感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第12回『宿命の再会』
2012年3月25日放送

002_20120322092533.jpg


京では、数年前から起きていた強訴がますます盛んになる。
平氏一門は武力と財力で僧兵らを退け、鳥羽法皇(三上博史)の期待に応え続けるも、ついに棟梁の忠盛(中井貴一)が公卿になる事は許されなかった。

そのころ、清盛(松山ケンイチ)の館には、故・明子(加藤あい)の友人・時子(深田恭子)が清盛の息子たちの世話にたびたび訪れていた。
妻を亡くして荒れる彼に後添えをと声が出るなか、家臣の盛国(上川隆也)はひそかに、時子こそがふさわしいのではと考えていた。





明子が死んでからも僧兵たちの強訴は相変わらず続いているようですなぁ~(ーー;)難儀なこって。
鳥羽法皇に強訴の対策に関して家成が相談するんだけど、なんだか心ここにあらずな感じの鳥羽法皇。

PDVD_042.jpg
 


ほんでもって結局平氏一門の所に強訴を打ち払うようにと言われ、僧兵たちの元に行くんだけど、清盛の表情はどこか冷めてるという感じ…。ため息が聞こえてきそうな勢いですが…(汗)結局家成の申し出で延暦寺に寄金すると言う事で交渉成立。結局毎回何かあると僧たちは強訴を起こし平氏から荘園の土地などを貰うの繰り返しをしているようですなぁ。そしてその見返りと言うのか鳥羽法皇から平氏はまた違う領地やら位を貰ったりしていたみたいだけどどうしても三位の公卿になれない忠盛なんだな。他のみんながそんな浮き足立つ話しをしていても清盛の表情は相変わらず冴えないっす。朝廷はどうやら武士を公卿にする気なんてサラサラないらしいっす。う~ん、厳しいねぇ(>_<)

ある夜、清盛の所につるっ禿げの人が訪問。
誰かと思えば…ありゃ?まぁ通憲じゃ~あ~りませんんか!
通憲のつるっ禿げ姿を見て清盛も吃驚!(するわな)
どうやら通憲は見ての通り出家したそうな。今は信西と名を改めているらしいが清盛がなんで?と聞くと

PDVD_051_20120329100201.jpg
 


「道理の通じぬ世にほとほと愛想が尽きた」

ってなんだかちょっと義清と似てるような気がしないでもないが…(汗)
鳥羽法皇に色々進言するんだけど、全く取り付く島もないという感じで通憲もイライラMAX!

そして頼長ときたら武士に対してアレルギーを持っているわけでそんな武士に公卿なんぞなられては摂関家としては色々パワーバランスが悪くなるのを牽制して何があっても公卿なんぞの位を与える事は阻止したいわけですな。しかし、オウムちゃん「シュクセイ!シュクセイ!」ほんまどんだけ頼長はん、ひとり言で(意図的に覚えさせているのか?)「粛清」とつぶやきまくってはるんや?(汗)

あっちこっち頑なな人だらけで自分の意見に耳をかしもしない

「志しあっても、道は開けぬわ」

とさっさと出家してより自由な立場で活動しようって感じっすか?


PDVD_060_20120329100316.jpg


そして、忠盛の五男・平五郎の元服の儀が行われ名前も新に頼盛になりました。
いやぁ~大きくなりましたなぁ。そして忠盛パパは清盛に頼盛を兄として立派な武士になるよう導いてやって欲しいと頼まれるんだけど、どう導くんだと反対に忠盛パパに尋ねる始末。

「申し訳ござりませぬが、武士として導くとは、如何なる事かわかりかねます。体良き番犬として、こき使われるだけと知りながら、命がけで戦えと、そう教えよと言うことにございまするか?」

でも、やはり成長しているのか無鉄砲さというより世の中を覚めた目で見てるという感じになっておりますな。またそんな事言ってんのかという感じで言う忠正に対して声を荒げて疫病で死んだ明子はその元となる飢饉を止められない政に対しての憤り、ただ自分たちの財と兵力を利用する為だけで不要になったら捨てる気なのだと言い捨てます。

「一体何なのだ?!平氏を背負うという事は?病に苦しむ妻の死に目にあうことも許されず、そんなにまで背負わねばらなぬこととは…一体…何なのだ?」

PDVD_066.jpg


またもぷいっと出て行っちゃいます。
本当に明子を亡くしたことが清盛にとってかなりのダメージになっていますね。
折角の頼盛の元服の祝いの日だというのに何だか全体的にどよ~んとしちゃってちょっと頼盛可哀想…。
でも清盛の気持ちも痛いほど分かります。

あと、印象的でだったのは最後の「一体何なのだ?」という言葉の言い方。
それ以前の清盛だと最後のほうは捨て台詞敵というか声を荒げていたんだけど、今回はあえて最後抑えた物言いに変化していて大人としての成長を感じさせられました。

そんなこんなで家貞が忠盛に清盛に後添えをと進言するんだけど、忠盛パパは今言っても自分たちの話を聞かないだろう、何より清盛自身、心の軸が定まってないからって。その話を遠くから聞いている宗子。家貞と忠盛が宗子を嫁にしたのも心の軸が定まったからだと、そして忠盛の手には舞子にあげた鹿のかんざしが。

一方、清盛の家には子供たちと時子の姿が…
子供たちに源氏物語の一部を離して聞かせていますが子供たちもすっかり時子に慣れて、時子も相変わらずの夢見る夢子の様だけど確実に成長している様子が伺えます。表情が子供から女性に変化して見えます。そういう子供たちとのむつまじい姿を盛国はしっかり見ておりますぞなもし。そんな所に清盛が帰宅。


PDVD_072.jpg


ぼ~っとしていると、琵琶の音色が…はっ!として慌てて屋敷内にダッシュ!
するとそこには時子がいて琵琶を弾いている姿が。子供たちも嬉しそうにそれを聞いてるんだけど清盛は「やめよ!」と一喝。

「すまぬが、時子殿、ここで琵琶を弾じるのはやめてもらいたい。へたくそな音色を聞きとうないからにきまっとろう!へたくそではないか。」

時子はこれは明子様直伝でと言うけど清盛はことごとく拒否しちゃいますが清盛も引き下がりません。
ぷんぷんしながら帰宅する時子。家に帰ると父上(これがまた蛭子さんと言うのが笑っちゃいました)が超~落ち込みモード、どうやら時子の弟・時忠が博打に負けて取られてしまったそうな(ー0ー;)OMG!

ありゃりゃ、呆れる時子だけど、張本人はいたって悪びれず様子もなく、儲けさせてあげようと思っただけといけしゃあしゃあと申しております。あげくに姉上も光源氏のような人の元に嫁ぐ事を夢見てるやんかなんていわれる始末…。貴族なのに武士に憧れを持ってる時忠なので貴族の装束ではなくて何故だか上半身は武士・下半身は貴族という服装を着こなしておりますよ(笑)どうやら苦労したくないようで楽して優雅に暮らしたいらしいすね~。そんな事を考えながらもふと最近姉の時子がどこかによく行ってるけど何処に行ってるのかと父に今頃聞いております。清盛様の家に行っていると聞かされる。


PDVD_079_20120329102933.jpg


ある日、子供たちと時子は楽しい時間を過ごしていると、突然屋敷に誰か来たと思ったらずかずかと清盛の所に座ったと思ったら自分の姉を後添えに貰ってくれないかと言い出す始末。それを聞いて慌ててやってくる時子(-0-;)アタフタ。

でも清盛はボーっとしているだけで、時子も清盛は明子を亡くした悲しみから立ち直れてないのにと意見するけど

「姉上だってそこに付け入っておるではないですか?おとぼけなさるな。若君方を手なずけ、明子様に取って代わろうとしておるのでしょう?」

思わず我を忘れて弟に平手打ちする時子(@_@;)と姉弟喧嘩が勃発!?でもそんな状況でも清盛は心ここにあらずという感じですぞ(-_-;)

「清盛様は明子様だけの光る君です!誰にも入る隙などない、それほどに深き絆にて結ばれておるのです。それ故、私はあの時…(明子にプロポーズした時の回想)飛び出した雀の子…また、伏籠のうちに籠めたりつるものを…」少し清盛の表情に変化が。そして時子も無意識に自分が清盛が好きだと周囲にバレちゃいましたよ~。慌てて弁明しようとする時子なんだけど
 
PDVD_092.jpg


「時子殿。琵琶をやめよと申したのは、下手くそ故ではない。耳に残る…明子の音色…かき消されとうないのだ。」

帰って落ち込む時子、そして清盛のことが好きな姉の気持ちに対してとりあえず謝る時忠なんだけど、時子もこれで良かったのだと自分に言い聞かせるのが切ないですね。

「どんな綺麗事もも、欲ってものがなければ始まらないと言う事です。」

ちょっとこれは義清が出家する前に言ったことと共通するように感じましたけどね。
清盛の屋敷では時子が来なくなったことで子供たち特に清次が駄々をこねておりますぞなもし(汗)
それを見た清盛、盛国が清盛に自分も時子様が来ると子供たちがだけじゃなくて、清盛も声の張りが良くなるのでと言われ戸惑い気味の清盛ですがやはり表情はうつろな感じのままです。

005_20120329101225.jpg  


出家した璋子様。どうも体調がすぐれないみたいで堀河も心配でなりませんという感じですぞなもし。
そんな璋子の所に得子様がやってきました。そして、なんで誰にも言わんと勝手に出家したんやと。
璋子様は得子が教えてくれたんだと。人を愛しく思う気持ち・激しさを。自分の愚かさを振り返るとこれまでのことに対しての未練はないんだと。でも唯一あるとしたらそんな激しい思いを知らないまま生きてきたことだと。それが心残りだと。得子は相変わらず福福しく憎憎しい人だと、そんな璋子を蹴落とし出家まで追い込んだのに全てを奪うことが出来なかったと素直にカミングアウトしておりますぞ!

そして1145年ますます璋子の様態が悪くなり慌てて鳥羽法皇が家成に璋子の病状を聞くがよくない様子。
何を思ってか、庭の菊畑の中からかつて璋子が探していたように水仙が咲いてないか必死で探しまくる。まぁ季節的にも菊の花が咲いている季節だから厳しいだろうねぇ~でも地を這いながらも必死で探す鳥羽法皇。切ないですよね。だからって「水仙を探せ!」なんて無茶振りな事を言っちゃってるよ~(汗)

そしてそれは平氏にも命令が下っているわけなんだけど、そんなご無体な話、今の清盛にとっては「なんやねん」って感じなわけで、家盛が一門の為に捜しに行ってほしいとお願いするも「側女に入れ込んでいたくせに正室の今際の際になった途端、武士たちに花を探せなんてどんだけ~やねん。俺は大切な明子をそんな政のせいで殺されたようなもんやのに、調子良過ぎやねん」

それでも家盛が必死で説得をしますがのう今の清盛は何を言っても「明子」の死に繫がっちゃうようで家盛にも難癖をつけちゃいます。

「何が分かるというのじゃ。明子を失のうた悲しみが…誰に分かるというのだ?」
「愛しい女子と別れ別れになる悲しみならば、私とて存じておりまする。兄上が明子殿を妻とした頃、私には好き合った女子がおりました。されど、私は名のある家の娘・秀子を選びました。全ては…全ては一門のためにござりまする!」
「…家盛…すまぬ、俺は何も知らず」

006_20120329101552.jpg


家盛が常に自分の気持ち優先ではなく、平氏一門の為にそして兄の自分の奔放さの為に犠牲にしていることが多いことをこの時清盛は知るわけですね(と言ってもそれを選んだのは家盛自身だから誰の責任ではないんだろうけどそれが家盛の悲しい部分ですよね)。確かに明子の死は辛くて悲しい事だし、どんだけ王家や朝廷の為に平氏一門が頑張ったところで報われない今のこの現状に対して、憤りを感じていても、それを家盛は耐えて一門の為に尽くしてると言う事を清盛は思い知る事で納得はしてないけれど気持ちを奮い立たせて水仙を探しに行くわけですね。毎日色んな場所を探すけれど季節的に水仙を見つける事は容易ではなくてかなりあせる清盛。

そんな必死な時、あやつが帰ってきたぞ!野人・義朝が(笑)
意気揚々と清盛の前に現れる義朝、驚く清盛だけど良く見るとそこに水仙の花が(◎o◎)ナンデ?
鳥羽法皇が水仙を探しているという情報を尾張で聞いてすぐに東国の家来たちに水仙の花を探させたって。
東北の方だったらひょっとこすると遅咲きの水仙が(水仙は初春の花だけど季節が夏だから京都には当然咲いてないけど寒い地方なら咲いている可能性があるかもってなかなかやるのう義朝殿)見つかるかもしれんって。ということでまたも清盛の罵声を背にニヤニヤしながら馬で去って行く義朝、そしてどや顔の正清でした。あぁ悔しい清盛。

余談ですが、先日玉木宏さんのラジオ番組(平清盛特集でした)の中で柘植さんのメッセージの中で義朝と清盛の衣装に関して興味深い事を話されていたのでご紹介したいと思います。

清盛と義朝の衣装の色の変化

(頼朝)彼の直垂の色彩が変わります。
それまで紺だったものが、反転して淡いグレー、ブルー味のあるグレーみたいなかたちになります。
だからすごく明るくなるんですね。髭もたくわえられますね、綺麗な髭がたくわえられます。

それは僕は正直紺で通そうかなと思っていたんですね、似合っているから。
質感だけを綺麗にしていくことによって、表現しようかなとも思ったんですけども、何か多分、その義朝という人物がどこかで何かチャンネルが変わったんじゃないかっていう風に感じたある一瞬があったんです。それは何処の何話のどこかは忘れちゃったんですけども、それを感じて、あっ、義朝は少し反転させてみようかなって思ったんですね。

一方清盛との関係があるので、清盛はそれまで明るいベージュ色とか、無頼の高平太と言われている元服前の格好と言うのは、やはり派手でしたので男性にしてみれば、それと義朝の対比っていうのは、オセロにたとえれば白が清盛で黒が義朝のような状態だったわけですけども、なにか僕が感じた瞬間に、清盛は黒に転換して、義朝は白に転換してるんですね。なので、そういうやっぱり感じで義朝は変わりますし、同時に清盛との関係も形作られていきます。


前回jくらいから確かに変わりましたよね。
私は個人的に清盛様は黒っぽい色のほうが好きですけどね(笑)
確かに2人の衣装の色目を反転させることで今までとはまた違った感じに見えますよね。
それぞれに風格を感じるというか…。(あくまでも私の個人的な好みですけども)

PDVD_169_20120329101938.jpg


水仙を手にダッシュで璋子の元へ向かう鳥羽法皇様ですけどもう璋子様は危篤状態。
そんな璋子様に思い切り「しっかりせい!」と声をかけ水仙を手渡します。何とかその声でか意識を戻す璋子様。水仙を手にします。そして璋子に頬を寄せる鳥羽法皇様ですが側近に引き離されてしまいます。
扉の中の璋子

「法皇様…やっと…分かりまして…ござりまする。人を…愛しく思う…気持ちの…こんなにも、優しく…清げなる事を…ああ…我が君…。璋子は、今…愛しさに…包まれておりまする。」

この時の鳥羽法皇様の悲しみと嬉しさと愛しさの混ざった表情がとてつもなく切ないっす(T^T)グスン
最後の最後にようやくお互いが本当に慕い合っていたことに気付き伝えることが出来た事は良かったのかもしれないけど、それって辛いよね。そして馨(けい)を鳴らし璋子の死を悲しむ鳥羽法皇。いやぁ~壇れいさんの璋子素晴らしかったです、ほんとに。

「何故であろうのう。あのお方に地獄をあわせるのが、私の望みであった。されど今安らかなる心で、極楽へ行かれる事を願ってやまぬ。」

自分のように人を恨むことも、野望を持つこともなかった璋子に対してのある意味敗北宣言みたいなものだったのかなぁ~。得子は璋子のようには生きられないから。

PDVD_187_20120329102103.jpg


ひと仕事終えてしばらく振りの我が家で一息の義清の元に為義パパとの対面♪
もう為義パパの嬉しい事ったらありゃしないわけでテンションMAX!そしていつの間にか大勢の家来に囲まれててこれまた吃驚なそして涙涙の為義パパなのであります。

それに引き換え、清盛は相変わらずテンション低いっす。
手柄を義朝に取られ、鳥羽法皇様からお褒めの言葉を貰ったのはいいけど、帰り道廊下で清盛待ち伏せしてやがんの(笑)

PDVD_209.jpg


もう20歳過ぎた大人なのに2人が揃えば10年以上前の昔に戻っちゃうのかまたも激しくやりあっちゃうわけですよ。どちらもどんだけ負けず嫌いなんだつーの。┐('~`;)┌ヤレヤレ

義朝とのやり取りの後捨て台詞を吐いた清盛だけど柱に寄りかかろうとして倒れちまう。>┼○ バタッ…恥ずかし(>_<)しかし一方の義朝も強がり言って去ったはいいけど屋敷に戻っても悔しさ治まらず。ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

そんなイライラに正清呆れ…そんな時に由良姫がやってきましたぞなもし。
相変わらず最初はツンデレな感じだったけど、義朝からの衝撃の一言に固まってしまいましたぞなぞな。

「お変わりござりませぬか?…と父が…(汗)」
「変わりというほどではないが…子を2人受けた。いずれも男子じゃ。そなたも産むか?俺の子を産むかと尋ねておるのだ。」
「おふざけも大概になさいまし!」
「そなたには嫡男を産んでもらいたい。統子内親王様にお仕えしておると申したな?そなたはきっと俺の役に立とう。」
「ばかにして!人を何だと…」
「女子にとって、愛しい男子の役に立つほど、心楽しい事はあるか?ずっと、俺の帰りを待っておったのではないのか?」
「(T^T)グスン…ええ、義朝様、お待ちしておりました、ずっと…ず~っと。」

PDVD_225.jpg
 


由良姫に対してはいつもドSな義朝様なのです。
まぁ、言わん事も分かるけどね~あまりにあからさまな物言い、でもまぁ好きな男性の役に自分の存在が役に立つのであればという感じなのでしょうかね由良姫も、義朝は由良姫に対して愛情は以下ほどあったのかなかったのか…ナレーションでは母としての由良御前は悲しい人だったといってるからなぁ(ーー;)由良姫の一途な思いに同情致しまするわ~。

そしてもう1人。久しぶりに大声でイライラをブチかましながら帰宅するお方が…ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!そう清盛っす。そんなイライラしてる時に子供たちと時子の楽しそうな声が聞こえてきましたがやばくない?(汗)

時子は子供たちと罠を作って雀を捕まえています。子供たち大はしゃぎ♪
でも実はそれは盛国が時子を呼び寄せましたとの報告に驚く清盛(@_@;)
子供たちが時子に会いたがっていると言ったら何とか来てくれる事になったと。
そして何を思ったかダッシュで時子の所に向かう清盛…怖いっすよ~

「おい!もう、そなたでよい!皆、後添えを貰えとうるさい!そなたは俺に惚れておる。子供たちもそなたに懐いておる!あとは俺が、そなたに惚れればよいだけじゃ!ええい、わからぬ女子じゃ!俺の妻になれと言うておるのじゃ!」

そりゃ突然怖い顔で拘束されてあんな事言われても何の事やらわけわかめだよね~
盛国も生田もそこにいる人たち皆突然の清盛のプロポーズに唖然…。

でもそんな怖い顔つきで言われてもねぇ~
好きな人からのプロポーズ、嬉しい反面、なんで今?そんなシュチエーションでそんな怖い顔なの?だよね(苦笑)

「さような失礼な話がござりまするか?!あんまりでございます。光る君と紫の上の如き恋に憧れていたのに。何処までも、光らない君!」

PDVD_244.jpg


と言いながらも突然清盛に向かってε= \_○ノ タックル!(汗)ではなくて、抱きついた!思わずそのまま倒れこむ2人。

「雀の子を犬君が逃がしつる 伏篭の中に込めたりつるものを」と子供たち。ナイスタイミング(*^^)v

盛国が2人のとんでもないプロポーズに対して可笑しさが込み上げてきて周囲の家来たちも皆も大笑い

「これはなかなか、面白き夫婦になりそうでござりまするな、殿」

そんな暖かなムードに思わず当事者2人もおかしくて笑ってしまいます。最悪だとはいえ、初恋の人と夫婦になれる事になった時子、これから大変かもしれないけれど清盛の久しぶりの笑顔はやっぱいいね~。

1149年、義朝と由良御前の間に鬼武者(後の頼朝)が誕生、そして時子も清盛の子を身ごもっておりますが、明子の時とは違い、気負いもなく言いたい事をお互い言い合えるそして笑顔の姿が微笑ましいですね。


PDVD_257.jpg


しかしこの後、清盛にとって平氏にとって最初の大きな試練が待っているという事で今週は終わりなのですね。次回はいよいよ祇園社闘乱事件が勃発します。

時子は一見、相変わらずな夢見る夢子ちゃんのようだけど、しっかりと女性としての成長が感じられました。(男性には難しいかなぁ~この微妙な変化。こういう繊細な変化というか表情が深きょんは良いんですよね)
清盛と所帯を持ってからもさらに声の雰囲気佇まいに変化がちゃんと感じられました(私はね)

最後にNHKステラの加藤あいさんのインタビューの最後にこんな事を言われていましたのでご紹介。

劇中の清盛は、妻をめとり、子をもうけて自分の家庭を作っていくなかで、人間としての温かみを増していったように思います。明子の死後、清盛は時子と再婚するわけですが、明子と時子、どちらの結婚生活にも違った楽しさがあるでしょうね。

明子は清盛にとって、心の安らぎを与える存在ですが、一方の時子は、清盛と一緒にワイワイキャーキャーやりながら、肩を並べて歩んでいける人。明子とも時子とも家庭を築けた清盛は、幸せものですよね(笑)。
清盛がうらやましいです。


これからの時子と清盛夫婦のシーンが楽しみです♪



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .