感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第23回『叔父を斬る』
2012年6月10日放送


001_20120606201229.jpg

清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)に下された沙汰は、忠正(豊原功輔)と為義(小日向文世)を斬首せよ、と言う残酷な処置だった。

しかし、清盛も義朝も、時の権力者へと上り詰めた信西(阿部サダヲ)の命に逆らうことは出来なかった。清盛から沙汰を聞いた忠正は、運命を受け入れ、清盛自身が自分を斬れ、と命じる。一方、為義もまた義朝に、源氏の栄華のために己を斬れ、と語る。

そして六条河原と船岡山での斬首の日を迎えた。
ちょくぜんになっても清盛は叔父を、そして義朝は父を斬れずに苦しむが、やがて二人は苦悩の仲で決断を下す。

使命を終えた清盛を待っていたのは後白河帝からの宴への誘いだった。
後白河帝は、清盛に白拍子の舞を見せ、清盛の忠誠を確認する。

おさえられない感情を抱きながら、宴の席を去った清盛に、信西は「すべての重き荷を背負ってこの国の宝となれ」と語る。


「斬首せよ」と信西から信じられない言葉を聞いた清盛、さて一体どうなるのか23回の始まりです。

003_20120612091518.jpg



信西のお沙汰に対して「死罪などという法はない」と言う清盛に「昔はあった」それでもなお食い下がろうとする清盛なんだけど信西も「今は死罪が必要な世の中になったのだ」と。

それにしても何故、身内を斬らねばならないのかとまだまだ食い下がる清盛に、信西は「それはお前たちが武士だからだ」と。それに対して「いつまで武士を犬扱いするのだ!」と激昂するが、信西から出てきた言葉は「従わないなら、官位を剥奪するだけ。それから領地財宝すべて取り上げる」とにわかに信じられない事を言われ、追い込まれる清盛。帰り際、あまりのショックに思わず階段を踏み外してしまう。 呆然した感じが階段をも踏み外すことでよりリアル感を増しましたね。

PDVD_022_20120612091615.jpg


次に、家成の息子である成親の所に出向き、今回の忠正たちの処分に関して何とか成親から帝に話しをして欲しいとお願いするが、成親は自分も力を尽くしたけれどどうにもならなかったと嘆き悲しむ…振りをしとる(怒!)

義朝も信西から同じ様に父・為義そして兄弟を斬首せよと言い渡される…こちらもにわかに信じがたしという感じの表情。そして自分の父や兄弟が斬首されるまでの事をしたのかと信西に尋ねるのだが、「戦場で相見えても父と命のやり取りをする。そう言い切ったのはそなたぞ」と戦の前に義朝が信西に言ったことを反対に言われてしまう。

004_20120612091940.jpg


そして
「戦はまだ終わっておらぬ。」
「お許しくださりませ。恩賞も何も返上つかまつる、返上つかまつるゆえ、命ばかりは何とぞ何とぞ!」
「平清盛は、叔父とその子らを斬る。清盛は判っておるのじゃ。この先武士が一層力を持つ為に、今、何をせねばならぬのか…」

そう言ってにやりとする信西。
信西は分かっているんですよね。清盛と義朝の性格と言うか…
それを巧みに操ると言うか仕向けているというのか…

戦の前に信西に父をも殺しても構わないと言っていた義朝が実際、「斬首」と聞かされて、貰ったものをすべて返してでも家族の命を救いたいといい、そして清盛の、本当は叔父たちを助けたい、しかし、そのために今まで築き上げてきたものを全て失うことは、平氏一門にとってどういう事になるのか…そういうところを信西はしっかり分かった上で、まず清盛に、そしてその反応を見た上で、義朝に伝え、義朝を追い詰める。

PDVD_042_20120612092925.jpg


どうしたら良いのか…そんな思いで帰宅すると、父が弓の修練を眺めている姿を見て居たたまれない義朝は思わず、由良に平手打ち!そしてお前が探して連れ戻さなければ父上は無事に逃げる事がで来ていたかもしれないのにと攻め続ける。その様子を見ている為義…

一方、清盛の館でも忠正たちの沙汰について話し合いをしていますが、どの案もいまひとつという感じです。それぞれの複雑な思い…

忠正は壊れた竹馬作りをしているがそこに清盛が今回の沙汰を報告にやってきた。
非情な沙汰に対して清盛はその沙汰にしたがう気はないと言うが忠正は

PDVD_063_20120612093139.jpg


「承知した。いつ斬られる。わしが何より恐れているのは、己が平氏の災いとなることじゃ。」
「両二日の以内には行えとの仰せにござりまする。」
「…お前が斬れ」
「さような…」
「見届けて欲しいと言うたな。己が平清盛であるということを。ならば、お前が斬れ。」

この時の、盛国が「両二日~」と言った後の清盛の目線が盛国の方を見て「何でそんな事お前はベラベラいうんじゃ!」という感じに見えます。そしてお前が斬れと言われた時の清盛のライティングが絶妙だなぁ~。

義朝は髭切を見つめ思わず投げ捨ててしまいますが、それを見ていた為義

「乱暴に扱うでない。"友切"は源氏重代の太刀ぞ。」
「"髭切"と名を改めましてござります。」
「さようか。」

髭切を拾い上げ、義朝に改めて渡します。前回は渡してもらえず、弟を殺してまでも奪い取った太刀を、今回は改めて父の手から受け取る義朝。

PDVD_084_20120612093205.jpg


「殿上人になったそうじゃな。」
「はい。」
「もう、二十数年も前か。平氏の棟梁・忠盛が、殿上人となった時、ワシは悔しくてならなんだ。だが、今、お前がこうして、ワシの望みを叶えてくれた。まこと、孝行な倅じゃ。義朝。我が首をはねよ。源氏の棟梁の証しのその太刀で。親兄弟の屍の上におうおうしく立て。それがお前の選んだ道。源氏の…栄華へと続く道じゃ。」

この時の義朝の表情はそれまでの荒々しく、激しいものではなく、第4回の闇討ちに失敗した父に対して「父上がやられた事で私は強うなる。強うなって、きっと父上をお守り申します」と言っていた頃のまだ若き日の義朝の様でした。こんな悲しい結果になって久しかった親子としての優しいやり取りが出来ようとは切ないです。

PDVD_091_20120612093340.jpg


そして由良は鬼武者に義朝が為義を斬ると言うことを告げ、そしてその様子をしっかりと見てくるのだと。

ようやく、頼盛は忠正のもとを尋ねる。

PDVD_094_20120612104735.jpg


「申し訳ござりませぬ、叔父上。もうしわけございませぬ!」
「お前のせいではない。」
「いいえ!」
「顔を上げよ。ワシの苦しみは、平氏がついえる事じゃ。ここで身内を斬る痛みを乗り越えてこそ、一門は栄える。その為ならば、ワシは喜んで斬られる。」

自分がもし、そのまま上皇側に行っていたら、自分が斬首されることになっていただろうし、そんな行動を起こさなければ、叔父上もこのような沙汰を受けることもなかった。清盛を災いの種と言っていた事が、結果的に自分が禍の種になっていたやもしれない、そのために今叔父上が平氏の災いの種にならないように自ら斬られる覚悟でいることに自らの誤りにどれだけ謝っても足りない頼盛。そして同じようにそれを阻止することができなかった家貞も亡き忠盛の鎧に向かってただただ謝ることしかできない。

叔父を斬らねばならない思いに眠れぬ清盛を時子はただそばにいて見つめ見守ることしか出来ない。
そして、刑の執行の日…

PDVD_126_20120612105044.jpg


覚悟を決めて準備をする清盛。そして忠正も息子たちに対して斬首される事で一門を恨むんじゃない、恨むならこの父を恨めと話す。刑場に向かおうとした時、何も分からない清三郎が忠正に竹馬は出来たかと。出来なかったと謝る忠正に「帰ったら」と無邪気に話す清三郎に「そうしよう」と。あまりにわからなすぎな清三郎…同じ年頃の鬼武者とはあまりに対照的ですね。この対照的な事が後々の平氏と源氏の運命を表しているようですね。

一門との別れ…静かに別れをする忠正一行。頼盛に対して言葉はないけれど「何も心配するな。自分を攻めるんじゃない」と言うように頷く忠正。居たたまれない頼盛。そして家貞との別れ。自分がいなくなってからの平氏一門の事を頼むと言っているようです。そして池禅尼との別れ。淡々と歩き出す一行。

六条河原の刑場。さりげなく草葉の陰から見守る西行…
義朝・為義一行も船岡山の刑場でその時を静かに待っている、その様子を鬼若がやはり見守っています。

髭切の太刀を抜きその様子を正清と鬼武者も見ております。
両者とも太刀を振り上げるがどうしても斬る事がで来ません。
忠正は清盛に「斬れ!」と言うが「斬れません!」と同じく為義も義朝に「斬れ…義朝」と静かに言うが「斬れませぬ」と。


006_20120612110931.jpg 


忠正は
「えぇい!それでも平氏の棟梁か!ワシはこれより、十万億土に旅立ち、兄上に会う。その時言うて欲しいか?!やはり清盛は、棟梁の器ではなかったと。兄上は間違っておったと。あんな赤子を引き取ったゆえ、一門は滅んだと。言うて欲しいか!」

清盛を最後の最後まで鼓舞する忠正。この時の清盛、太刀を振りかざしてる腕をや他の部分を見ると鳥肌立ってるように見えるのですが…。思わず見ている私もゾワゾワしました。

為義は
「ワシの最後の頼みじゃ。義朝。お前の手で、ワシを黄泉路へ旅立たせてくれ。斬れ!義朝!斬れぇ!」

でもそんなふうに優しく言われると余計斬るのが辛くなりますよね。
お互い「斬れ!」「斬れ!」と言っております。
両方太刀を振り上げるが…実際斬ったのは清盛。
意外に義朝はへたれ振りを発揮しちゃいました。



清盛側は、忠様を斬って呆然としてる清盛に対して静かに、早く自分たちも斬ってくれと、父の姿が見えるうちにと、その言葉にはっとする清盛。そうまだ終わってないのです。清盛に対して恨み言を言うのではなく、心穏やかに語りかけるだけに清盛もいたたまれないです。

義朝は完全に放棄状態。ただただ泣きじゃくるだけ。そんな義朝を静かに為義は

「義朝…義朝、泣くでない。泣かずとも良い。義朝…もうよい。もうよい。」

PDVD_221_20120612113131.jpg


次の瞬間、鈍い音と同時に倒れる音に一瞬戸惑う義朝。
義朝の代わりに正清が髭切で為義の首を斬った。それを見てただ泣き叫ぶ義朝。
「父上!」と泣き叫ぶ義朝に向かって「やめろ!最後の頼みすら聞けぬ者が、我らの父上に、父上と呼ぶでない!」と弟たちに言い放たれ「正清、はよう、我らを斬れ!さぞかしご無念の父上を一人で心細く黄泉路を歩かせとうない!斬れ!」と言い、それぞれ念仏を唱え、斬られる準備をしている。それを正清は次々斬っていく。斬られるたびに義朝はただただ泣き叫ぶだけ、それを見つめる鬼武者。

清盛も全て終わると狂ったようにショックでその場に倒れてしまう。

この処刑場のシーン。平氏と源氏の違いが興味深いと言うか。
座る位置や方向。平氏は忠正が前列で以下息子たちは忠正の方向を向いて座っていて、そしてそれぞれの手にはお数珠を持っているんですよね。

005_20120612105820.jpg


源氏はコの字形でそれぞれ後ろ向きに座り横に座っている人間同士以外斬られる姿は見れないようにしています。そして斬られる時には立膝状態で手を合わせ念仏を唱えていました。 (こちらの方が普通斬首される場合に用いられるフォーメーションとかのようですね)

信西は何か算木で計算をしておりますがそこへ師光が平氏と源氏それぞれの刑が無事に執行されたと報告。
「首を大路にさらしておけ」と。

「アハハ~。全く、我が殿ながらお見事なものでござりますな。忠正にせよ、為義にせよ、死罪にまでせねばならぬほどの咎があるとは、あなた様とて思うておらぬはず。もとより、あなた様にとって、忠正一党はどうあってもよい、だが為義一党に生きておられては困る。ここで藤原摂関家の力をすっかり削いでいおくためにござりまする。思えば、あの戦のさなかより、いや…その前より、あなた様はこうなるように仕組んでおられた。殿の苛烈さ、亡き悪左府の比ではござりませぬ。師光はどこまでもついて参りまする。」


PDVD_230_20120612111905.jpg


何気ない振りをして聞いていた信西の目から涙がこぼれる。
信西もまた自分の志の為に辛い沙汰を下し、清盛や義朝と同じように傷つき、苦しんでいるのだろうか。
これから気持ちを新に、自分の思い描く政をする為の、けじめのための粛清とでも言えば良いのか…。
何かを決意しような表情の信西と、それを心配そうに見つめる師光の師弟関係。

PDVD_233_20120612112839.jpg


清盛はショックで熱を出して寝込んでいる様子で、傍で時子が心配そうに看病をしている。
少しうなされたような呼吸の清盛、何だか好きです(笑)こういうシーンと言うか演技好きです(ー3ー;)
そしてとてもセクスィー(爆)

成親が清盛の館にやってきて、尽力できなかったことの詫びと帝が宴を開くので播磨守になった清盛にもぜひ参加して欲しいと言うお知らせを伝えに来ましたが清盛の体調を見て欠席と伝えようかと提案しますが考えた清盛は参加すると。

宴の日。
成親が新しく播磨守に任命された清盛を貴族たちの紹介する。
そこへやって来たのは藤原忠通。
忠通と言えば、清盛が北面の武士になったばかりで父・忠盛が殿上人となった初めての宴の席でわざと舞を踊らせ嫌がらせをけしかけた張本人。この時清盛は理不尽な行為に悔しさを感じながらも佐藤義清に「これは政なのだ」と諌められた思い出がある。今の自分はまさにその忠正と同じ状況にある。

しかし忠通は

PDVD_257_20120612115055.jpg


「かつて、そなたの父・忠盛が、武士で初めて殿上人となった折、私はそれが許せず、宴の場にて散々にからかい、恥をかかせた。されど此、度武士が世に対し見せた働き、認めざるをえぬ。この後も、常に朝廷を助けまいらせよ。」

自ら清盛に杯を与える。そりゃもう、気位の高い関白・忠通が武士に対してそんな事をするなんてアンビリバボーな訳ですよ。しかしそれだけもう藤原摂関家の力が無くなっていると言うことでもあります。

そして続いて後白河帝じきじきにお言葉を下されると信頼が言うが、後白河帝は白拍子たちに「遊びをせんとや~♪」と歌い踊らせ清盛を挑発するようにみなに飲めや歌えと白拍子たちは清盛を舞台に誘う。

「さあ、皆の者、飲めや歌え!我らは遊ぶために生まれてきた。戯れる為に生まれてきた。ここのおるは、選ばれし者達!面白き遊びをするを許された者達じゃ!どうじゃ、播磨守。生きる力が湧いてこよう!ぞくぞくとしてこよう!ウァハハハハ~(笑)」

帝の言葉をグッとかみ締める清盛。信頼がヘラヘラと楽しそうに今様に合わせている様子がなんともいえないですね(笑)
あの時の忠盛のように自分の感情をこらえるが涙がポロリとこぼれる。
それをも必死でこらえながら

PDVD_288_20120612115317.jpg


「此度は、かように晴れがまし宴にお招きいただき…身に余る誉れにござります。今後とも、お導き頂けますよう、お願い申し上げまする。」

こぼれそうでこぼれない涙のしずく…
笑う後白河帝にひれ伏す清盛はこの時、きっとあの時の忠盛と同じことを感じていたと思います。
あの時は、ただただ、理不尽な振る舞いに耐える父を理解することも出来ず、怒りさえ感じていたが、今、自分が同じ立場でそこにいると、その時の父の気持ちをつくづく感じただろうし、こんなことの為に大切な叔父上達を殺さなければならなかった代償の大きさとも更に深く傷つき感じただろう。

「何が"遊ぶ為に生まれてきた"だ。武士の力を見せつけたところで、何も変わらぬ。変わっておらぬ!」
「その通り。戦に勝ったからというて、何も変わらぬ。」
「信西!」
「そなたは新たな荷を背負うた。叔父を斬ったという重き荷を。」
「それは、そなたが…。」
「そなたにはそれだけの力があると言うことじゃ。まがまがしくも、輝かしき定めを背負うて、道を切り開き、生きてゆく力が。宝となれ、清盛。全ての重き荷を背負うてこの国の宝となるのじゃ。」

PDVD_294_20120612115558.jpg


信西はいつも清盛が苦しんでいる時、苦境に立たされているような時、この言葉を言っている様な気がします。第5回の時もやはり忠正とのやり取りの後、突然荷車に隠れていた信西と再会し、その時にやはりこの話を清盛にしていましたね。見る人によれば信西は徐々に腹黒くなってきたと言う人もいるようですが、コミカルだった最初から彼の目的はぶれてないし、自分の欲を隠しもしないし、ただ少しずつ自分の発言に対する周囲に与える影響力が増してきたことでブラックな部分が全面に出てきているように感じるだけのような気がしています。 それは清盛も同じなんだと思うんです。

でもこの時の清盛はそんな信西の言葉をうけいれることなど出来ず、思いきり殴りつけます。

「気楽な事を言うな!太刀を手にしたこと事もない者が、気楽な事を言うな!」

思いの限りの力と言葉を信西にぶつける清盛、それに対して信西は

007_20120612115936.jpg


「太刀なら…。太刀なら私も振るうておる。この腐った世を、根底より叩き直す為、目には見えぬ太刀を。その返り血と血反吐にまみれて生きておる。もう馴れ合いは終わりじゃ。この信西、知力を持って、そなたの野心を支えてしんぜる。そなたは武力を持って、私の政を補え。清盛!共に世を変えようぞ。」

もうこの信西の言葉と表情を見て1回目視聴した時に涙がこみ上げてきましたよ。
(その後も見れば見るほどウルウルしてくるシーンです)
清盛も信西も立場や方法は違えども目的は同じなんですよね。
ただ、己一人だけではその目的を叶えることは難しく、さりとて他の誰かでは成し遂げられない。
信西は頼長とならと思ったが頼長は結局、摂関家を再興するためだったり、清盛も義清とならと思ったが、現世を捨ててしまった。この犠牲を無にしていいものなのか…清盛と信西のこのシーンは本当にすごい気迫のこもったシーンでした。

そして時子もそんな清盛の姿を見て何か変わったようですね。
滋子に厳しい口調でとつめに出なさいと言うが突然そんな事を言われて滋子は相変わらず自分は一門の為に使われるのは真っ平だと。しかし時子は一人で生きているわけではない。あなたは平氏の棟梁の義妹なのだから、進んで一門の役に立つ事をしなさいと。そんな姉の変化に戸惑う滋子だが

008_20120612120220.jpg


「今になってようよう分かったのじゃ。武士の妻・棟梁の妻になるということは、如何なる事か。」

そして由良も常盤に対して、義朝を頼むと。今の義朝の苦しみを救えるのは自分では無く常盤だと。
常盤の子供たちを見て自分は鬼武者を強い男子に育てなければならないと毅然と話す。

すっかり意気消沈な義朝。正清も心配でならないがそこへ鬼武者がやってきて義朝に元服したいと申し出る。一刻も早く大人になって強い武者となり、父を支えたいと。幼き日自分も父に同じようなことを言ったような気がする。こんな幼い我が子に自分を支えたいと言われこみ上げてくる感情を抑えられず思わず鬼武者を抱きしめる義朝。 この時の義朝の表情が在りし日の為義と重なってみました。

PDVD_348_20120612120542.jpg


そして鬼武者は元服し名を「頼朝」となった。
清盛も一門を集め、改めて平氏は常に一蓮托生。一門の繁栄を築き上げる事がそれぞれの背負った使命だと心得よと。

PDVD_359.jpg


この最後の清盛の目が、力強さと同時に今までとはまた違う表情をしてるように感じました。
これから信西と共に自分が目指す武士の世をどう邁進して行くのか気になる23回でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .