感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.3.20記述

“アンコール!”軍文化外交すばらしいです“ブラボー!”


20120319ベトナム司会002


 “アンコール!” “ブラボー!”

 19日夜ベトナム、ハノイ‘アミ シアター’. 最後の曲は国軍交響楽隊が演奏したマルクゥェズの単調は2度‘希望’が終わるとすぐに観覧席に歓声と雷のような拍手の声が絶えずあふれた。 舞台に立った指揮者ペ・ジョンフン芸術監督が指を一つ聞いた。

 アンコールで一曲もっとするという意味であった。 映画‘カリビアンの海賊’ OST中の‘He’s A Pirate’であった。 派手で楽しい曲に観客が没頭した。 演奏が終わるとすぐにまた再び拍手とアンコールの要望が少し前よりより大きくさく烈した。 また指を一つ入ったペ監督. 彼の指揮棒についてミュージカル‘sing sing sing’の主題曲が短くて楽しく演奏された。

 ベトナム政府の招請でハノイで開かれた国軍交響楽団の初めての公演はこのように幕を下ろした。 550席余りの座席をぎゅっと埋めた観覧客は“本当にすばらしくて感激な、そして忘れることはできない舞台であった”とひと声で話した。 この日‘声それ以上のハーモニー’というモットーで開かれた公演は広報支援対キム・ジフン上等兵とチョン・ジフン(Rain)一等兵が共に進行を引き受けた中で1・2部で構成された。

 陸軍国楽対が先にドアを開けた1部公演では併せ北と笛、サムルノリなど韓国伝統楽器が登場して国楽と交わった。 これら韓国伝統舞踊団と併せ北アンサンブルは序盤から雰囲気を熱した。 躍動的な併せ北公演は観覧客らのからだを揺れるようにして視線を集中させるのに充分だった。 K-popスターらもバトンを受け継いだ。 ユ・スンチャン上等兵とチェジン兵長が出て大きい歓呼を受けたこと。

 2部は交響楽団の役割だった。 韓国とベトナムの両国国歌演奏に続きエル街の威風堂堂軍隊行進曲1度‘希望と光栄の国’が荘重に鳴った。 特に交響楽団が我が国愛国歌とアリランを演奏する時はアミ シアター責任者のタンフン大佐が直接指揮を引き受けるなど緊密な友情を誇示することもした。

 叙情的なベトナム民家と私たちの民謡‘アリラン’演奏が後に従った。 ベートーベン交響曲5番‘運命’とショスタコーヴィチの映画音楽は観客らを感動のルツボに追い詰めた。

 場内を叫び声で満たしたK-popスターとの合奏ももう一度続いた。 韓国最高のバラード歌手のパク・ヒョシン上等兵とカン・チャンモ(KCM)二等兵は世界的に有名なポップソング‘My Way’と‘You Raise Me Up’を熱唱、深い印象を残した。

 2時間余りにかけて進行されたこの日公演にはベトナム政府と軍関係者、私たちの大使館関係者と駐在外国無関係などが立つ余地もなしで出席、座席をいっぱい埋めて国軍交響楽団の水準高い演奏実力に感心した。

水準高い演奏感心…″定期公演希望”

 公演を見たベトナム駐在韓国大使館のある職員夫人は“期待したことを跳び越えるあまりにも立派な演奏であった”として“次の演奏会にも必ず参加する”と話した。

 ベトナム軍関係者タインフン氏は“ベトナムではこういう公演の機会が多くなくて今日はとても気持ち良い時間になった”として“両国間の交流がより一層活性化してこのような公演が定期的に開かれたら良いだろう”と希望を伝えた。

 国軍交響楽団は21日ハノイ オペラハウスで海外同胞と現地住民などを対象にした回(順序)さらに公演を広げる。 合わせて軍芸術音楽大学、ベトナム軍楽隊、韓国人学校、韓国文化院で各々訪ねて行く演奏会も持つ。


司会をしたようですね。
でも移動などの時はRainが来るという情報は伝わっているので現地ではかなり人が取り囲んで大変だったようですね。
無事ベトナムでの任務終わったようでよかったです。
2012.3.15記述

20120225チョンジフン一等兵


国軍交響楽団が韓-ベトナム修交20周年をむかえて軍文化外交の一環としてベトナムで公演予定でこれとともに広報支援隊員で服務中のワールドスター Rain(チョン・ジフン)とパク・ヒョシンなどこの一緒活動に参加する。

国軍交響楽団は19日と21日ベトナム政府および軍関係者と海外同胞および現地住民を対象に二度公式演奏会を持って22日にはベトナム軍楽隊と合同演奏会を持つなど多様な軍文化外交活動を広げる。

また、国軍交響楽団は訪問期間中弦楽アンサンブルと国楽隊、広報支援隊員などで小規模公演団を構成してベトナム軍芸術音楽大学、韓国文化院および韓国人学校などを訪問、訪ねて行く演奏会も実施する。

アメリカ公演にてイジュンギ


国軍交響楽団は今回の招請演奏会で水準高い正統クラシック演奏とともに陸軍伝統楽隊のバンドのサムルノリ、一等兵チョン・ジフン(歌手Rain)とパク・ヒョシンなど韓流スター達のK-POP公演など多様な見どころも計画だ。

国防部関係者は"今回の国軍交響楽団の招請演奏は韓-ベトナムの友好増進に寄与する一方、ベトナム現地海外同胞らの祖国に対する自負心と愛国心を鼓吹する契機になるだろう"と強調した。

上記の写真は昨年、米国カリフォルニア州開かれたUN参戦国訪問巡回コンサート当時パク·ヒョシンとイ·ジュンギの姿ということで、ベトナムでもこんな感じになるのか、はたまた違うのか…全く想像できません(笑)

多分また実際ニュースに上がってくると思うので楽しみかなぁ~(汗)
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .