感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『平経盛』語録
平家盛と異母兄弟、そして平敦盛の父『平経盛』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_031_2014051615410974a.jpg
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

【第42回】

PDVD_101_201501151641285f1.jpg


「西光法師のお子たちを配流先から召し戻せば、法皇様のお気は済むのではござりませぬか?」
【第40回】

PDVD_074_2014051615342501d.jpg


「しかと合わせよ。いま一度。」

PDVD_075_2014051615373344e.jpg


「叔父上。ありがとうございます。」
「なに、維盛も資盛も筋がよいゆえ、わしも心楽しいわ。」
「恐れ入ります。」

PDVD_076_20140516153734707.jpg


「今や、我らは王家に連なる一門。いかなる場でも恥をかかぬよう、孫の代にはしかと仕込めよと、福原の兄上より仰せつかっておるゆえ。」
「とりわけ、法皇様は芸事を好まれるお方。いつかきっと、ご披露できるよう、しかと稽古せよ。」
【第38回】

PDVD_291_20140109141937949.jpg 


「父上。それはあまりにも大それた事では?」
「わしの目指す国づくりには、欠かせぬ事じゃ。」
「されど、帝の父君はあの法皇様でございますぞ。」

「一筋縄ではいきますまい。」
【第36回】

PDVD_109_20121014115432.jpg


「申し上げます。山法師どもが神輿を担ぎ、この内裏に迫っている由にござります。帝をお守りせよ。」

PDVD_191_20121014115637.jpg


「母上、重盛の兄上のお立場では成親様をお守りしようとなさる法皇様をお諌めできぬも道理にござりましょう。」
「されど、このままではまた強訴が起きましょう。」
【第35回】

PDVD_142_20121011101017.jpg


「教盛、良かったのう。」
【第34回】

PDVD_006_20121003115751.jpg


「薬師はなんと?」
「覚悟をしておくようにと。」
【第33回】

PDVD_115_20120922172648.jpg


「おぉ、すまぬ。早う兄上たちにお会いしとうてな。お初にお目にかかります。忠度にござります。」
「忠度?」
「忠度?」
「忠度?」

PDVD_118_20120922172823.jpg


「なんと!殿も経盛様も教盛様もご存じないと?」
「ない。」

PDVD_141_20120922172931.jpg


「あの…。」
「ご心配なく。此度は見えておりまする。」

PDVD_142_20120922173014.jpg


「経盛様にござりまする。」
「経盛にござる。」

PDVD_144_20120922173244.jpg


「時忠様。」
「まことのことゆえ、言い返せぬ。」
「認めてどうするのじゃ!?」

PDVD_180_20120922173333.jpg


「経盛、再び出番ぞ。」
「されど、右大臣様は朝廷で一、二を争う歌の上手にて。」

PDVD_261_20120922173652.jpg


「さすが調べも美しゅうござります。」

PDVD_262_20120922173659.jpg


「"つもり"や"まつ"といった掛ことばもふんだんに。」
【第32回】

PDVD_089_20120919140629.jpg


「基実様の所領も皆、基房様のものになるのだろうか?」
【第30回】

PDVD_051_20120802131900.jpg


「お待ちくださりませ!それは生きる道を絶たれるも同じではござりませぬか!」

PDVD_223_20120802132025.jpg


「これも讃岐の院の呪いにござりますか!?」
「つまらぬ事を言うでない!」
【第29回】

PDVD_015_20120727161425.jpg


「あの…私は?」
「経盛様。アハハハハハ~!見えませなんだ。(笑)経盛様は伊賀守となられ…」
【第28回】

PDVD_146_20120719160335.jpg


「いや、1日たりとも。」
【第27回】

PDVD_004_20120712115435.jpg


「なんの。信西入道が討たれ、その上、首までさらされたのですぞ。」
【第26回】

PDVD_133_20120709100952.jpg


「あの、清盛の兄上が、信西入道とのかかわりを深めて来れれたはまことじゃ。それゆえこそ、信西殿が朝敵となった今、このままでは、我ら一門の立場も危ういのではござりませぬか?ここは我らも、中納言信頼様に恭順の意を示すが得策と存じます。」
【第24回】

PDVD_262_20120622134813.jpg


「兄上、兄上。さぁさぁさぁさぁ…」
【第21回】

PDVD_101_20120607165512.jpg


「あれはまこと、とてつもない化け物と伺いまする。」
【第20回】

PDVD_036_20120527232203.jpg


「それは…いかにもまずいではござりませぬか」

【第18回】

PDVD_100_20120515140343.jpg


「あのう…あの…私は上皇様に、お味方するがよろしいと存じます。是非お傍近くお仕えして、歌会に招かれたい。(笑)」
【第17回】

PDVD_059.jpg


「痛い、痛いです」

【第16回】

PDVD_018_20120428202707.jpg


「あのう…。」
「おぉ、経盛。すまぬ、すまぬ、見えなんだ。お前には我が愛用の鞍を授ける。」
「大事に致しまする。」

【第14回】 
 
PDVD_392.jpg


「加茂の祭りでの見事な舞、いまや都中の語り草にござります。」

PDVD_212.jpg


「かようなお方が兄上とは思いとうござりませぬ。」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .