感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
飛行機で移動かと思ったらなんと…さすが「ボクキュー」ですね(笑)

001_20120220061713.jpg


映画『僕達急行 A列車で行こう』(3月24日公開)のロケ地を巡るツアーが19日、20日の2日間行われ、東京から博多へ向かう新幹線の車中に、主演の松山ケンチイと瑛太がサプライズで登場した。突然のことに驚くファンを前に2人は「これからロケ地へ向かうんですよね?」と問いかけ、「映画の世界を楽しんできてください」というメッセージと共に一同と記念撮影を行った。

002_20120220061917.jpg


 松山と瑛太は、博多で行われる舞台挨拶に向かうために同列車に乗車しており、車中で取材対応をしている際に同ツアーが行われていることを知り、ファンの元へとあいさつに訪れたという。車中の取材に瑛太は、「これまでは、電車の中では進行方向を向いて一瞬で過ぎて行く景色を眺めていたのですが、取材中は(車両を向かい合わせにして)後ろ向きに座っていたので、過ぎていく景色をゆっくり見ることができて新しい発見をしました」と列車の旅の楽しんでいるようだった。

 博多で行われた舞台挨拶には、劇中で瑛太が務めるコダマ鉄工所の同僚外国人アクティ役のジュンとユーカリ役のデイビット矢野も登壇。松山は、博多駅の上にある劇場・Tジョイ博多を見て「ここはロビーにトレインビューがあるらしくて、それは『僕達急行』のために作ったと思うんですけど…」と冗談交じりに語り、「この作品は趣味を通して人と人がつながることで人がより豊かになるというメッセージが込められていて、本当に森田監督らしい作品になったと思うのでよろしくお願いします」とあいさつした。

昨日、こちらの常連さんのくろすけさんが試写会に参加されました。
ケンちゃんはとても元気にいろいろ話してくれたようです。

質問コーナーではこんな内容があったようです。(掲載させてもらいました)
(質問主)自分がいつも利用してる電車を使ってて嬉しかった、乗り心地はどうでしたか?とか訊かれて (そういわれてもね~電車なんてどこもおなじだろと私は思っちゃうが)、ケンちゃんはう~ん自分は音楽聴きながらぶら~ぶらしてるだけなんで~ あ~、でも九州の電車は面白い、デザインとか変わってていいと思う みたいなことを言ってました。

瑛太くんは ケンちゃんと一緒だったのが楽しかった ってなことを。 

あとは(映画の中で)営業でお客さんを口説くのに一緒に走らないといけないのでトレーニングしてるんだけど、それがシーサイドももちってところなんだけどね、ケンちゃんは、ボクはロサンゼルスの海岸を走ったことがあるんだけど、そことおんなじ!ってカンジがしました~ とか言ってました

あとは美味しい物は食べたかと訊かれて なんだかつぎつぎとお店の名が飛び出すも私がわからないから覚えてない どこそこの塩ラーメンがうまい!ん?でもなんで塩?と思ったら池袋の支店だった とか たこらん(これは覚えてた)ってたこ焼きがうまいよこれはネットで検索したら出てくるよ と食べ物の話は嬉しそうに・・・ 瑛太くんはケンちゃんと違うところをまた言ってました とりかわの料理のすいきょうとか げんぷうかんとか言うてました

映画の感想はネタバレになるので、でもとても独特だけどとても面白かったそうです。
しかし、まさかの新幹線での移動とは…(笑)

でも、そうですよね、列車の映画だもんね。ツアーに参加した方たちにとっては本当に嬉しいサプライズでしたよね。試写位階の後まさか同じ新幹線に主人公の2人が同乗しているだなんて(若干の期待はあったかもしれませんが)部隊挨拶よりもマジかで2人にあえて本当にハッピーでしたね(^_-)-☆


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .