感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.2.22記述
映画.comより

ALWAYSママさん上映会001


女優の小雪が2月22日、都内で行われた出演映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の“ママさん上映会”に、メガホンをとった山崎貴監督とともに出席。1月5日に第一子となる男児を出産したばかりの小雪は、鑑賞直後のファンから夫・松山ケンイチが育児に取り組んでいるかを聞かれ、「時間に余裕があるときは、手伝ってくれようとしています。私は男性も子育てに参加したほうがいいと考えているんです。時間のありなしにかかわらず、大変なことは共有したほうが、チームとして絆が深まりますよね」と語りかけた。

この日は、100組200人の母親と子どもを招待した特別上映会。ちびっ子たちは、小雪を見て「かわいい!」「きれい!」と驚きの歓声をあげた。小雪も満面の笑みで場内を見わたし手を振り返すなど、すっかり母の表情。長男については、「ちょっとずつ顔が出来てきました。上が私で下が夫みたいな」と容姿について明かした。

子育てで慢性的な寝不足だといい、「男の子は繊細でよく泣くんですね。人間寝ないと思考力が低下しちゃいますが、ようやく慣れてきました。少し笑うようになってきましたし、いろいろなことを楽しむようにしている」。すらりとしたスタイルに戻っていると指摘を受けると、「まだ完全には戻っていないんです。運動もできていませんし。でも、ベッドの上でできる腹筋をやっています。子育てしながら運動ってできませんよね」とほほ笑んだ。

配給の東宝によれば、21日までに観客動員220万人を突破した同作。シリーズ3作目にして初の3D映画として製作され、1月21日の公開から大ヒットを飾っている。前作「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(2007)から5年後となる昭和39年を舞台に、それぞれ人生の転機を迎える夕日町三丁目の住民たちの姿を描く。小雪は、劇中で吉岡秀隆扮する貧乏小説家・茶川の妻ヒロミを演じ、出産シーンに臨んでいる。

口元とかがケンちゃん似なのかしら?
初日の舞台挨拶など出来なかったからねぇ~でもこういう風に子供たちとお母さんんたちと映画を見ながら楽しい人と気をすごせたことはよかったですね。参加された皆さんもきっと楽しい時間を過ごせたのではないでしょうか?

家族は一つのチーム確かにね(昨日もひるおび!で谷隼人・松岡きっこ夫妻のお話の中で松岡さんの亡きお母様の看病に関して谷さんが僕たちは家族というチームなんだから出来る事をするのは当たり前だと言うような事を言っていたのを思い出しました)女性にしかできないこともあるだろうけど男性でもできることもあるから出来る事をする。まぁケンちゃんは小雪さんにいわれてるからやるという人ではないことはファンなら分かりますよね?

最初はあまりになくので可愛く思えなかったってでも、素直な感想でいいのでは?
時間と共に母親や父親になって行くんだと思うし、それを無理すると産後鬱とかになったりするんだと思うし、まぁ言う人は揚げ足とって何でも悪いように言う人がいるけどそういう人は勝手に言っておけって感じです(笑)

きっとドラマの撮影の合間でも映画のプロモの合間にも瑛太さんとかに子育てに関して色々聞いてそうですもんね~
小雪さんも体調には気をつけて欲しいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .