 松雪泰子(美福門院得子役)、井浦新(崇徳天皇役)
2月10日:第6回「西海の海賊王」 深田恭子(時子役)、田中麗奈(由良御前役)、加藤浩次(兎丸役)
2月19日:第7回「光らない君」 加藤あい(明子役)
2月26日:第8回「宋銭と内大臣」 山本耕史(藤原頼長役)
3月4日:第9回「ふたりのはみだし者」 松田翔太(雅仁親王、のちの後白河法皇役)

メインキャストポスター完成にあたりまして 制作統括・磯智明チーフ・プロデューサー

" 900年前の日本には、何て個性豊かな人間たちが生きていたんだろう、それを体感できるポスターを作りたい。そうした思いを込めて、今回、メインキャストポスターを2枚組でリリースします。1枚は「武士」バージョン、たくましくしなやかに生きる人たち。もう1枚は「貴族」バージョン、美しく華やかに生きる人たちです。キャラクターデザインは人物デザイン監修の柘植伊佐夫さん。平成の感性を溶け込ませて表現した、平安末期の人間模様をお楽しみいただきたいと思います。撮影はメインポスターも担当した鈴木心さんです。記念写真のような写真は絶対に撮らない。カメラの前で出演者が、役に入り込む瞬間を待ってシャッターを切った、臨場感あふれるナマの表情がポスターには並んでいます。
 
これから松山ケンイチさん演じる平清盛は、多感な少年時代を終え、一人前の武士としての成長を遂げていきます。二人の女・時子(深田恭子)と明子(加藤あい)との出会いを通して、清盛は家族を築いていく喜びを知ります。白河法皇演じる伊東四朗さんのお芝居を名残惜しむ声がありますが、それに変わる新たな強力キャラクター・後白河法皇(松田翔太)、藤原頼長(山本耕史)が清盛の前に登場し、大きな壁として立ちふさがります。また、鳥羽上皇(三上博史)をめぐる璋子(檀れい)と得子(松雪泰子)の女の闘いもこれから始まります。今後の展開にぜひご注目ください。そして、メインキャストポスターに登場する多彩な出演者の活躍をお楽しみください。



素敵なポスターですよね?
あれ?でもここには…家盛役の大東さんの写真は無いんですね~
それから貴族篇の白枠部分…森田剛さんの写真部分ですねたぶん。
これって凄く見たとき気分悪いです。

最近少しドラマ公式ホームページなどのJ系の人たちの露出度高くなってきたと思ったのにこういうところではNGなんですね。
なんだかせっかく素敵なポスターもこうして見るとがっかりというか気分悪いです(と言っても決して森田剛さんが悪いわけではないのですけど)これから雑誌なんかでもこの2つのポスターを見る機会も増えてくると思うので楽しみです。(公式サイトも更新されていたので画像差し替えました)

『武士篇』の清盛の少年ぽい表情好きですねぇ~。
ダメダメ為義さんの写真もなかなかいいじゃありません?
『貴族篇』は雅な感じが漂ってこちらの清盛は甲冑姿で凛々しい?
それぞれのキャラクターの個性がちゃんと写真に出ているというか(兎丸のあの表情とかアハハ)

まだまだこれから見どころ満載ですよ~♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .