感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第25回『見果てぬ夢』
2012年6月24日放送

001_20120624110438.jpg

出世を果たしていく清盛(松山ケンイチ)に対し、父を犠牲にしても、義朝(玉木宏)の身分は上がらなかった。いつしか義朝の心には無念の心が渦巻いていくなか、妻・由良(田中麗奈)が病に伏してしまう。
そうしたおり、義朝の嫡男・頼朝(中川大志)は初めて清盛と会い、その存在感に圧倒される。

一方、信西(阿部サダヲ)の権勢はますます増し、後白河上皇の近臣・藤原信頼(塚地武雄)は信西をけん制し始めていた。

そのころ、由良の病は重くなり、死の床に就いた妻を救うため、義朝は清盛から宋の薬を得ようとするが、由良は平氏に頭を下げてはいけないと強く良い残し、そのまま息を引き取った。

行き場を失った義朝は、常盤(武井咲)のもとへいくが、由良を失った寂しさは癒せず、今さらながら妻の支えの大きさを思い知るのだった。

信頼はそんな義朝を呼び出し、自分と手を組み、信西の首を取れともちかける。


清盛と義朝の皮肉な運命…そして信西は自分の思い描く政を着々と進めて行くその先にあるものは一体…25回の始まります。

1159(保元四)年、由良が長年お仕えしていた統子様が院号宣下によって上西門院となりました。
それに伴い、頼朝も上西門院の蔵人に取り立ててもらいました(この場合は上西門院統子様の秘書のようなお仕事だと思います)

帰宅後、由良の所へ上西門院様の蔵人になったこと、そして近々、殿上始の儀で大役を仰せつかったと報告、しかし由良はあの時から床にふしたままのようですね。息子の話を聞いて喜ぶ由良。確かに蔵人ってなかなかなれるものではないようですからね。これも統子に長年仕えた由良の功績なのかもしれませんね。

002_20120627103304.jpg


「そうか…しかと務めよ。そして…殿をお支えしておくれ。もとより、殿の悲願は、源氏の名を高め、源氏こそが最も強き武士であると、証し立てること。だが、一向に平氏との差は埋まらぬ。さぞやおつらき事であろう。」

信西は租税の計算に大忙しで、そんな様子を眺めている清盛。
着々と自分の思い描く政を進めようとしておりますね。
今は大学院を作って才ある者を育成するための機関を作ろうと思っているようですね。

「清盛殿。報告大儀。」

PDVD_019_20120627114308.jpg


そういってまた慌ててどこかに行っちゃう信西に清盛は呆れつつ、すかさず朝子が信西も50歳を過ぎてようやく自分の力を発揮できる時と場を得ることが出来たから仕方ないと。そしてまだ鳥羽院が生前だった頃、熊野詣に行った先で淡海という宋の僧侶と出会い、淡海は生身観音(現に生きる観音様)を拝みたいという大願を果たすために熊野にやってきた、しかし誰も淡海の話す宋の言葉が理解でいなかったそんな中で信西は淡海に話しかけ、宋の言葉で色々話をすると淡海がそれは喜んで、信西の事をまさに「生身観音だ」と言ったとか。淡海を演じている人も日本人の俳優さん、大変だったでしょうね~(笑)信西は日本人だから下手でも問題ないけれど…。(いえ、阿部サダさんの中国語の発音は綺麗だと思いますよ)

そんな話を聞いて「信西殿が観音…」と笑っておりますが…感心を通り越して呆れるといいながらも自分も遣唐使の再開はまこと大願じゃと清盛。

この時期、朝廷は2つの派閥に分かれていた。
1つは二条帝を支える親政派ともう1つは信西率いる後白河上皇派。
信西は大学寮を作るための無駄を排除する為に余り働き著しくない人間をリストラし始めます。
このあたりは頼長の粛清とにておりますね。

現代で言うところの事業仕分けとリストラと言った感じでしょうかね?
でも自分より身分や地位の低い信西に職務を罷免される側の人間にとっては腹立たしいわけです。まぁ貴族はドラマを見ての通りやたらめったら気位が高いだけに厄介ですね。まぁそんな事は一切気にせず、どんどん無駄な人材は切り捨てようとする信西。

PDVD_000_20120627103656.jpg


しかし当の後白河上皇といえば、ラブラブな中納言・信頼と楽しく今様を歌い、チークダンス三昧?(汗)

「よいお声にござります」
「歌いすぎにござります」

おもしろい!いつもこの間髪入れない信西の突っ込み(^O^)
そしてやってきた信西に対し後白河上皇…どんな大事な話があるのかと思いきや、信頼を近衛大将の職を与えろってとんだ無茶振りな事を。信西もそれは無理!秩序が乱れるし、上皇様と言う立場の人間がそんな私的な事を軽々しく言っちゃだめだって言っても「ええやん、そう固いこといわんで」って(呆)

003_20120627103857.jpg


「近衛大将は、時に際立った働きもない方にやすやすと与えられる官職にあらず。」
「際立った働きもないとは誰の事か?」
「軽佻浮薄(気分が浮ついていて、行動が軽々しいこと)なお人柄と、高き家柄のみにて公卿に上り詰められた方の事にござります。」

このやり取り、塚地さんの表情が面白いと言うか絶妙なんですよね。
信頼も諸説あるようですけど、まぁいずれにしても信西にとっては一番に気に食わないタイプのグループの人間だったのではないかと思います。自分は才があっても家柄が低かった為にいくらあれこれ言っても誰も聞く耳を持ってくれなかった。だからこそ、宋のような科挙制度に憧れ、今そのために大学寮を作ろうと頑張っているわけですけど、まぁ科挙も実際は信西の思い描いているようなものでもないんですけどねぇ~。

そんな2人のやり取りに後白河上皇「違いない」って認めてどうするよ?戸惑う信頼だが、それでも何とかしろとごり押しする後白河上皇に信西も難儀やなぁ~という表情。

信西、上皇様が余りにも信頼をご寵愛過ぎることを心配して師光に白楽天の詩「長恨歌」が書かれている巻物を上皇様に渡して来いと。

漢の王は長年美女を求めてきたが満足しえず、ついに楊家の娘を手に入れた。それ以来、王は彼女にのめりこんで政治を忘れたばかりでなく、その縁者を次々と高位に取り上げる。

その有様に反乱(安史の乱)が起き、王は宮殿を逃げ出す。しかし楊貴妃をよく思わない兵は動かず、とうとう王は兵をなだめるために楊貴妃殺害を許可する羽目になる。


PDVD_002_20120627104200.jpg


信西の思いが上皇様に伝わるかどうか一か八かの賭けのようなものだと、しかし残念ながら上皇様、信西の気持ちを理解することなく、単純に喜ぶだけでミッション失敗でガックリ師光_| ̄|○ ガックリ

清盛は義朝を心配してか義朝の職場にやってくるがそこで見たものは小さく背中を丸めボーっとしてる義朝の姿。どう声かけたら良いのか迷う清盛だけど、そっと義朝の隣に座る清盛に驚く義朝。一番こんな姿見せたくない相手が隣に座っているんですもんね。

清盛は由良の病気を心配して必要だったら宋の薬をいつでも手配すると言うんだけど、お前の助けなんか要らんわい!と突っぱねる義朝。清盛は明子を病で亡くしている過去があるだけに義朝の事が心配でならないんだけどねぇ。

「源氏は平氏とは違う!信西入道と組んで得た宋の薬など、ありがたがって受け取りはせぬ!」

清盛がポツリポツリと話し始める

PDVD_057_20120627104620.jpg


「覚えておるか?いつかお前の父が俺の父を闇討ちしようとした時の事を。その時…我が父が言うたことを。信西殿に平氏の武力財力を利用させる代わりに、平氏は信西殿の知力を利用しておる。すべては朝廷に対して十分な力を得る為じゃ。」
「さようなものが武士と言えるか?力でのし上がってこそ武士の世ではないのか?!」
「それが通用せぬことは…かの戦の始末で思い知ったであろう。」
「俺にどうせよと言うのだ?藤原摂関家にかつての栄華は無く、誰の後ろ盾も引き立ても望めぬ。父の首を斬りながら…左馬頭止まり。妻が病に倒れたは、俺の腑甲斐なさゆえだ!全てにおいて恵まれた貴様とは違うのだ。」

あ~ぁ、まるで若き頃の為義パパみたいなことを言い出したよ義朝。
清盛だって別に順風満帆でと言うわけじゃないけど、こういう考えが清盛と義朝の明暗の分かれるところなのでしょね。そんな言葉を聞いて一番さびしいのは清盛だよね。

PDVD_003_20120627105008.jpg


そして2月19日、上西門院様の殿上始の儀の当日がやってきました。
緊張した面持ちの頼朝、そしてそこには正四位下・太宰大弐の清盛も列席しております。
貴族たちは一番の上座に武士の清盛が座っているとひそひそ話。

頼朝と清盛のまさにファーストコンタクト。
頼朝の緊張感は更に上昇…。

まずは上西門院様のお言葉に続いて順番に固めの杯を受ける事に。
初献(酒宴で最初の杯をさすこと)は蔵人になった頼朝が務める事に。その最初の相手がなんと清盛。
頼朝の緊張MAX!それでなくても緊張するのにまたも周囲から色んなことをひそひそ言われて緊張し過ぎておもわずお酒をこぼしてしまう頼朝。(>_<)アチャ~

周囲の失笑に対して清盛に対して平謝り。それに対しての清盛の反応は

「やはり、最も強き武士は、平氏じゃ!そなたのような弱き者を抱えた源氏とは違う!」

004_20120627105201.jpg


厳しい一言に、涙をこらえ悔しさ混じりの表情で清盛の顔を見ると、厳しい表情から優しい表情で微笑んでいる清盛の姿が…。でもこの時まだ頼朝はその清盛の笑顔の真意は分からないわけですね。この時の2人の表情が凄く良いですね。清盛にあんなこと言われて思わず「そんな事はない」と言い出しそうな雰囲気の頼朝だけど厳しい声とは反対に清盛のあの表情…GJ過ぎです清盛様。


三條南殿の遺址


今回この殿上始の儀が行われた場所と言うのが京都烏丸通りにある現在のみずほ銀行 京都中央支店の建っている場所(写真はみずほ銀行の壁に三條南殿址のプレート。撮影:2012.6.25)です。ここから道路を挟んで数十メートルくらいかな?上がると三條東殿のあった場所があり、今まさにドラマでリアルタイム見ている場所が存在してるんだなぁと思ったりします。(そして現在この近くにある京都文化博物館で「平清盛展」が開催中と言うのはなんとも感慨深いと言うか偶然なのか不思議な感覚です)この場所で初めて頼朝と清盛が出会ったんだなぁ~ってドラマのシーンに思いをはせるのです(笑)

トボトボと帰宅した頼朝だけど屋敷内が慌しい、父の声で慌てて母のもとに一目散!
苦しむ母の姿にオロオロする頼朝。そして義朝は正清と清盛の屋敷に行って宋の薬を貰いに行こうとするが

005_20120627110303.jpg


「なりませぬ。行ってはなりませぬ。平氏に頭など…下げてはなりませぬ。」
「何を言うておる?かような時に。」
「殿…。いつ、いかなる時も…源氏の御曹司として、誇りをお持ちになり…生きてこられた殿を…由良は心より…お敬い…申し上げておりまする。かような事で、お志を曲げないで下さりませ。」
「たわけ。そなたの命に、代えられるか!」
「あれ…殿らしゅうもない。されど…うれしや。殿、どうか私を…どうか…誇り高き源氏の妻として、死なせて下さりませ。」
「由良…。」
「…と、父が…」
「由良。」
「母上!」
「由良~!」

そうして由良はこの世を去りました。
初めて義朝と出会った時「なんだ、源氏なの?」なんて言っていた気の強そうなお姫様が義朝にケチョンケチョンに言われ、腹を立てつつもそれが恋心となり東国から義朝が戻るまで10年ひたすら帰ってくるのを待っていた純情乙女だった由良、結婚してからも何かと義朝とぶつかることも多かったし辛い思いをしたことも多かったけれど立派に頼朝を育て、正妻として凛としていた由良を見事に田中麗奈さんが演じてくれました。最後の最後まで気丈ながらも義朝を慕い、頼朝に父の偉大さを伝え、息を引き取っていった由良と、最後にそんな由良の大きな愛を感じた義朝にまたあの頃のように「と、父が…」もうたまりませんね。由良の最期もこのドラマにとって思い出深いシーンとなりました。

でも、思えばその後数ヵ月後に義朝も正清もこの世からいなくなるわけできっと向こうの世界で由良も驚いたんじゃないでしょうか。殿、来るのが早ようござりますって。

常盤も静かに由良の事を思い手を合わす。
今若と乙若に誰か死んだのかと聞かれ

「誇り高きお方。母が心より敬っておったお方じゃ。」

一方、信頼は自分の思い通りに行かないようで成親を呼んで愚痴っております。
ちょいと迷惑そうな成親様。成親は信頼が言うほど信西の政は悪いと思ってないらしい。
そんな事を言われるから更にムキになる信頼。あぁ、面倒くせぇ~俺を巻き込むなよぉ~という感じでしょうかね成親様。

PDVD_006_20120627110840.jpg


そこへ誰かがやってきた。成親様「だれやねん」と思ってみて見るとなんと信西にリストラされたおじゃるまる2人連れがやってきましたぞなもし。それも不気味な笑顔で…(悪い夢見そうですな)

「お仕えする方は違えど、倒すべき敵は同じじゃ(笑)」
「倒す?」

エライいことに巻き込まれようとしておりますな成親様(実際はどうだったのか分かりませぬが)

PDVD_143_20120627111013.jpg


清盛が大宰から持って帰ってきた品物をチェックしている信西と師光。
ほしかった書物が手に入りご満悦なようです。それ以外の品物は上皇様にお渡ししろと言われびっくりな清盛。上皇様の機嫌がよければよいほど自分たちの政が上手く行くならと信西。承知したと清盛。
そこへ朝子がやってきた。ふと庭を見ると信西の家人たちが民に米を与えています。そして信西を見つけて感謝しますが信西は

「礼には及ばず。私は果たすべきつとめを果たしておるまでだ。」

そんな信西を温かく見つめる清盛。
夜、時子に昼間の話をする清盛。改めて信西のしていることは広く浅く租税を取りそれによって上で苦しんでいた民の生活も少しずつ良くなってきていると。

PDVD_151_20120627111240.jpg


「病で明子を失うた時、俺は恨んだ。宋の薬をたやすく手に入れられぬ国の仕組みを。さような政しかできぬ朝廷を。俺は賭けるぞ。信西殿の国づくりに。これまで武士がのぼった事のない、高みにのぼってやる。そして…あいつがのぼってくるを待つ。」

あいつ=義朝。その義朝ときたら…
常盤の家に来ております。相変わらずしおしおした感じの義朝。由良の死を忘れようと常盤を抱こうとするんだけど、意に反して常盤に拒否られました。常盤の意外な反応に戸惑う義朝。

PDVD_160_20120627111255.jpg


「もう、ここへはお渡りにならないで下さりませ。殿はおつらき時ほど、私の元へおいでになる。私はもう、殿の逃げ場にはなりとうござりませぬ。」

義朝にとって由良と常盤がいてバランスが取れていたものが由良という支柱が無くなり、完全に自暴自棄。常盤も自分の立場を今まではそれでも良いと思って義朝を受け入れてきたけれど由良がいなくなった今、今までのように義朝を受け入れても常盤は由良の代わりになれるわけではない。でもそこは心を鬼にして由良の分も自分が奮起しなくちゃと思います。義朝自身が乗り越えていかなければならないことだから。
ショックの余りそのまま寂しくトボトボ帰る義朝。

ようやく、なんとか職場復帰する義朝は信頼に挨拶。
そこでついに悪魔のささやきを聞かされるのです。

PDVD_173_20120627111447.jpg


「そなたの妻が身罷ったは、元はといえば、信西入道が、平氏ばかりを贔屓し、源氏に煮え湯を飲ませたせいじゃ。信西が身の程もわきまえず、権勢をふるっておる事には、皆不満に思うておる。どうじゃ?左馬頭。ここで起死回生を狙ってみぬか?」
「いかなる事にござりましょうか」
「信西の首を取れ。さすれば官位も領地も皆、そなたの思いのままぞ。」

何を言い出すんじゃ~この白豚野郎めが。そりゃ義朝も仰天するわな。

「恐れながら、一族の棟梁としてさような大それた事は致しかねまする。<(_ _)>」
「信西の、首を取れ。」
「何とぞお許しくださりませ」
「ん~チッ」

って「チッ」はないやろう!でも最初言われた時一瞬考えたんじゃないか?義朝。
確かに信西がいなくなったらって。おそろしや白豚野郎めのささやき。
でも白豚野郎めは自分では出来ないんだな。こういうのって藤原摂関家が為義にやらせていたようなことと同じちゃうんと思わず思ったわ。

PDVD_175_20120627111612.jpg


信西はそんな白豚野郎の計画も知らずに一心不乱に算木で計算。顔色悪いよ~。大丈夫かいな?(ーー;)
そしてある所まで来て計算が出来たのかほっとした感じでフフフッて表情に笑みが、そんなタイミングで清盛がやってきたけどあの信西の顔色見たらやっぱビビるよね~。

何を必死で計算していたのかと言うと遣唐使を復活させるための予算繰りをしていたようです。
今すぐは無理でも数年後には船も造れるだろうからそれまでに派遣できる人材育成をしなければと疲れた顔色ではあるけれど目をキラキラ輝かせ清盛に話す信西の姿。

それは、昔小船の中で壮大な夢を語っていた高階通憲だった頃を思い出す清盛。
清盛も思わず「今すぐ行こう」なんて無茶振り言っていましたよね。

夢を現実にしようと努力する信西をまぶしく清盛は感じただろうし、彼に付いてきてよかったとも思っていると思う。


006_20120627111828.jpg


「これでかの国に学び、もっとよい政ができる。さて、清盛殿。次はそなたの出番じゃ。熊野へ参れ。」
「船を造り、水軍を集めるのじゃな?」
「さようなことではない!」
「えっ?」
「大願成就には熊野詣じゃ。」
「フッ、フフフ~(笑)アハハ~」
「承知した!」

嬉しそうな信西の顔。そして清盛も。こんなに嬉しそうに笑う2人の姿は今まで多分なかったなぁ。

信頼に言われたことを考えているのかボーっとしてる義朝。
頼朝はそんな父に声を掛け聞きたい事があると。

PDVD_201_20120627111933.jpg


「平清盛とは、いかなるお方にござりますか?父上にとっていかなるお方なのでござりましょうか?」

まっすぐな瞳で父にたずねる頼朝を見て初めて清盛に会ったころの話を始める義朝。
初めての出会い、そして義朝から清盛に競べ馬の勝負を挑んだが断られその後、再び今度は清盛自ら義朝に競べ馬で勝負を言い出しそれを受けたこと。

「父上が勝ったのですね。」
「そうだ。あの時のあやつの顔。」

PDVD_212_20120627114434.jpg


王家の犬になりたくないと言っていた清盛が実は自分が好きなことが出来ているのはその裏で平氏一門が守ってくれていたからだと言うことを知り、自分と言う人間の存在に悩み苦しみ自暴自棄になっていたこと。
そんな清盛を見ていて思わず

「最も強き武士は源氏だ!貴様のような、情けない者を抱えた平氏とは違う!それが分かった今日は気分が良い。」

まるで昨日の事のようにキラキラした瞳でその時の事を話す父義朝の姿をまぶしそうに見つめる頼朝。

「その時、俺は、ついに振り返らなかった。その時の顔を…断じて見られたくなかったから。俺は嬉しかったのだ。あやつが立ち上がってくれたことが。生涯、競え合える相手が見つかった事が。」
「スゥ~はぁ。ようやく、腑に落ちましてござります。あの日、あのお方が、何故笑うておられたのか。」

007_20120627112626.jpg


殿上始の儀のハプニングを頼朝から聞かされた義朝の表情が目からうろこが落ちたという感じに見えました。清盛は頼朝を通し、昔自分が清盛を鼓舞したように今度は清盛が義朝を鼓舞したのだと感じた瞬間ですね。

「きっと、同じ顔をしておられたのでしょうな。競べ馬の時の殿と。」

この時の正清の穏やかな表情とそして頼朝の父を見る嬉しそうな表情は心温まります。2人とも素敵な表情をしてくださっています。皆が義朝を支えているんですよね。そして自分の中で何かを決意したような義朝の表情。

清盛は熊野に行く準備も出来ていよいよ出発です。
時子も準備に抜かりないように指示し、家貞は忠盛の鎧に出発の挨拶。盛国は今回もお留守番(笑)
清三郎も少し大きくなって年を明けたら元服だと言われ嬉しそうに「きっとにござりますよ」なんていってるけど実際は…(笑)

そして12月4日、元気に出発して行きました。
そして12月9日和歌山の田辺の辺りに到着。
夜、目が覚めたのか清盛が外を見ていると家貞がやってきました。
夜のシーンはケンちゃんの目の輝きが一層輝いて見えてどのシーンも印象的で好きなんです。

PDVD_252_20120627112910.jpg


「殿。」
「あぁ、家貞すまぬ。起こしたか?」
「いかがなされました?」
「考えておったのじゃ。新しき、世の事を。新しき世をつくるに欠かせぬ、2人の事を。」

2人=信西と義朝。
その2人、信西は、相変わらず算木に夢中。義朝はどこかの屋敷にやってきました。
何かに取り付かれたかのようにひたすら計算をしてる信西、そんな主の姿を傍で見守る師光思わず信西に向かって手を合わせる。

008_20120627114035.jpg


義朝がやってきたのは信頼の屋敷。
不適な表情を浮かべる信頼。義朝はあえて、清盛と袂を同じくするのではなく、別れることを選んだようです。そんな緊迫した空気の中、地響きとともに算木が不気味に揺れ始めます。驚く信西と師光、そして遠くから馬の鳴き声や不穏な物音。どこかの屋敷に大勢の兵が門を開けて突入。徐々に大きく揺れる算木に信西も恐れおののく。いよいよ平治の乱へ突入です。

この最後の算木の揺れる演出。何か分からないすごい力が近づいてきている恐怖。そして信西のあの表情。
義朝も頼朝の話を聞いてそして死ぬ間際の由良の言葉を思い出し、自分がどの道を行けば良いのか、どうすれば良いのか悩んだと思うし、その結果、一か八かであえて清盛とは違うチャンスに掛けてみようと思ったのだろうか。

義朝は自分の思う武士の世を清盛に見せようとする為に。

さぁ、辛い別れの続く平治の乱です。信西・義朝・清盛たちそれぞれどんな別れが待っているのか辛いけれど見届けましょう。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .