感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第4回『殿上の闇討ち』
2012.1.29放送

006_20120221211814.jpg

北面の武士として、御所に詰めることになった清盛(松山ケンイチ)。
そこで文武両道にたけた佐藤義清(藤木直人)と出会う。義清は、璋子(壇れい)と女房たちの歌合の場でも、堀河局(りょう)の歌に適切な意見を述べ、才気煥発ぶりを見せる。武芸には自信がある清盛も、歌には全くついていけず、武士として頭角を現すことの難しさを思い知るのだった。
そのころ、平氏に大きな吉報が舞い込む。忠盛(中井貴一)が功績を認められ、武士として初めて、内裏・清涼殿に上がる事を許されたのだ。
一方、貴族たちの中には、平氏の出世を面白くなく思うものもいた。そのひとり、摂関家の藤原忠実(國村隼)は、配下の武士、源為義(小日向文世)をそそのかす。



今回のOPは流鏑馬のシーンからですね。
佐藤義清登場。涼しい表情で流鏑馬もこなしてしまう義清。
その時の清盛の「ケッ!」という感じの表情、そしていよいよ清盛の番なんだけど・・・
上手く的に当たらず、弓も取り損ねて悔しがる表情…
でも、実際ケンちゃんは5回のうち3回も的を当ててしまっちゃったわけですが…
馬にしても弓にしてもあえて下手にしなければならないというのも大変なものですね~

PDVD_044_20120221211927.jpg

璋子様のお出掛けのお供…
支度をしろといわれ「何を支度しろと・・・」とふと周囲を見ればみんな一心に粉をはたき綺麗にしている様子に「何じゃ?!」と呆れる清盛。

歌を詠むのをつまらなそうに聴く清盛。

清盛は歌の感想を聞かれとんちんかんな応えをする清盛…あれれ~はずかしや(>_<)。
反対に義清はさらに歌に対して意見をするそしてそれに応える璋子と堀河の表情が。

清盛は怒り狂ってるよ~
「女に色目を使いおって!」と騒ぎ立てる清盛に冷静にこたえる義清。

鳥羽院の寝所にて璋子と鳥羽院。
鳥羽院が一言謝って欲しいという言葉に対して、意図も簡単にあやまる璋子。
いたたまれない気持ちになる鳥羽院。
堀河に意見される璋子だが言われたことを応えたまでだといわんばかりの璋子、それがいたたまれなくなるんですよね~鳥羽院にとって。
このシーンの璋子の髪の乱れ方がリアルで良いですよね。

PDVD_067.jpg


観音堂が完成したと忠盛の報告に赴く鳥羽院。
観音像を見る鳥羽院の表情…

清盛・家盛兄弟2人で弓の修練。
清盛が北面の武士になって喜ぶ家盛、自分も父上のようになると無邪気に言うけれど清盛はそんな家盛に「それが立派、王家に取り入る事がその先に何があるのか…」と。
すると必死に走ってくる家貞。

忠盛が殿上人になったと、家ではお祝いの宴が始まっていて、またも無邪気な家盛は早々に父の元に駆け寄りお祝いの言葉を告げる。その後を少しばつ悪そうにやってきた清盛だけど父の前では何とか作り笑顔を作りながらも殿上人になった事を喜ぶ振りを精一杯演じる清盛の表情がコミカルに展開されます。

ノベライズではこのシーン、何がめでたいんだとふてくされた清盛に対して家盛が「せっかく皆が楽しそうにお祝いしておるのですから兄上も笑顔で」という感じで言われ仕方なく清盛もわざとらしく笑うという感じなのですが、そんなお祝いの言葉を言った直後慌てて戻ってきた忠正の喜び様ったら(笑) 先週に続きこういう忠正殿いいです(*^^)v

PDVD_101.jpg


楽しい宴が始まったけれど清盛はなんとも居心地悪そうな表情…
そこへ鱸丸がやってきて3人の郎党が無事に釈放されて西海に戻ったとの報告に大喜びなんだけどねぇ。

源氏の方といえば為義は相変わらず酒を飲みながらグチグチ言っているのをいたたまれなく意見をする義朝。父に弓を向けるほどふがいないよね~。でもそれを認めちゃう為義パパ。ダメじゃん!

藤原忠実と鳥羽院との対峙シーン。
迫力あり過ぎですこの2人…(>_<)

そして殿上人として初めて宴に出席する忠盛と清盛。
周囲に挨拶してもドン引きされちゃう忠盛、清盛も隣を見ると同じ北面の武士の義清がいるじゃん!
藤原忠実父子。でた忠通のおじゃる言葉が(笑)

家成頑張っておりますなぁ~(笑)
舞を舞うことになる忠盛なんだけど最初は良いんだけど途中から楽士がわざと音をはずして挙句に周囲の貴族たちから酒を浴び、ぬれた床で転んでしまう忠盛を見て怒りを覚える清盛だがそれを義清に制止される「これは政なのだ、それぞれの思惑があってやっていることだから我慢しろと」家成の「もうこれでよいでしょう!」という声いいですねぇ~。

こんな有様清盛にとっては理解できないしたくないような出来事。

為義が藤原忠実に呼ばれ叱責される。挙句に内裏の渡りの時に忠盛を討つのだとささやかれてしまう。
あぁまた暴走しそうな気配が…

忠盛は内裏の渡りの支度をしていると清盛がやってきて自分の太刀を忠盛に持っていけというが「帯刀は許されてないので飾り刀で行く」と準備をする姿を見て「父上は失のうてしまったのですね。気高く、強き武士の心の軸を・・・武士の誇りがあるのなら、あのような辱めを受けて耐えられるわけが無い…結構でございまする!武士の心を引き換えに手に入れた、殿上人とやらの立場がさように大事ならば、そうなさればよい!今宵もまた舞いを舞わされ、地に這わされ、ヘラヘラ(このときの清盛の顔が面白い)笑うておればよい!」そしてそれを制止する家貞に対しても「お前もだ!」と怒る清盛。父の気持ち子知らずとは是如何にという感じでしょうか、清盛の言いたい事をすべて黙って聞いてる忠盛。

PDVD_157_20120221212440.jpg


またふてくされて河原で寝転んでいますよ~清盛。
北面の武士になったとはいえまだまだお子ちゃまですなぁ。
そこに偶然馬を連れてきた義朝。そんな姿を見てまたまた「北面の武士なら修練に励め」というけれど清盛面白くない!北面の武士になったからと言って必ずしも良い事ばかりではないとグチグチ言う清盛に向かっ腹立つ義朝は思わず清盛を殴りつける。

「貴様という男は何処まで馬鹿なんだ!」
「なんだと!」
「父が殿上人である有難味がわからぬのか!」
そりゃそうでしょう。義朝からしてみると清盛の態度や言動はわがまま言いたい放題、自分のおかれている立場のありがたさが全くわかっていない馬鹿息子としか思えないわなぁ~

清盛の言う事もわからなくも無いけれど、それは父がどういう思いなのかという事を本人が全く理解していないゆえの行動言動なわけでまだまだお子ちゃまというかボンボン気質が抜けてないんだなぁ~。

この2人の殴り合いとやり取り子供っぽくていいです。
「取り替えるか…貴様の父忠盛とわが父為義と…」
「・・・何を申しておるのじゃ」
そりゃ言いたくもなりますわなぁ~義朝の立場であれば(ーー;)

慌てて義朝の元に走りよる為義の家人・鎌田通清。
為義が忠盛を切るつもりだと、慌てる清盛と義朝。

為義は忠盛の来るのを伺っているし、忠盛は何も知らずに内裏に来るけれど1人みなと違う方向に誘導される。義朝は馬で途中までやってくるが途中から降りて走って現場に向かい、清盛は転びながらも走って同じように現場に向かう。この時の転げっぷりの見事なこと。なんやかんや言いながらも父の危機の為に馳せ参じようとすることは心のどこかで案じているわけですね。この息子たちの必死感いいですね。

この内裏のシーンのライティングがいいですね~。
緊迫感あります。後ろから登場する為義とそれを察知する忠盛。
でも相手を見て驚く忠盛。ようやく息子たちも現場に到着。何とか止めようとする清盛を制止する義朝(その逆もあり)。
忠盛を斬ろうとする為義の理由を聞くと切ないというか…
でも刀の振りがへたくそだよ~その辺もダメダメっぷりが(ーー;)
息子たちも必死で様子を見ている。

013_20120221212601.jpg


忠盛が為義に今こんな事をしてる場合ではないと諭す。
「源氏と平氏どちらかが強いかはそれはまた先にとっておくことはできないか?その勝負は武士が朝廷に対し充分な力を得てからでも良いのではないか?」
「・・・忠盛殿、一体何を考えておる?」
「わしは、王家の犬で終わりたくないのだ」

この時の父のこの言葉を聞いた時の清盛の表情。父も本当は自分と同じことを考えていたのだとわかった時の表情。そして何事も無かったように舞を見る忠盛、それを見る忠実の薄笑いの不気味さったら。

PDVD_206.jpg


作戦失敗した為義の元に歩み寄る義朝。
義朝も父がどんな思いをしているのかを改めて知る事になった訳で
あぁ、しおしおしてる為義…トホホ
「またしても忠盛にしてやられた」
「やられればよいのです。父上がやられた分は私がやり返します。父上がやられた事で私は強うなる。強うなって、きっと父上をお守り申します」
「ばか者、お前に守ってもらうほど老いてはおらぬ」
この父と子のやりとり、自分の不甲斐なさと反面息子の言葉に色んな思いを為義は感じただろうね。
清盛よりはるかに精神的に大人な義朝だけど少年の部分を厭味なく違和感無く表情で感じる玉木さんの熱演いいですね。まぁ清盛も同様ですけど・・・(笑)

PDVD_208.jpg


一方、朝、忠盛も家路に向かう途中破れ門で寝ている清盛を見つける(何でまたこんな場所で寝てるんだよ~清盛)忠盛に起こされる清盛。

「いつからそこにおるのだ」
「父上こそいつから考えておられたのですか?王家の…犬で終わりたくないと…」
「…それは清盛、お前をわが子として育てると決めた時からだ」
この瞬間のケンちゃんの目の表情がいいですね。
「赤子のお前を抱き、『平太』と呼びかけた時…わしの心に揺らぐ事のない心の軸が出来たのだ」
「・・・全く父上はのうのうと宴を楽しんでいる場合ですか!」

と昨晩の為義との話を持ち出し心配する清盛だが忠盛は太刀を抜いて清盛の目の前に突きつける。
一瞬ひるむ清盛だけど、あれ?何か違う?良く見ると木太刀に銀箔を貼り付けたもので家貞が事前に用意してくれていたと。
この時のケンちゃんの綺麗な指(汚れいていても綺麗な指)に指フェチな私は胸がキュンキュンしちゃいました(爆)

PDVD_234.jpg


「わしはよき家人をもったものよ。しかしまさか為義殿が本気で斬りに来るとは考えなんだな。ひやひやしたわ」
この時の忠盛のチャーミングな表情、今回のグッジョブ賞ですなぁ~。(と勝手につけてる)
「父上…」2人の気持ちが通じた瞬間というか源氏側とはまた違う父と子の姿。
清盛の父上大好き!という感じでの2人の笑顔のエンディング良かったですね。

これでまた少し大人に近づいた清盛ですね~(^.^)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .