感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.2.11記述

前回は「舞」のお話をしましたが・・・

「平清盛」の制作スタッフはとにかく
平安時代の細部を表現するコトに日々、挑んでおります

本日のスタジオ撮影は・・・

当時、貴族社会で最も力を持っていた藤原(ふじわら)忠通(ただみち)(堀部圭亮さん)が家で舞を楽しんでいると、何者かの襲撃にあうという場面・・・。

誰が何のために“襲撃”するのか・・・それは放送回にとっておきますが。

その場面で忠通が楽しんでいる余興に登場するのが“小鼓”
「平清盛」では、楽器も平安時代を感じさせる重要アイテムとして、度々登場します!
“琴”に“琵琶”に・・・盛りだくさんです! 
しかも、そうした楽器が、音色が、

今後出演する人々の個性にも表れていきます・・・。

そのあたりも是非、お楽しみにしてください!

120210001.jpg


実際に鼓を演奏し、舞を披露していただいたお二人

120210002.jpg
 
鼓は演奏後、分解して、袋に入れて、専用の鞄で持ち運ぶそうです
(個人的にかなり感激しました!)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .