感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『平盛国』語録
 元は漁師の息子「鱸丸」のちに清盛の乳父の養子となった「平盛国」の印象的な言葉を集めました。

PDVD_141_20120709102150.jpg
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)
【第43回】


PDVD_086_2015012714183468f.jpg



「おつろうござりましょうな。平家の嫡男であり、法皇様の近臣でもある重盛様にとっては。」

PDVD_087_20150127141834e6c.jpg


「此度はおめでとうござります。」
「頼政殿。此度、そなたを三位に叙するを奏上し、お許しが出ましたぞ。ハッハハハ~。」

「殿がじきじき朝廷に願い出たのでござりまする。」
【第42回】

PDVD_094_201501151618179cc.jpg


「いつにもまして、常軌を逸したお振る舞い。」
「うむ。仕返しには違いなかろうが何かおかしいのう。」
【第41回】

PDVD_069_20140703112635d9e.jpg


「建春門院様亡き今、皇子様のお誕生は平家にとっても急務。早う生れてきて下さらねば困る。」
「こればかりは授かりものにて。」
「それでもじゃ!」

PDVD_070_2014070311263648e.jpg


「お二人とも、幼くして寺に入られ、いずれ僧になられるはずだが、いかがした?」
「法皇様が都に呼び戻され、帝の養子になさったと。」

「中宮様に皇子様が授からねば、そのいずれかを次の帝にとのお考えにござりましょうか。」

PDVD_071_2014070311263517a.jpg


「他に考えられまい。だがそれは、中宮様をないがしろにする事であり、また王家をお支えしようとする、我ら平家の考えに反する事。」
「これまでならば、建春門院様がお諌め下さったのでしょうが…。」

PDVD_072_201407031128539e4.jpg


「師高殿と、師経殿の流罪を求める強訴が、始まった由にござりまする。」
「それでよい。」
【第40回】

PDVD_097_20140516163240159.jpg


「これをお預けいたしまする。法皇様の側近であらせられる西光殿が、宋銭を値打ちを請け負ってくださり、その使いよさを、知らしめて下さいますれば、銭での商いも速やかに広まりましょう。」
「お肩入れくだされば、これほど心強い事はござりませぬ。」
「無論、亡き我が主が生きておれば、そうしたでしょうからな。」

PDVD_098_201405161632381fc.jpg


「そなたに来てもろうたはほかでもない。近く、厳島の社へ参詣を考えておる。粗相なきよう支度を進めよ。」
「どなたが参詣なさるのですか?」
「法皇様ならびに建春門院様じゃ。」

「この大輪田泊より唐船に乗っていただき、厳島まで渡っていただくつもりにござりまする。」
【第39回】

PDVD_040_20130522114653.jpg


「やれやれ。海賊の棟梁様は、義に熱過ぎて扱いにくいわ。」
「だからこそ、こうも長くつきおうていられるのでしょう。」

PDVD_050_20130522114654.jpg


「殿!それはあまりに無体な。」

 PDVD_042_20130522114907.jpg


「海を見ると、思い出しまする。かつで漁師であった頃、亡き父と、魚を取って暮らしておった頃の事を。白河院の殺生禁断令によって漁を禁じられ、されど父は、飢えた者のために、禁を破って漁をし、捕らえられ、命を落としました。その折、若き殿は白河院に直々、申し立てて下さったものです。」
「何が申したい。」

PDVD_043_20130522114759.jpg


「殿!」
「ならぬ!」

PDVD_046_20130522114801.jpg


「全ては、殿が邁進するために起こった事。どれだけ欲しても、兎丸は戻りませぬ。それでも…進みまするか?この修羅の道を。殿のお心の中にだけある国に向かって、進み続ける覚悟が、おありにございまするか?ならば盛国も共に、命を賭して、殿に食らいつき…この修羅の道を、共に参りまする。」
【第38回】 

PDVD_265_2013121710084282e.jpg


「分かっておる。せくな。」

PDVD_266_201312171008448c5.jpg


「さて、泊のめどはついた。次の一手じゃな。」
「次とは?」
「何や?」

PDVD_267_20131217100847e10.jpg


「ひとときも休まず、駆けてこられましたゆえ。」
「要らぬ事を言わずともよい。」

PDVD_299_20140109160739d57.jpg


「法皇様より、せんだっての羊を返したいとの申し入れ。」
「何ゆえじゃ?」
「此度の疫病、羊の病であるとの噂が、都に流れておるとのこと。」

PDVD_300_20140109160740890.jpg


「それは、我らが今進めております大輪田の泊の普請にござりまする。古い船に、このように石を敷き詰めて沈め、岬づくりの礎と致しまする。」

PDVD_301_20140109160742f8e.jpg

「さような事が出来るのか?」
「西光殿。亡き信西入道の志、殿は一日たりとも、忘れた事はござりませぬ。」
【第37回】

PDVD_017_20121031085505.jpg


「まずは我らより、贈り物を致しとうござりまする。ついては、仲立ちを願いませぬか?」
「ですから私如き、一介の商人にさような力は・・・。」

PDVD_255_20121031085852.jpg


「さて、何を贈れば喜ばれましょうなぁ。」

PDVD_022_20121031090701.jpg


「平家の領地の中で、黄金を産する土地はありませぬ。」
「金と言えば奥州であろう。」
「おう、そやそや。」

PDVD_256_20121031090923.jpg


「奥州藤原氏三代目棟梁・藤原秀衡の治める奥州平泉は、京にも劣ら、ぬ栄えた地との事。その財力、兵力は計り知れませぬ。」

PDVD_257_20121031091059.jpg


「都と離れておるをよい事に、好き勝手やっておるのじゃ。」
「おそれながら、殿も人のことは言えませぬ。」

PDVD_258_20121031091213.jpg


「あははは。今、秀衡の官職は?」
「確か出羽と陸奥の押領使かと」

PDVD_259_20121031091355.jpg


「張り切っておりますな。」
「うむ。」 

PDVD_260_20121031091500.jpg


「国と国との取引でなければ、おいで下さりますまい。」
「う~む。法皇様にお出まし頂くという事か。」

PDVD_261_20121031091607.jpg


「さすれば、体裁は整いましょう。…が、王家のお方が宋人とじきじきにお会いになるなど異例の事。」
「何よりたやすく、わしの誘いに乗るまい。」
「たやすいことにござります。」

PDVD_261_20121031091800.jpg


「これは時忠様。にわかにいかがなされました?」
「今は、官職を解かれておる身。都におってもやる事などないわ。」

PDVD_262_20121031091938.jpg


「おぉ、何じゃ?これは。」
「鳥の羽根にござりまする。宋より、奥州に届いたものにござりましょう。」

PDVD_077_20121031092057.jpg


「全く、口から生れてきたような奴じゃ。」
「敵に回したくはありませぬな。」

PDVD_263_20121031092247.jpg


「なるほど。重盛らしい裁断じゃ。」
「まこと、公明正大。実に正しいお考えと存じます。」
「されど、いささか正しすぎましょう。正し過ぎるということは、もはや間違うておるに同じ事にござります。」

PDVD_170_20121031092600.jpg


これ以上の勝手はさせぬと、摂政様が息巻いておられる様子。」
「もとより、交易による国づくりなど、公卿方には理解の外。また、いつ誰がいかようにして邪魔立てしてくるかしれませぬ。」

【第36回】

PDVD_066_20121014134420.jpg


「なんとまぁ、伸び伸びと。」
「(笑)うむ。やはり海の事は、兎丸じゃ。」

PDVD_068_20121014134544.jpg


「殿にござります。京を若君様に任せ、安堵なされたのではござりませぬか?」
「安堵。さてそれはどうであろう?重盛…あやつは、心が清い。だが清いだけではつとまらぬが、武門の棟梁じゃ。」

PDVD_119_20121014134804.jpg


「宮中に乱入し、神輿ごと居座るとは…。」
「アハハハ~(笑)ようは法皇様への嫌がらせじゃな。山法師に屈する事をよしとせず、思うままにしたいと言う野心をむき出しにしておるゆえのう。」

PDVD_123_20121014134905.jpg


「叡山としては、寵臣の成親様を退け、力をそごうとしておるのでござりましょう。」
「野心は結構だが、やりようがつたない。困ったお人じゃ。」
【第35回】

PDVD_051_20121011092816.jpg


「一時は危のうござりました。」

PDVD_155_20121011093017.jpg


「気がかりは頼盛様のこと。保元の戦の折の溝、埋まっておらぬ訳ではござりますまい。」
「頼盛…あれは優れた男子じゃ。頼盛がおらねば、平家の繁栄は保てまい。」
PDVD_171_20121011093122.jpg


「盛国!父上は!?」
「あちらにおわしまする。」

PDVD_206_20121011093322.jpg


「殿の目指す国づくり、たやすくはゆきますまいな。一筋縄でいかぬ上皇様、依然、我らを目の敵とする摂関家。山法師とて、おとなくしはしてはおりますまい。」
「向こうがいかなる目を出してくるか。それに、いかなる目で応えるか。考えただけでぞくぞくとするわ。」

PDVD_209_20121011093452.jpg


「私は、そんな殿をおそば近く見ておるだけで、ぞくぞくとしてまいります。」

PDVD_211_20121010225148.jpg


「何とも美しい夕日じゃ。」
「明日も、晴れましょう。」
【第34回】

PDVD_048_20121003123633.jpg


「構わぬ。万一、殿が身まかられる事があれば、そんな世に未練などはない。」

PDVD_137_20121003123841.jpg


「何を夢に見ておられるのでござりましょう。」
【第33回】

PDVD_007_20120922184930.jpg


「やはり、時忠様を参議にされたは、正しゅうござりましたな。」
「全くじゃ。」

PDVD_018_20120922191932.jpg


「殿が…にござりまする。」
「ん?」
「殿は今や、御年五十になられましてござりまする。」

PDVD_021_20120922192124.jpg


「まことか?」
「まこと。」
PDVD_060_20120922192212.jpg


「殿はこれより、博多を都の隣に持ってくる大仕事に取りかかれるところにござりまする。すなわち、音戸の瀬戸を開削し、大輪田泊を改修。これまで、博多どまりであった宋よりの船を都近くまで入れるよう整えるという事にござりまする。」

PDVD_141_20120922172931.jpg


「あの…。」
「ご心配なく。此度は見えておりまする。」

PDVD_213_20120922192406.jpg


「殿。もう日が暮れまするぞ。殿!足元が危のうござりまする!」

PDVD_242_20120922192517.jpg


「いよいよ厳島の社の工事にござります。此度は長旅になりましょう。」
「全くじっとしておらぬお方じゃ。まこと永久に生きるつもりか?」

PDVD_248_20120922192601.jpg
 


「いかがなされました?」
「殿?」
「殿?」

【第32回】

PDVD_023_20120919153210.jpg


「我が殿は今、この大納言の座においでになりまする。」

PDVD_220_20120919153326.jpg


「さようにござりまする、重衡様。さてその大納言の次に高い官職は、宗盛様、なんでござりましょう?」

PDVD_025_20120919153419.jpg


「内大臣。」
「ようご存知で。知盛様。」

PDVD_221_20120919153530.jpg


「今言おうと思うたのじゃ。だがまだその上があるのだぞ。大乗大臣じゃ。この国で一番偉いのじゃ。」
「ちと違いまするな、宗盛様。」

PDVD_032_20120919153644.jpg


「盛国。最も偉いのは帝ではないのか?」
「さようにござりまする。その帝のお傍近く、お支えする大臣に、殿はのぼろうとしておいでなのでござりまする。」

PDVD_083_20120919153739.jpg


「基房様は、亡き基実様とはまるで逆のお考えをお持ちのお方。これまでのように、そうたやすく平家を取り立てては下さりますまい。」
PDVD_087_20120919153853.jpg


「出雲でのお暮らしは。時忠様に、何の変化ももたらさなかったものとお見受け致しまする。」
「食い物も女子もなかなかであった。」

PDVD_148_20120919153952.jpg


「重盛様も宗盛様も、見目よき舞い手を得られたご様子。殿にご覧頂くのを楽しみにしておられました。では殿、ごゆるりと、お楽しみ下さりませ。」

PDVD_157_20120919154031.jpg


「何やら騒がしゅうござりまするな。」
「盛国」
「はっ。」
「何とかせよ。」
【第31回】

PDVD_157_20120828221255.jpg


「まるで、お若き頃の殿のようでござりましたな。重盛様にござりまする。」

PDVD_160_20120828221508.jpg  


「ふん!わしはあのように青臭うはなかった。」
「はっ?アハハハ、これはこれは。」
 

PDVD_161_20120828221343.jpg


「何じゃ!?」
「いえ。」

PDVD_173_20120828221611.jpg


「時に、祐親殿。佐殿は、いかがお過ごしにござりまするか?」
「日夜、写経にいそしみ、つつましくお暮らしにござります。」
【第30回】

PDVD_009_20120802161813.jpg


「皇子様のご誕生のお祝いの品々、上皇様もお喜びになられましょう。」

PDVD_097_20120802161855.jpg


「清五郎様。基盛様は…十万億土に旅立たれましてござりまする。」

PDVD_155_20120802162030.jpg


「基盛様もそれを望まれ、最後までつとめに励んでおいででした。」 

PDVD_184_20120802162254.jpg


「ここはどの辺りじゃ?」
「福原にござりまする。」

PDVD_186_20120802162355.jpg


「海が見えるな。」
「私が幼き頃に過ごした大輪田の海にござりまする。」

PDVD_208_20120802162550.jpg


「潮の流れも読んだとおり、夕刻までには着きましょう。」
「うむ。」

PDVD_211_20120802162701.jpg


「この辺りは狭き瀬戸にて、昔から漁師たちも難儀したものにござりまする。」

PDVD_239_20120802162807.jpg


「鱸丸!」
「へっ!?」

PDVD_242_20120802162856.jpg


「お任せあれ!」

PDVD_246_20120802162956.jpg


「お~い!舵押せ~!」
「お~っ!」

【第29回】

PDVD_295_20120727161847.jpg


「あの…私は?」
「経盛様。アハハハハハ~!見えませなんだ。(笑)経盛様は伊賀守となられ…」

PDVD_296_20120727162010.jpg 


「博多にて取引をした品々にござります。亡き大殿様が、神崎荘にて宋との取引を始められてからかれこれ30年近くなりましょうか。」
【第28回】

PDVD_088_20120719153412.jpg


「宗盛様と同じ、十四の若者。無理もござりませぬ。」
【第26回】

PDVD_123_20120709102115.jpg


「お静かに。怒ってなんとなりましょう。」

PDVD_141_20120709102150.jpg


「方々。まずは備えを固め、殿のお帰りを待ちましょう。殿の事、必ずや難局を切り抜け、お戻りになり、信西殿を、お救いになりましょう。」
【第25回】

PDVD_240_20120627211628.jpg


「はっ。道中の無事を、お祈りしておりまする。」
【第24回】

PDVD_120_20120621203427.jpg


「どうやら代々、甘い汁を吸うておるようにござりまするな。」

PDVD_133_20120621203629.jpg


「海賊というのは存外、曲がった事が嫌いな者どもでござりましてな。大宰大監様におかれましては、鎮西の暴れ者たちに手を焼いておいでのご様子。よろしければしばらくの間、我が郎党たちをお預けいたしまする。必ずや不埒な者たちを捕まえ痛めつけてくれましょうぞ。」

PDVD_156_20120621203716.jpg


「ふふっ(笑)まぁよい。飲め。ほれ。」

PDVD_186_20120621203802.jpg


「あの頃より、はるかに重いと言う事にござりましょう。一門の背負うておる荷が。」

PDVD_187_20120621203849.jpg


「さような事は…」
「そなたがおって、殿もさぞかし、お心強かろう。」
【第23回】

PDVD_061_20120613095300.jpg


「両二日の以内には行えとの仰せにござりまする。」

PDVD_108_20120613095352.jpg


「殿。刻限に…ござりまする。」
【第22回】

PDVD_179_20120608112836.jpg


「これは、まずい事をなさりましたな。有体に申せば、忠正様は今や、賊となった身。それをかくまえば、一門もただでは済みますまい。お考えが浅いと申しておるのです。」
【第21回】

PDVD_004_20120607202028.jpg


「忠正様ご一党が離反なさり、上皇方につかれたとの事。」

PDVD_203_20120607202152.jpg


「ご心配には及びませぬ。殿と忠正様は、時に反りが合わぬとは申せ、昔から共に歩んでこられましたゆえ。」

PDVD_213_20120607202242.jpg


「この戦いは、武士の世への道。殿も忠正さまも、この険しき道を進む為に修練を積んでこられたのです。 戦場で剣を振るい矢を射る事は、武士にとって生きる道そのもの。お二人だけではござりませぬ。平氏も源氏もなく…この戦に馳せ参じた千を超えるもののふたちが、今宵その命を燃やすことでしょう。」
【第20回】
PDVD_198_20120527202623.jpg


「方々、これは棟梁の命にござります!生きるも死ぬももろとも、それが平氏の強さ…とは先の殿のお言葉。くれぐれもお忘れなきよう!」
【第19回】

PDVD_126.jpg


「もう少し年上の方が…」
【第18回】
PDVD_007_20120517101641.jpg


「家貞殿は、近頃涙もろうて…」
【第17回】

PDVD_020_20120508150019.jpg


「皆、存じております。」

PDVD_096_20120508150134.jpg


「わかりました!では、私が今から魚をとって参ります。盛国支度をせよ!」
「更に無理な仰せにござりまする。」

PDVD_122_20120508150226.jpg


「殿。覚悟を決めて下さりませ。」

PDVD_234_20120508150335.jpg


「盛国の教えてくれるこの一文字一文字に、血と汗と涙が詰まっておるのだ!」
「…そこまでもうされる…(汗)」

PDVD_418.jpg


「急いで帰ってこずとも、殿のお心は通じておったようにござりますな。」
【第16回】
PDVD_091_20120508145744.jpg


「神々も逃げ出しかねない風情にござりまするな。」
【第14回】

PDVD_154_20120410103724.jpg


「時忠様、あちらで餅など召し上がりませぬか?」
【第12回】

PDVD_005.jpg


「私も、少しばかり心残りでござりまする。時子様がおいでになると、若君様たちのみならず、殿もお声の張りがようなりますゆえ」
「…なんじゃそれは…」

PDVD_006_20120328154554.jpg


「さあ、さあ、さささあ、清次様、私と弓の稽古などなさいませぬか?私に勝てまするかなぁ~さささぁ」

PDVD_004.jpg


「あははは~、これはなかなか、おもしろき夫婦になりそうでございまするな、殿!」
【第11回】

PDVD_163.jpg


「私に妻を?折角のお話でござりまするが、ご遠慮しとうござりまする。私はまだまだ学ばなければならぬ事も多く、とても妻や子を背負う覚悟がござりませぬ。申し訳ござりませぬ<(_ _)>」 

PDVD_175_20120322161708.jpg


「波子様は名のあるお家に仕えておられると、お見受けいたしました(苦笑)私が粗相を致せば、殿に恥をかかせてしまいまする。はい…北の方様。」

PDVD_317.jpg



「恨むならば…恨むならば…宋の薬を求めらるを許さぬ法をお恨みなさりませ!疫病を止められぬ朝廷をお恨みなされませ!そして皆が健やかに…健やかに暮らせる世を殿がおつくり下さりませ!それこそが…北の方様の夢見た景色に相違ござりませぬ!」


【第9回】

PDVD_077_20120405143322.jpg


「兎丸、なんじゃ?もっと飲め、ほら。」


 【第8回】

PDVD_024_20120411125833.jpg


「北のお方様にはきっとお似合いになりましょう」
「あっ…おい!こらっ盛国!俺がいおうとしておったのに!(怒)」
「すぐにお伝えせぬのが悪うございまする」

PDVD_042_20120411130054.jpg


「まこと、隙のないお方とお見受け致しました。」

PDVD_043.jpg


「では、こうしてみてはいかがでござりましょう?」
「ん?なんじゃ?これは」
「願掛けのようなものにござりまする。今は諦める。されど、いつかきっとこれで、豊かな世を作ると。」


 【第7回】

PDVD_040_20120413093753.jpg


「かしこまりました、殿。」

 

PDVD_041_20120413093851.jpg


「(笑)家貞様に教えていただいておりまする。読み書き勘定から、この国の歴史、武士の嗜み、一刻も早よう、一人前の武士になりとうございまするゆえ。」


 【第6回】

PDVD_106_20120420103327.jpg


「清盛様と共に海賊たちからの警固にあたりました漁師たちにござりまする。闇夜の海でもお役に立ちましょう」


【第5回】

 

PDVD_035_20121129151037.jpg


「何ぞ用か?」
「此度の戦は、常々、海に暮らす者に利のある戦になります事、重ね重ねご覚悟の上、お臨みくださりませ。海は場所により、時により、その顔を変えまする。此度の安芸の海は、これまで討伐に臨まれましたどの海とも違うと言うことを…」

PDVD_036_20121129151515.jpg



「そもそも志の違う者が口を出す出ない。」
「申し訳ござりませぬ。」


 【第3回】

PDVD_035_20121129152113.jpg



「礼ならば清盛様に申すがよい。」

PDVD_037_20121129152115.jpg


「村の者たちの喜ぶ顔が、清盛様にとっては馳走なのでござりましょう。」

PDVD_038_20121129152453.jpg



「なりませぬ…なりませぬ!」
「離せ!」
「なりませぬ!こらえて下さいませ!清盛様!」


【第2回】

PDVD_017_20121122094649.jpg


「出来たようにございますね。体の軸とやらが。」

PDVD_018_20121122094846.jpg



「すまぬ!」
「もういいのです…もう。(涙)お父はもう…(T^T)グスン」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .