FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
ケンちゃんが「大河に出ることになって一番共演を楽しみにしていた」と言っていた豊原さんが感じた松山ケンイチとは

 PDVD_176_20120607094139.jpg


2012.6.6記述
NHKステラより

ヤツ(松山)は、僕のことを先輩だと思っているのか、友達と思っているのか(笑)。
彼曰く僕には抜けているところがあるみたいで、よく僕の発言をちゃかすんですよ。
だからその仕返しに、将棋やオセロでは容赦なく叩きのめしています(笑)。

でも、そうやって負けるのも、もしかしたら彼の役作りかもしれません。
負けたふりして機嫌を取っているとしたら、清盛みたいにこしゃくなヤツですね。

あはは~将棋とオセロで叩きのめされていましたか(笑)
なんだか、ゲームの勝負だけど山本さんんといい、西島さんといい、豊原さんといい、それぞれの役のキャラクターとの関係図のような戦いが結果として出ているようで面白いですね。

伊勢でのイベントに豊原さんがゲストで参加されていたそうで、その時にケンちゃんに対して、「松山くんは予想外の演技で返して来るので、準備していた演技とは違う物をその場で瞬時に造らなきゃいけなかったりするのが面白いです。」とおっしゃったそうで、前回のシーン捕縛された忠正に播磨守になったと報告の最後の方で「平清盛を見届けてくださりませ」と頭を下げた後少しニヤリと清盛がしたシーンのあのニヤリはリハーサルの時はなかったそうで本番の時にあの表情をされての忠正としておもわずあの表情に豊原さんがなったそうですと言うこともおっしゃっていたらしいです。本当にこしゃくなヤツですね松山ケンイチ(笑)でも、次回何かのドラマなどで共演する時はコメディな役柄同士も見てみたいです。


--主演の松山ケンイチさんの印象は?

『マイ・バック・ページ』が好きで、あの作品での彼の打ち出し方は面白いなと。
ほかにも色々やっているけど、全部ストレートな芝居ですよね。
正直凄く上手いとかそういう部類の役者ではないと思いますけど、いつもその人間の心を捉えている気がするんです。

少しなまりがあって、普段話していても面白いし。

第3回の「何がめでたいのうあはははは~じゃない!」というシーンや、4回の忠盛が殿上人になったと聞いて慌てて泣きながら清盛を突き飛ばし忠盛に話すシーンはとても人間臭くて好きですねぇ~
第5回の清盛と忠正のやり取りはいつになく静かに語られていましたよね。
激しいやり取りのシーンもコミカルなシーンも清盛と忠正のシーンは2人とも気迫があるというか。

しかし豊原さんが「MBP」を好きでいらっしゃるなんて何だか嬉しいなぁ~。
そして俳優松山ケンイチという人間を良く観察されていらっしゃるなぁ~。

テクニックとかそういうんじゃない、人間として説得させられるものが多くてそれって言葉や理論で説明できるようなものではないですよね。これからの清盛と忠正との関係も厳しいものになって行くと思いますがそれもまた楽しみであります。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .