感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.3.18記述
映画.comより

時刻表表紙3種


森田芳光監督の遺作となった映画「僕達急行 A列車で行こう」が、3月19日に発売される時刻表3誌の表紙全面をジャックしていることがわかった。生前の森田監督の意向が実現したことになり、「これを機に電車で旅する人が増えてくれたらいいです。僕も落ち着いたら、時刻表を手にしながら旅に行きたいです」(松山ケンイチ)、「すごーい。こんなことできるんですか? 初めて見ました。光栄ですね」(瑛太)と、主演2人も大喜びだ。

表紙を飾るのは、「JTB時刻表」(JTBパブリッシング刊)、「文字の大きな時刻表」「コンパス時刻表」(ともに交通新聞社刊)。3誌ともこれまでに映画とのタイアップ実績はなく、表紙全面を飾るのも初めてのこととなる。

日本の鉄道開通140周年という節目の年に、鉄道好きで知られた森田監督への追悼の意を表し、企業の垣根を越えたコラボレーションが実現した。両社は、今作のタイトルに触れ「非常に社会の動きが目まぐるしく変わる現在、急行程度の速度で旅をしようよという、作品自体が持ち合わせているコンセプトにも共感しました」とコメントを寄せた。

昨年12月20日に急逝した森田監督が、10数年の構想を経て映画化にこぎ着けたオリジナルコメディ。大手企業に勤務する小町(松山)と倒産間近の鉄工所の跡取り息子・小玉(瑛太)が、共通の趣味である鉄道を通じて友情を深め、仕事や恋愛に悪戦苦闘する姿をユーモラスに描く。

うわぁ~監督がもし元気であればさぞ喜んだ事でしょう(いや、実際向こうで喜んでいる事でしょうけど)
その場に自分がいないこと(肉体としての存在)にたいして嫉妬しているかもしれませんね。

昨日、(というか今日の深夜?)関西では「ボクキュー」の記念番組があったんですけど、そこに森田監督がメッセージを言ってくれてt何だか本当にもうみんなの目の前にいないということが不思議でなりませんでした。

メイキング映像でも沢山森田監督が見れて本当に嬉しかったです。
鉄ちゃん。鉄子、家族連れ色んな人が観て楽しんで欲しいですよね♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .