感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.2.24記述

014_20120224134912.jpg


 韓国国防広報院は歌手Rain(ピ)(本名:チョン・ジフン)と、キム・ソンウォン、俳優キム・ジェウク、イム・ジュファンらを広報支援隊員(芸能兵士)に選抜したと24日、明らかにした。  

彼らは来る3月より国防部・勤務支援団に所属部隊を変更し、国軍放送TVやラジオの各種番組と毎週、各部隊を訪問して慰問公演を行う「慰問列車」に参加する。  昨年10月に入隊したRain(ピ)二等兵は入隊当時、一般兵士として軍服務を希望し、今月末から京畿道ヨンチョンに位置する5師団新兵教育隊で助手として服務する予定だった。  

ヒップホップグループ「アンタッチャブル」のメンバーであるキム・ソンウォン一等兵は、昨年8月に入隊し、陸軍28師団本部隊の軍楽隊で軍楽兵として服務してきた。  

またドラマ「コーヒープリンス1号店」や映画「アンティーク‐西洋骨董洋菓子店」に出演したキム・ジェウク一等兵は昨年7月の入隊後、5師団工兵大隊で野戦工兵として、ドラマ「タムナ〜Love the Island」と「花より男子〜Boys Over Flowers」に出演したイム・ジュファン一等兵は昨年5月に入隊し、陸軍23師団で政訓兵として服務中だった。  

国防広報院の関係者は「『SHINHWA』のアンディとイ・ジュンギの除隊で生じたスペースを最小限に抑えるために貢献してくれると期待している」と語った。なお現在、国防広報支援隊には俳優イ・ドンゴンなど12名が服務中である。

まぁ、国防広報院はあくまでも本人が志願してと建前的には言っておりますが多分Rainファンの多くはそんな事思ってないですね。(私も含めて)きっと本人は最後まで助教の任務を遂行したかったと思いますが、すごく悩んだと思います。休暇の時にきっとベッカさんや家族で色々話しもしたと思います。

ファンとしてはとても複雑です。
彼の思いを貫かせてあげたかったなとおもうし、反面広報支援隊に配属されるとそれだけ色んなイベントなどで公の場に出てくる事が増えるのでRainをみることが出来るという嬉しさもありますが、その嬉しさよりもやはり残念なのと、快く思わない人たちがまたあれこれとでまかせをネット上に撒き散らされるのか問おうとそれも口惜しく思います。だからここに訪問してくださった方はそんな誤解をしないで欲しいのです。

でも、もう決まった事だからああだこうだいっても仕方ないし、新しい配属先で思いっきり兵士の皆さんや国防部の任務を遂行してください。どんな事があっても応援してることに変わりないですもんね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .