FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『常盤御前』語録
『常盤御前』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_015_20120428134814.jpg

(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)
【第43回】

PDVD_118_20150129101444b10.jpg


「お久しゅうござります。母上。」
「遮那王、にわかに何事じゃ?そなたが一向、得度をせぬと、僧都様から伺うておる。」

PDVD_119_201501291014424a4.jpg

「おお!ありがたい。覚えておられたか。アハハ今は、弁慶と名乗る。」
「何故、そなたが遮那王と?」

PDVD_120_20150129101928649.jpg


「私はいつの日か、亡き父に代わって、平家を倒す所存。」
「何を…何を世迷言を?いかなる事情であったとしても、そなたの父代わりとなって育てて下さったお方。そのご恩を忘れて刃を向けようなどと、ゆめゆめ思うてはならぬ。」

PDVD_121_201501291019287ad.jpg


「母は、許しませぬ。」
「お許しを頂きに参ったのではござりませぬ。お別れを申しに参りました。遮那王は親不幸者にござります。」

PDVD_122_201501291025549e1.jpg


「遮那王!」
「わしが現れたばかりに、すまぬな。されど、わしと遮那王、いや、牛若が再び会うたは、これはただの縁ではあるまい。定めじゃ。」

PDVD_123_20150129102555a99.jpg 


「定め?」
「さよう。あの平治の戦で背負うた、定めなのじゃ。わしも、牛若も。そなたも。」

PDVD_124_20150129102553a12.jpg


「そなたの父、義朝様より一字頂戴しました。本日より義経と名乗るがよい。義経…強き源氏の武者となりなさい。」
【第36回】

PDVD_266_20121014125204.jpg


「鞍馬寺の僧都様じゃ。ご挨拶せよ。」
「牛若と申します。」

PDVD_003_20121014125323.jpg


「せんだって言うたとおり、年が明けたら、僧都様のもとで修行をし、いずれ僧侶となるのじゃ。よいな?」
「はい、母上。」

PDVD_008_20121014125458.jpg


「私のつとめは、生きて子らの命を守ること。まことの事を知れば、牛若はいずれ、きっと命を落すことになるでしょう。」
【第34回】

PDVD_067_20121003105422.jpg


「相国清盛様が…病篤いそうじゃ。」
「えっ?父上が?」

PDVD_071_20121003105656.jpg  


「牛若。清盛様は…。そなたの父ではない。そなたの父は…まことの父は…。」

PDVD_194_20121003105708.jpg


「牛若。そなた、年明けたら鞍馬へ参れ。寺に入るのじゃ。そなたには、心安らかに生きてもらいたい。憎しみとも、悲しみとも無縁に。」
【第33回】

PDVD_098_20120921142928.jpg


「早うお会いしとうござります!」
「牛若!申し訳ござりませぬ。今日が五十の賀の宴とこの子が聞きつけ、何としても、清盛様にお祝い申し上げたいと…」

PDVD_101_20120921143003.jpg
 


「はい。されど、この子が五つの年まで清盛様にお世話いただいておりましたゆえ、実の父は、清盛様だと思いこんで…」

PDVD_227_20120921143100.jpg


「はいはい。」
「まことにござりますよ」
【第28回】

PDVD_114_20120719210150.jpg


「牛若。牛若。」

PDVD_121_20120719210352.jpg


「鬼若殿。私は子らを連れて都へ戻り、六波羅に参ります。こうして無事、牛若を産む事が出来たは、そなたがかくまってくれたゆえ。かたじけのう思うております。それゆえにこそ、私は何としても今若、乙若、そして牛若の命を守りたい。」

PDVD_127_20120719210426.jpg


「私は賭けてみとうござります。清盛様の、お慈悲に。」

PDVD_182_20120719210709.jpg


「わが身はどうなっても構いませぬ。どうかこの子らの命をお助け頂けますよう、何とぞ…何とぞ!」

PDVD_184_20120719210835.jpg


「その乳飲み子は?」
「暮れに生まれたばかりの、牛若にござります。」
「暮れ…」

PDVD_248_20120719210942.jpg


「これは…清盛様。」

PDVD_252_20120719211058.jpg


「はい。」

PDVD_255_20120719211134.jpg


「もとより、その覚悟にござります。常盤は源義朝の妻にござります。」
【第27回】

PDVD_119_20120712125919.jpg


「申し訳ござりませぬ。お知らせするつもりはござりませなんだものを…。されど、お伺いせずにはおられませんでした。何故、かような大それたことを…。」

PDVD_206_20120712125958.jpg


「殿。」
「近寄るな!そなたは本日これより、我が妻にあらずと心得よ。」

PDVD_211_20120712130131.jpg


「きっと、勝って下さりませ。そして…この子を抱いてやって下さりませ。常盤はずっと、あなた様だけの妻にござります。」

PDVD_358.jpg


「牛若と名づけよ。」
「牛若。」

PDVD_357_20120712130328.jpg


「無礼者!近寄るでない!」
【第25回】

PDVD_134_20120627225504.jpg


「誇り高きお方。母が心より敬っておったお方じゃ。」

PDVD_163_20120627225557.jpg


「もう、ここへはお渡りにならないで下さりませ。殿はおつらき時ほど、私の元へおいでになる。私はもう、殿の逃げ場にはなりとうござりませぬ。」

PDVD_166_20120627225638.jpg


「分からぬか?由良様を失われたお悲しみは、決して、ここでは癒やせぬ。」
【第23回】
PDVD_333_20120613100558.jpg


「さような事は…」
【第22回】

PDVD_122_20120608105000.jpg


「母上。由良様は大きなお方にござります。まこと、ご正妻の器をお持ちのお方。私など、足元にも及びませぬ。」
【第21回】

PDVD_162_20120607224852.jpg


「私は…殿のご無事ばかりを祈っておりました。」
【第20回】
PDVD_262_20120527151104.jpg


「殿は、お父上やご兄弟、それに正清とまでも敵味方となって戦うと、伺うておりまする。それでよいのでござりまするか?掛け替えのない、あなた様のお身内ではござりませぬか。」
【第19回】

PDVD_100_20120516141408.jpg


「今若も乙若もいずれ太刀を振るうようになるのでしょうか?」
【第17回】

PDVD_158_20120508121448.jpg


「お久しゅうございます。その節は…」
【第16回】

PDVD_014_20120428134924.jpg


「お父上と、けんかなさったのですね。(笑)恋しがっておいででしたもの、義朝様は。お父上の事を。まことはお父上のお役に立ちたいと、望んでおいででしたもの。」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .