感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『藤原成親』語録
藤原家成の嫡男、二度も清盛を裏切る男『藤原成親』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_329.jpg
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)
【第43回】

PDVD_107_20150127163408e13.jpg


「西光殿は?西光殿は何処におわします?」
「信西入道のもとへ、旅立たれましてござります。」

PDVD_108_2015012716340971a.jpg


「何故かような事をなさりました?」
「あちらへ擦り寄り、こちらへ擦り寄り。決して落ちぶれぬ事が、私の生きる事と思うておりました。されど、平家の世となり、秩序が乱され、気が付けば、院の近臣たる私や西光殿が、平家の犬に化しておりました。」

PDVD_109_201501271634082ab.jpg


「さように一生を終える事は、面白うないと思うた。似合わぬ事をしてこのざまです。」
【第42回】

PDVD_067_201501151423229ff.jpg


「これは?」
「宇治布30反でござります。これにて、あまたの白旗を作る所存。」
「白旗?」
「さよう。源氏の旗にござります。源氏はかつて、平家と並ぶ武家の名門。そして、行綱殿、そなたとて源氏の一党。」

PDVD_068_201501151423223e5.jpg


「おや、瓶子が倒れましたぞ。」

 
PDVD_069_20150115143336d8e.jpg


「申し上げます。山法師どもが、明雲を奪い返したとの事にござります」
「ここまでは、法皇様の読みどおり。お見事にござります。」
「この後も、手はずどおりに進めよ。」

 
PDVD_070_20150115143120369.jpg


「我が妹、経子が?何故今?」
「事が露見したのではござりますまいな。」

PDVD_071_201501151431210f5.jpg


「何用とは情けない。今日5月29日は我らが父・家成様のご命日ではござりませぬか。今なら、入道様も都におられますゆえ、近く盛大に法要を執り行ってはどうかと、我が夫・重盛も申しております。」
「ああ、さような事であったか。」

PDVD_072_20150115143122a6e.jpg


「しかし、まさかかような仕儀になるとは…我ら、親不幸者にござりますな。」
「あの頃は世はのどかであったという事じゃ。野良犬の声なんぞに耳を傾けたがために…。きっと首をとってやる。」
【第41回】

PDVD_056_201407031047513fd.jpg


「我ら平家の忠義は、天地神明に懸けて、変わりござりませぬ。我が弟、左近衛中将知盛にござります。」
「無論、存じておりますよ。大層武勇に優れ、入道殿の信も厚いとか。」

PDVD_057_2014070310475306f.jpg


「叡山よりの強訴の件、お聞き及びですね?」
「はっ。」
「直ちに内裏を守り固め、山法師どもを退けよと法皇様よりの仰せ。」
「承知つかまつりました。」

PDVD_058_201407031050547e3.jpg


「そなたは?」
「多田蔵人行綱と申します。」
「と言う事は、源氏の武者か。」

PDVD_059_20140703105056574.jpg


「あの矢は、重盛の郎党が射たというは、まことか?」
「はい、まこと。」 

PDVD_060_20140703105054a66.jpg


「面白うないのう。」

【第40回】

PDVD_079_20140516155114466.jpg


「これは、成親様。」
「重盛殿。此度はご昇進、おめでとうござります。」
「ありがとうござります。」
「右近衛大将と言えば、かつての中納言・信頼様が欲し、それがために、戦にまでなった官職。それがこうして我が義弟の手に入り、感慨深うござります。」

PDVD_080_201405161552407d6.jpg


「相撲人の控えの座は、左はここ、右はこことする。」
「西光殿、ご精が出ますな。相撲節会ですか。懐かしゅうござりますな。」

PDVD_081_20140516155239ce2.jpg


「あのころとは、何もかも違うておるわ。」
「何より違うは、平家のありよう。やはり、西光殿も。実は、私もいささか、面白うない事がござりましてな。」

PDVD_082_2014051615545748c.jpg


「どう転んでも、おのれの身は安泰。…ではござりませなんだか?」
「我が身がないがしろになるとなれば、話は別。」

PDVD_083_20140516155639ece.jpg


「私が酌を致さねば飲めぬか?」
「いやいやいやいや。めっそうもない事にございます。」
【第39回】

PDVD_124_20140428142931925.jpg


「この贈り物、実に無礼千万。」
「おそれながら、何が無礼なのでござりましょう?」

PDVD_125_20140428142931da3.jpg


「かような無礼なもの送り返すべし。」
「…といった次第にござりました。」

PDVD_126_20140428142932490.jpg


「されど、たかだか州の長如きの贈り物、法皇様の御名でなさるというのは、屈辱にござります。」
「清盛入道に返書を作らせてはいかがでしょう?交易の取り次ぎをしておるは入道。それならば、先方との釣り合いもとれ、公卿方もとやかく言いますまい。」
【第38回】

PDVD_302_20140121100533d8f.jpg


「国を一つ、食べましてござります。」
「ほぅ~、それは大きい。ではわしの番じゃ。」
「はぁ~。参りました。」

PDVD_304_20140121100535982.jpg


「もう沢山じゃ!これ以上相国入道に力を持たせてはならぬ!」
「誰よりもそう思うておいでなのは、法曹様でござりましょう。法曹様と入道様は、持ちつ持たれつ。食うか食われるかでやってこられましたゆえ。」
 

PDVD_305_2014012110053678e.jpg


「では、入内はないと考えてよいか?」
「さてそれは…。ご寵愛の后、建春門院様は平家の女性ですゆえ。」

PDVD_306_201401211005379b6.jpg


「此度の噂、清盛入道が娘の入内を申し入れた事への宮中の不満のあらわれにござりましょう。ひとまず入内は見送るべきと存じます。」
「それでは公卿の思うつぼですぞ。」
【第37回】
PDVD_071_20121030141531.jpg


「面白や。会うてみたい。」
「なりませぬ!治天の君が宋人にじかに会われるなど異例の事。」

【第36回】

PDVD_028_20121016092422.jpg


「西光殿は相変わらず、信西殿・信西殿、ですな。」

PDVD_030_20121016092517.jpg


「何か、障りでもありましょうか?」
「さような事は言うておりませぬ。」

PDVD_032_20121016092645.jpg


「だが、都を留守にするは賭けじゃ。おのれ不在の六波羅を、一体どう率いるつもりなのか…。」
「義弟と、酒でも飲みとうなりました。」

PDVD_034_20121016093135.jpg


「ほう、棟梁になられましたか。ハハッ(笑)それはめでたい、さぁ。」
「ありがとうぞんじます。」

PDVD_035_20121016093309.jpg


「如何なされた?思う事あれば何でも言うて下され。我ら、義理とはいえ、兄弟ではござらぬか。」

PDVD_036_20121016093512.jpg


「私に…つとまるでしょうか?」
「何を言うておられる?無論ではないか。」

PDVD_041_20121016093613.jpg


「私は、母・時子の、実の子ではござりませぬ。母の産んだ弟・宗盛こそが棟梁となるべき。そう思う者もおりましょう。」
「ほぅ、オホホホッ(笑)さような事を気に病んでおったのでござりますか。血筋だけが棟梁の器を決めるのではない事は、清盛入道様が身をもって証し立てなされた。そなたは、その清盛様のご兄弟の誰よりも長く、時を過ごしてこられてお人。何も案ずる事はござりませぬ。」


PDVD_298_20121016093720.jpg


「まこと…そう思われまするか?」
「いかにも。さにあらずば、何故大事な妹・経子を、そなたの妻にさせましょう。ふふふっ(笑)おぉ(酒を酌してもらう成親)」

PDVD_045_20121016093855.jpg


「小物が…」

PDVD_100_20121016094155.jpg


「さような…私は何も…。」
「検非違使別当。」

PDVD_299_20121016094446.jpg


「ありがとうござりまする…」

PDVD_129_20121016094740.jpg


「ご案じなされますな。断じて流罪になどさせませぬ。お下知あらば、すぐさま内裏を攻め、山法師どもを山へ帰らせますゆえ。」
「我が義弟よ。なんとも頼もしい。」

PDVD_300_20121016094940.jpg


「重盛殿。この兵は何事ぞ?よもや再び私を見捨て、比叡山に加担するつもりではあるまいな!?義弟よ。」

PDVD_239_20121016095043.jpg


「比叡山じゃと?」
「一体何用があって?」
「な~に、ただの山登りじゃ。毎日海ばかり眺めておっても、飽きるゆえのう。」
【第35回】

PDVD_083_20121011113436.jpg


「御年5つの帝から、8つの東宮に譲位なさると?」
「さよう。」

PDVD_240_20121011113613.jpg 


「せんだっての、滋子様の台始めの入内。大宰大弐頼盛が、ろくに仕えなんだはいかなる事かと。」
「面目次第もござりませぬ。」
【第34回】

PDVD_222_20121003133605.jpg


「それゆえにこそ熊野詣でに参るのです。きっとすぐによくなりましょう。」

PDVD_074_20121003133714.jpg


「西光殿、清盛様は人臣を極められたお方ですぞ。」
「どこまでのぼろうと、心根までは変わらぬ。無頼の高平太ごときに、亡き我が主、信西のような志高き政ができるとは到底思えぬ。」

PDVD_079_20121003133816.jpg


「志などなくとも、政はできましょう。政に何より欠かせぬは財力。今や清盛様は、国を動かす器をお持ちといわざるをえますまい。今、死なれては、何の為に我が妹を重盛様の妻としたか分かりませぬ。」
【第33回】

PDVD_029_20120921140646.jpg


「まこと。雨露がまた、滋子様のお美しさを一層際立たせておりましたな。かの国の王が酒を飲み、酔うた姿を舞われるとは。」

PDVD_230_20120921140806.jpg


「さようなことが、都ではまことしやかにささやかれておりまする。その舞、まさに王者の風格であったとか。」
【第32回】

PDVD_020_20120919135409.jpg


「やはり、万事先例が大事な朝廷では、清盛様も大納言になられたとはいえ、そうやすやすと政には関わらせてもらえぬ様子。されど摂政基実様が強い後ろ盾となっている以上、力は削がれませぬ。いま少し、こちらから歩み寄られてみては?」

PDVD_041_20120919135504.jpg


「摂政様には熱心に尽くし、上皇様には、こうして貢ぎ物だけというのは、あまりにもあからさまでは?」
【第31回】

PDVD_057_20120828204221.jpg


「されどそれらをお納めする御堂がなにのでござります。」

PDVD_060_20120828205025.jpg


「是非、帝にご覧頂こう。」

「はっ。」


PDVD_061_20120828205208.jpg


「さすればきっと、わしの力の大きさにひれ伏そう。」
「間違いござりませぬ。」

【第30回】

PDVD_067_20120802115908.jpg


「讃岐の院より送られてまいりました。何でもかの保元の戦にて、命を落とされた者たちへの供養をし、ご自分の所業を悔い改めたいとのご所存とか…。」

PDVD_070_20120802120036.jpg


「まさか、さような事は…」

PDVD_322_20120802120533.jpg


「あぁ、なりませぬ!」
【第29回】

PDVD_298_20120728222142.jpg


「滋子との婚礼は4月に定めた。宴を催すゆえ、皆々に知らせよ。」
「かしこまりましてござります。」

PDVD_225_20120728221726.jpg


「お間違いなきよう。上皇様は、お怒りになって会われぬのではござりませぬ。」

PDVD_229_20120728221657.jpg


「滋子殿が婚礼を考え直しているとお聞きになってよりこちら、あの調子でござりまして。」
【第26回】

PDVD_107_20120709092841.jpg


「そのような事が帝のご意思であるはずがない。帝をお囲いし奉ったをよい事に、こうも野放図なやりよう、大事無いのでござりますか?」
【第25回】

PDVD_027_20120627173920.jpg


「そう悪しき政ではないと存じまするが…。」

PDVD_137_20120627174012.jpg


「落ちつきなされませ」

 PDVD_029_20120627174232.jpg


「これは・・・」

PDVD_140_20120627174059.jpg


「お仕えする方は違えど、倒すべき敵は同じじゃ(笑)」
「倒す?」
【第24回】

PDVD_069_20120622130244.jpg


「帝はじっと玉座に着いておられるが性に合わぬお方。譲位なさってもよいはずなのでござりますが…。」

PDVD_074_20120622130529.jpg  


「大宰府を?」
PDVD_075_20120622130326.jpg


「ははは~、全く戯れを申すのがお好きな方じゃ。」

PDVD_166_20120622130623.jpg


「これは好都合。大事な話があるのでござります。さぁ。」
【第23回】

PDVD_377_20120613090350.jpg


「此度の件ばかりは、私の力ではいかんともしがたく…。私とて、さんざんにお諌めしたのです!されど…。申し訳ござりませぬ。わが身の腑甲斐なさ…。お許しくださりませ…。」

PDVD_242_20120613090518.jpg


「かような時に、まことに申し訳ござりませぬが…、帝が宴を催されると。内裏にて、新しき世の始まりを祝いたい。播磨守となった清盛殿も参上せよとの事にござりますが…。にわかの病とお伝え致しましょう。」

PDVD_378_20120613090748.jpg


「じきじきのお声がけは…」
【第22回】

PDVD_258_20120608133541.jpg


「何故、黙っておいでです?あのように無礼な…」

【第18回】

PDVD_015_20120515143443.jpg


「ようは、酒の飲みすぎにござる。さようにござりましょう?父上。」
【第17回】

PDVD_347.jpg


「…読めませぬ。かようなもの読めませぬ。」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .