感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
イ・チャンソブから見たRainとは
K-POPの新人グループBTOBのメンバー、イ・チャンソブが感じたRainとは

イ・チャンソブ 



2012.4.17記述

軍隊に行ってもワールドスター'Rain(本名チョン・ジフン)の名前は舞台の上で語り継がれている。

キューブ・エンターテインメントのグローバルグループとして準備中のBTOBが憧れのの対象としてRainの名を挙げた。 メンバー、イ・チャンソブは21日ソウルのホテルで開かれたデビュー・ショーケース"の練習して疲れて大変なときはRainの名言を再確認して頑張った"と言い"Rainは私のスターであり羅針盤"と話した。

イ・チャンソブの憧れのRainの語録は昨年9月の入隊前最後のコンサートの言葉。 当時Rainは"皆さんの人生を道路にたとえるならば(うまく行かなくても)今ちょっと渋滞しているだけ。いつかスイスイ行ける日が来る"と言い自分の道を黙黙と行くという内容の'マイウェイ'を歌った。

チャンソプは"踊りを習い始めた時、外国アーティストの映像ばかり探していた。 しかしある日、Rainの'レイニズム'を偶然目にした瞬間、息づまった"とRainに対する称賛を話した。

それと共に"いままで習ったよりはるかに沢山のことを得た。 Rainの圧倒するような目つきや男性美は新鮮な衝撃だったし'カルチャーショック'だった"として"パフォーマンス以外でもRainが残した名言が沢山あることをその後知って、ポスト・イットを使って机に貼り付けて毎日繰り返して言ってみたりする"と話した。

最後に"Rainは相変らず憧れの存在で、いつかRainのような大きな歌手になりたい"として拳をぎゅっと握った。


Rain『 MY WAY』


若いアーティストからこういう風に言ってもらえる事って嬉しいですよね。
今、芸能活動できなくても同じ目標持つ人たちに影響を与え続けている、勿論芸能人以外の人間だってですけど(笑)

K-POPのグループアーティストに興味がないのでこの人の事も良く知りませんが苦しい時はRainの言葉を思い出して頑張って欲しいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .