感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『平基盛』語録
清盛と明子の間に生まれた次男『平基盛』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_030_20120622133538.jpg   
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

【第30回】

PDVD_020_20120801160353.jpg


「腰を引くな。腰を引くな。そのままじゃ。そう。射よ。」

PDVD_021_20120801160445.jpg


「基盛。まださような姿でおったのか?早う着替えよ。」
「私は結構にござります。」

PDVD_313_20120801160529.jpg


「何と?」
「御所は何とも窮屈でかないませぬ。兄上にお任せ致します。」

PDVD_024_20120801160626.jpg


「平家の男子がさような事で何とする?」
「弟たちの世話をするが性に合うておるのです。」

PDVD_028_20120801160751.jpg


「(笑)食うてまいれ。」
「はい。」

PDVD_315.jpg


「何を?」

PDVD_037_20120801161107.jpg


「さような事、出来るのでござりますか?」

PDVD_055_20120801161247.jpg


「父上!まこと、申し訳ござりませぬ!」

PDVD_057_20120801161352.jpg


「えっ?」

PDVD_061_20120801161548.jpg


「父上のお言葉、肝に銘じて、一層務めます!」
「うむ。」

PDVD_317_20120801161907.jpg


「父上。母上。」

PDVD_076_20120801162000.jpg


「恐れ多き事にて。今参る。これより高野山に参ります。」

PDVD_080_20120801162104.jpg


「落成の暁には、一大法要を執り行いたくその手配に。」

PDVD_082_20120801162233.jpg


「それでは父上、母上、行って参ります。」
「うむ。」
【第29回】

PDVD_156_20120727160706.jpg


「何がいけないのでござりますか?上皇様の妃となれるなら、一門にとって損はござりませぬ。いや、むしろ利のある事…。」
【第28回】

PDVD_065_20120719161314.jpg


「父上おめでとうございます。」
 

PDVD_091_20120719155228.jpg


「兄・義平と同じく斬首…ということにござりますか。」
「致し方ありますまい。」
「では、叔父上がお斬りになりますか?」
「それは御免こうむる。」

PDVD_189_20120719161512.jpg


「母上が怖いのですか?」

PDVD_258_20120719161709.jpg


「佐殿、出立の刻限にござります。」

PDVD_265_20120719161804.jpg


「では。」
【第27回】

PDVD_005_20120712115749.jpg


「父上のこと、さぞやお怒りでございましょう。」

PDVD_093_20120712115829.jpg


「父上、おいでになりました。」
【第24回】

PDVD_021_20120622133629.jpg


「おめでとうござりまする兄上。」

PDVD_413.jpg


「兄上。いかがなされました?」

PDVD_265_20120622134010.jpg


「義姉上。弟の基盛にござります。よろず固き兄にござりまするが、どうぞよろしゅうお頼み申しまする。ほれ!またさように硬うなられて。」

【第22回】

PDVD_089_20120608110653.jpg


「申し訳ござりませぬが、私はこれにて、ご無礼つかまつりまする。いささか疲れただけじゃ。」

PDVD_298.jpg


「母上もでござりますか?」
【第21回】

PDVD_107_20120607221429.jpg


「よいのですか?」

【第20回】

PDVD_030_20120527231229.jpg


「兄上と私には初陣にござりまするな。」
【第19回】

PDVD_125_20120515122939.jpg


「そんな事はこの際…」
【第18回】

PDVD_116_20120515123122.jpg


「早う決めましょう。もう眠うござりまする。」
【第17回】

PDVD_045.jpg


「当たった、当たった!(笑)」

PDVD_119_20120508161224.jpg


「フッフッフ~(笑)棟梁は歌が詠めず、妻は琵琶が弾けずでは、お話になりませぬな。」
「まこと(笑)」

PDVD_227_20120508161316.jpg


「書は不得手じゃ。やっても上達などせぬ!」

PDVD_339_20120508161407.jpg


「その話しをしたところ、清三郎も聴きたいと。」

PDVD_412.jpg


「父上に申し上げておきまする!基盛も私も、母上がおればこそ、恋しき実の母を亡くしてからもずっと、健やかに生きてまいりました!」
「さよう!いずれも、我らの大事な母上です!」
「母上を傷つけるような事を申さば、父上といえども許しませぬ!」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .