感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第21回『保元の乱』
2012年5月27日放送

004_20120527084556.jpg

保元元年7月10日深夜、条項方と天皇方ではそれぞれ軍議が行われていた。
天皇方の義朝(玉木宏)と、上皇方の源為義(小日向文世)はそろって夜討ちをかけるのが最上策と上申するが、天皇方・上皇方両方の反応は異なっていた。頼長(山本耕史)は、夜討ちを恥ずべき卑劣な策と退け、信西(阿部サダヲ)は戦に勝つことだけを目的に、積極的に義朝の案をとりいれる。

翌7月11日寅の刻、ついに保元の乱の戦いの火ぶたが切って落とされる。
王家では後白河天皇(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)が敵対し、摂関家では藤原忠通(堀部圭亮)と藤原頼長が戦う。

この二派に味方して、源義朝と源為義の父子が、そして平清盛(松山ケンイチ)と平忠正(豊原功輔)の甥と叔父が、敵味方に分かれている。京の都の只中で、身内同士での戦いが、ついに始まったのだ。

亡き白河院の屋敷である白川殿の門や賀茂川の河原を戦場に、壮絶な戦闘が繰り広げられる。


それぞれの身内同士が敵味方となって戦うことになった「保元の乱」の火ぶたがいよいよ切られる第21回です。 
 
PDVD_004_20120531104042.jpg


洛外の時子たち。盛国が慌てた様子でやってきた。そして忠正の離反を時子に報告。
清盛の心情が心配な時子。

清盛は義朝と共に、後白河帝のいる高松殿へ、それぞれの部隊を引きつれ無事到着。(平氏300騎・源氏200騎)


007_20120531104646.jpg


成親から、白河北殿を攻め、反乱の首謀者である、上皇様と悪左府を捉えるのが今回の目的と発表。、そしてこの戦で手柄を顕著に立てたものには勝利した後、褒美として昇殿をも許されるかもと言う話に、義朝は、自分は死ぬ覚悟でこの戦に臨んでいるわけで、命を落としてから恩賞なんてもらっても意味ないねん。今すぐ昇殿したいねんと訴え、以外にも後白河帝は「おもしろい」と。信西には「戦場で父と子が相いまみえても命をかけられるか?」と聞かれ、当たり前やんと言うことで、あっさり昇殿を許しちゃいましたよ。そんな義朝の行動に思わず戸惑う清盛…。


そしてそんな中で、藤原忠実は宇治の館にて待機。忠通・頼長のどちらにもつかず、事の成り行きを待つ事に。
蛍が飛んでいるんだけどサンディが思わず「ビックリした!ゴキブリかと思った」って「何でゴキブリが緑色してるねんな~。んな訳ないやん」なんてコボケをかまされましたが…(汗)

PDVD_026_20120531104736.jpg


あまりの息子たちの出来のよさが災いとなって、気が付けば、どちらも父の思うようにはならず、藤原摂関家の栄華を取り戻すどころか、戦になってしまって、なんともトホホな忠実父。摂関家を守る為に、出来ることは我関せずというように、自ら貝のように口をつぐむ事をチョイス。

美福門院様は守仁親王と洛外に避難中。
崇徳上皇側では頼長がどう戦いを進めて行くのがいいか、まずは武士たちの意見をきくことに。
為朝が意気揚々と「夜討ち」を提案。為義が止めるけど、頼長とりあえず為朝の作戦を聞いてみる。
戦に馴れている為朝は、一番効果的な戦術は「夜討ち」だと。

そして同時期、義朝もやはり「夜討ち」を提案しております。
思わず、「どんどん引き引き、ど~ん引き、どんどん引き引き"ハッ!"」な貴族の皆々様方。

【源義朝VS源為朝 夜討ち作戦プレゼンの巻】

008_20120531105103.jpg


【義朝案】
戦において肝心なのは敵の虚を突く事。
【為朝案】夜の明けぬうちに為朝一党が敵陣へ突き入る。兄・義朝が応戦してくるだろうが、自分の矢で首を射抜く。その間に、帝は逃げるだろうから自分が輿に向かって矢を放つことで従者たちが輿を捨てて逃亡して行く隙を見て、御所に連れて行き、帝の座から引きずりおろし、上皇様に復位してもらうと言う計画。

帝サイドは、関白忠通がどん引きして「おぞましい」なんぞ言っておりますが、忠通さんの言ってる表情のほうがおぞましいっす(笑)義朝が「それが戦じゃ」と一喝。清盛は義朝の話を聞いているしかないという感じです。

義朝・為朝どちらも「さぁ!」と詰め寄っておりますが…

PDVD_058_20120531105645.jpg 


この時の崇徳上皇の表情がなんだか薄笑っているように見えます。と言うか、上皇は為朝のこの戦法は「ひょっとしてこれだと勝てるんじゃないか?」なんて頭の中で考えていたのかなぁ~と言うちょっと希望を感じられる表情に見えましたが…。

そしてここから、頼長と信西が、それぞれ同じように「孫子の兵法」からの引用をするんだけど、同じ言葉の解釈が相反してる様子がたまらなく面白いです。

まず、頼長は為朝の夜討ち作戦を拒否ります。
夜討ちは田舎もんが少人数でやる卑怯な行為、そんな事を今回の戦いでするなんて絶対ダメ!認めない。だって、この戦いはそこらへんの小競り合いじゃなく、上皇様と帝との戦なんだからって。
思わず為朝も頼長の話に「なに言ってんだかさっぱり分からん!」です(笑)

【藤原頼長VS信西『孫子の兵法』解釈の違い】

009_20120531110047.jpg


「夜呼ぶものは恐るるなり」

【頼長】夜に兵を呼び合うは臆病の証。でも孫子から学ばなくても夜討ちは卑怯な行為なのだ!
【信西】夜通しこうしてああだこうだと論じていることは臆病者のすることと自分は解釈したい。

こちらの解釈はとても難しいですね。信西はかなり斬新な解釈を展開している感じに見えるけれど、全く的外れでもないような気がします。頼長はどちらかと言うと、夜討ちは卑怯な行為と言う自論を展開している事が問題ですね。孫子は別に、夜討ちを卑怯な行為とは言ってないはず。あくまで貴族としてそして頼長自身の性格による解釈として夜討ちは認められないという感じだと思います。
この「夜呼ぶもの」の意味には、夜呼ぶものと言うのは上官が上手く兵士を統率出来ていないと言う結果らしいのでその辺も上皇サイドのまとまりのなさを暗示しているように感じます。

「利に合えば而ち動き、利に合わざれば而ち止まる。」

【頼長】自分たちは今兵力では相手に劣っている。そんな状態で攻めることは利に合わない。だから大和(奈良)からの援軍が車で待つ事が得策。
【信西】たとえ夜明けを待ったとしても、時間を無駄にする事を孫子は良しとしないはず。だったら今すぐにでも行動にうつす事!

「利に合えば~」に関しては頼長の解釈はそのとおりなんだろうけど、でも兵が少ないからこそ為朝の作戦は効果的であって利に合っているともいえるんじゃないかと思うんですけど。

信西の解釈もいいんじゃないかと思います。こうして言葉だけ無駄に浪費して時間を過ごしているより、一刻も早く、どちらが行動を先に起こせるかで勝敗が決まると思うから。

結果的に頼長は拒否し、信西はそれを認める。
既にこれで勝敗は決まったも同然。

この2人のやり取りの時のBGMがこれまた対照的と申しましょうか…(笑)

010_20120531110745.jpg


そしてこの時の双方の武士たちの表情…特に上皇方、頼長は自論が採用されて満足な表情なんだけどそれを押し切られた上皇様はもう仕方なく「左大臣の申すに従え」あぁ、哀れ…そしてその他武士の皆々様方もかなりの落胆振り…。

一方、帝方。どん引きな顔の忠道様ですが頼朝・信西の後押しで「だったら早くやってこい」とGO!サインが出ました。

張り切る義朝。そして義朝と清盛は信西に出陣の準備前の挨拶。
ここで信西、義朝を褒めちぎる、そして作戦が上手くいって無事に帰ってきたら、昇殿意外にも恩賞を与えよう、なんて言うもんだから、義朝俄然張り切って意気揚々と出陣の準備をしにいきましたが、信西に都の武士はひょろいと言われたあげく「安芸守も早う行け」と言われプライド傷つけられ、俄然闘志が沸いてきたのか(それが信西の作戦だったりするわけでですね)自分たちはつわもの揃いなんだから活躍したらそれ相応の恩賞が欲しいと言って出陣の準備にいきました。

そんな信西を隣で見ていた師光

PDVD_100_20120531110947.jpg


「殿もお人が悪い。あれでは少しばかり下野守が気の毒にござります。」
「はて、なんのことやら?」

あれ?ちょっと待って?下野守じゃなくて安芸守じゃないの?言い間違いじゃないの?と思ったんですが、ノベライズでも安芸守になっていたのにOAでは下野守になってる?

と言うことは、信西の中では義朝はあくまでも、清盛を戦に参加させる為に、わざと義朝を必要以上に誉めそやして、清盛がそれに乗ってくる為に仕組んだということ?となると、既にこの時から、次の平治の乱の伏線が張られているわけですよね~凄い…。となると確かにそんだけおだてられた義朝がかわいそうな気がします。

清盛たちは北門と南門を攻める予定。要は鎮西八郎ガンダム・為朝がいるだろうと思われる南門。しかし敵はかなりのつわもの。教盛は源氏同士で戦わせておけば良いというけどそれでは自分たちの功績にならないからと却下。そこで伊藤忠清兄弟・家貞・そして重盛・基盛もそちらに参加。

011_20120531111339.jpg


そして、清盛や経盛・教盛たちは北門を攻める事になるが、そんな中で、頼盛も南門に加えて欲しいと願い出るが、清盛は頼盛の参加を拒否る。納得いかない頼盛に清盛は、初めから弱気を抱えた人間が加わればそこにつく兵士たちは無駄に命を落とすことになるだろう。そんな人間を入れるわけには行かないから、この場からさっさと立ち去れと厳しく言い放つ。

あぁ、頼盛の屈辱…みんなの前で、あんな風に言われちゃ、清盛のこと恨みたくもなるんだろうね。それでなくても、元々、清盛に対して良い印象を持ってないだけに。でも、みんなの前で、あえて厳しいことを言い放つ清盛の思いはきっと、父上と母上の血を受け継ぐ者を残しておくことでもしも、自分の身に何かあった時に、自分の代わりになる人間がいれば、平氏の家門は守られる。それは頼盛しかいないという思いからなんじゃないかと思った。心を鬼にして、頼盛に辛い仕打ちをした清盛の気持ち、まだ頼盛には分かるはずないですね。

本当に、西島さん頼盛としていろんな表情を見せてくれますね。このなんともいえない表情流石ですね。


PDVD_122_20120531111450.jpg


義朝たちのもとにも正清の義父・長田忠致が加勢に来てくれましたが、実はこの方、その後、平治の乱において逃げた義朝・正清を裏切り死に至らしめる張本人なんですよね。

そして準備も整い、いよいよ出発前、帝が武士の士気を高める為に直々来てくれましたが、またこの戦いの趣旨を赤裸々に話しております。今回のことは全て白河院の時代から始まったこと。これをとどめられるのは武士しかいない。武士の力を持って白河北殿を落す事が新しい世の始まりになると。

いよいよ牛の刻(午前4時ごろ)「夜討ち作戦」の為にそれぞれ出陣しますよ~
そんな様子を見ようと鬼若。

緊張感のない上皇サイドに、帝サイドが「夜討ち」をしてきたと報告。周囲は俄然慌しく防衛準備。
頼長はご立腹。上皇様はあわわ・あわわな状態。
為義は部下たちに落ち着いて行動するように支持しております。
通清は為義に上皇様たちを守ってくださいと

「お子同士が戦う姿などご覧になるものではござりませぬ。通清の志は殿を守り抜く事。それは御身のみならず、お心もまたしかりにござります。」

といって為義を残し去って行く。

まずは義朝たち源氏が賀茂川で敵と相対する事になる。立ちはだかる敵方は義朝の弟・四郎義賢。
何か息巻いておりますな~。

012_20120531112225.jpg


「その友切をひっ提げてぬけぬけと…。よう我らの前に出られましたな。弟殺しに父上への不幸。源氏の面汚しとはそなたの事じゃ!」

といい終わる前に先手は義朝が弓を放つ。もうこちらは即効、肉弾戦に。

そんな中で洛外に避難している義朝の2人の妻たちは、勝利を願って祈りを捧げる。
この時、由良は義朝の武運を祈ろうと(勝利を信じて祈る)言う言葉に、常盤は由良に自分は殿の無事だけを願っていた(勝利よりも無事に帰ってくることだけを祈る)。そんな素直な常盤の義朝に対する思いを由良は

PDVD_164_20120531112928.jpg


「常盤殿。なんとかわいらしくて、健気なお方。殿がそなたなしでは生きてゆけぬ事が、ようわかります。」

清盛一行も白河北殿に無事到着。
南門にはやはりガンダム・為朝が待ち構えております。
まずは忠清が名乗りを上げますが、ガンダム為朝、忠清のことも「小耳にも挟んだ事がないわ」ってつれない返事。そして自分がいる限りここは通さないと。まずは忠清の弟・忠直が弓で勝負を挑むが

「我が為朝の矢を馳走せん!」

013_20120531113553.jpg


為朝の強烈な矢が忠直の体に一撃貫通で即死…と言うかもう見た目の弓の太さからして全然太刀打ちできませんよね。
忠清も目の前であっという間に弟が為朝にやられてショック!そして基盛も重盛も初めて目の前で戦で死んだ人を目の当たりにショック!

北門の清盛たち。門が開いて出てきたのは叔父・忠正。
自分たちの目的は上皇様と左大臣様を捕らえること。無駄な血を流したくないから速やかに門を開けよと忠告するも、忠正、その答えだと言わんばかりに清盛に向けて矢を放つ。

心配する時子。盛国が安心しろと言うけれど、それが心配だと。
もし2人が相対するならまことのもののふとして精一杯全力で戦うだろう。

014_20120531114600.jpg


「この戦いは、武士の世への道。殿も忠正さまも、この険しき道を進む為に修練を積んでこられたのです。
戦場で剣を振るい矢を射る事は、武士にとって生きる道そのもの。お二人だけではござりませぬ。平氏も源氏もなく…この戦に馳せ参じた千を超えるもののふたちが、今宵その命を燃やすことでしょう。」

弓矢で戦う2人だが、この時の2人の嬉しそうな表情。そして忠正の矢がなくなり清盛も最後の矢を捨て、剣での戦いに突入。兎丸たちはこの武士の戦いに半ば呆れてる?そして鴨川でも、義朝たちが攻防を繰り広げております。

PDVD_227_20120531115431.jpg


池禅尼も祈りを捧げていると、突然、頼盛が戻ってきたので驚くが、頼長はいたたまれない気持ちを母にぶつける。「清盛の兄上が憎い」と言う言葉を聞くが、池禅尼は清盛の頼盛や忠正、そして自分に対する思いを痛いほど感じたようです。 

北門の2人の勝負、なかなかつきません。途中、忠正の刀が折れるハプニングがあれど、息子たちがすぐ違う刀を投げそれで応戦。しかし兎丸などにしてみれば、何も出来ず、ただ見てるだけと言うのが不服でおもわず

PDVD_362_20120531120041.jpg 


「おいこら!ええ加減にせえ!いつまでこんなことやっとんねん!ええから門ぶち破らんかい!」

教盛に黙って見とけといわれる始末だけど、虫が治まらん訳です。

「あほちゃうか?やってられるか!行くぞ!」と言ってまるで戦の緊張感もなく仲間の郎党たちとどこかへ行ってしまいます。確かに海賊をしていたくらいですからね。彼らから見たら茶番に見えたかもね。そんな所に南門にいるはずの家貞が清盛のもとへ。南門での戦況を伝える。

功を焦ったなと忠正に言われる清盛。

PDVD_242_20120531120314.jpg


「それで亡き兄上の志を継いだつもりとは、片腹痛い!清盛よ。平氏の、血を引かぬ、平氏の棟梁よ。頼盛を孤立させるためだけではない。わしは最後の最後で信じきれなんだのだ。その…その身に流れるもののけの血を!」

もののけの血=NGワードだちゅーの。ってわざと言ってんだけどさ。(多分) 

「俺はもののふぞ!平氏の棟梁ぞ!勝ってみせまする。この戦にも、もののけの血にも!俺は…平清盛ぞ!」

忠直の戦死を聞いて少し動揺した清盛を奮起させる為に(多分)わざと忠正は清盛が言われたくない事を言って鼓舞させるとは…(と私は解釈した)

そしてそれが合図となってかいよいよ肉弾戦開始!

義朝の方も苦戦している様だが突然、何処からか敵方に向けて矢が飛んで来て、知らない兵士たちが自分たちの味方についてビックリ!摂津源氏の源頼政が加勢に到着。(同じ源氏でも義朝たちの親戚などではありません)

正清は劣勢な南門の為朝の下に向かう。
正清が名乗りを上げる。それを聞いて為朝、代々の郎党じゃないかと一瞬驚くけど、この時の「鎌田正清、見参!」の言い方カッコイイと思いません?

為朝に向けて正清の矢が躊躇なく飛ぶ。ちょっと感心する為朝。そして為朝の矢も正清目がけて飛んできたがそれを寸前で阻止したのが父・通清。為朝も正清も吃驚!自分の身を盾にして敵方の息子を守った(T0T)OMG!


015_20120531121801.jpg


気丈な振りをする通清。「武士の風上にも置けぬことをしてしもうたわ。断じて…この父を見習うではないぞ」そういいながら、瀕死の状態のまま為義のもとへ。

そして頼長は鸚鵡を持ってオロオロするばかり。
フラフラになりながら通清は為義にそれぞれの戦況を報告。劣勢をものともせず、それぞれ皆頑張っている。為朝、そして加茂の河原では頼賢と義朝もいずれ劣らぬ戦いぶりを見せている。為義の子供たちは皆立派なもののふに育っている源氏の世はもうすぐだと報告直後そのまま息絶える通清。

それを見てまたもびびりまくりぶーな頼長。
通清を亡くした為義は、怒りで自ら戦いの場に向かう。それを見た頼長は、何処に行く、自分を守れと為義に命令するが、反対に「戦を知らない者は耳をふさいで時が過ぎるのを静かに待っておれ!」と一喝され、取り残されちゃいました。トホホ~。

そして南門に到着した義朝に向かって「通清が死んだ!」といい義朝に襲い掛かる為義。
デモ、通清は為朝の矢で死んだんですけどぉ~(ー3ー;)

PDVD_296_20120531122156.jpg


本当なら為義なんて一刀両断で殺せるはずの義朝なんだけど、父の怒りをひたすら受け止めようとするのがなんとも切ないけど、忠正と清盛同様何だか良いシーンです。
為朝の矢の応戦もあり、ひとまず義朝たちは兵を引く事に。そして高松殿の信西の所に、正清が火攻めの許可を貰いに行く。

PDVD_304.jpg

そして北門では兎丸たちが丸太で門を無理やりあけようと強行突撃。
信西は即刻火攻め攻撃をしろと言い早速、南門では火攻めの為の矢が放たれ、北門では兎丸たちが門をこじ開け、楽しそうに敵兵を斬りまくっております(笑)忠正は上皇様をお守りする為に屋敷内へ。そして清盛も忠正を追いかけるが…

火攻めの為、慌てて逃げようとする頼長なんだけど、必死で鸚鵡の篭を抱えて逃げようとして、思わず滑り落ちて、思いっきり無様にずっこけちゃいました。そして逃げる崇徳に「信じた朕が…愚かであった」吐き捨てられ、挙句、鸚鵡にも昔、信西に言われた「ヨリナガサマノサイハ、ココンワカンニヒルイナキモノ…」今一番聞きたくない言葉を言われ思わず鳥かごを投げ捨て逃げて行ちゃいました。鸚鵡ちゃん…可愛過ぎます。

016_20120531123034.jpg


信西は帝に戦況報告。言葉はなけれど、2人のあのほくそ笑んだ表情が勝敗を如実に物語っていますね。

火の中、為義はギリギリのところで鬼若に助けられ、清盛は必死で忠正の姿を探す。
忠清に諌められ仕方なくその場を離れようとする清盛。

PDVD_347_20120531123220.jpg


そして、今、燃えさかっているこの場所こそ、母が死んだ場所であり、かつて、若かりし頃、白河院に母の事を聞かされた場所。燃え朽ちて行く姿を見ながら、本当に白河院のもののけの血から開放されるのか、それとも眠っていたもののけの血が目覚めるのか…清盛。

サンディが大鎧を見てしみじみと「日本の鎧はほんまシュールやなぁ」。
私も今回初めてこの時代の鎧などの事を今までよりも色々知る事がで来て改めてへぇ~と思うことが多々ありました。

今、中国時代劇・韓国時代劇も見ているので(まぁ、韓国の鎧は何処まで史実なのか分かりませんけど)見てて本当に何気ない部分にも色んな戦うための細かい事がされているんだなと思いました。

次回は逃亡者たちそして勝者たちがどうなるのかまだまだ目が離せませんよ~。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .