感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『藤原経子』語録
藤原家成の娘で後に重盛に嫁ぐ「藤原経子」の印象的な言葉を集めました。


PDVD_161_20121014111302.jpg 
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)




【第43回】

PDVD_088_2015012714310250c.jpg 


「殿…申し訳ござりませぬ。我が兄は…一度ならず二度までも、一門を裏切りました。きっと殿のお立場も、危うい事にござりましょう。」
「義弟として、当然の事をしたまでじゃ。備前は一層暑かろう。出来るだけたくさんの着替えを入れてさしあげるがよい。」
【第42回】
PDVD_073_201501151444555d6.jpg


「経子。何用あって参った?」
「何用とは情けない。今日5月29日は我らが父・家成様のご命日ではござりませぬか。今なら、入道様も都におられますゆえ、近く盛大に法要を執り行ってはどうかと、我が夫・重盛も申しております。」
「ああ、さような事であったか。」
【第37回】

PDVD_093_20121031103241.jpg


「殿。」
「経子。済まぬ起こしたか?」

PDVD_095_20121031103409.jpg


「いえ。かような夜更けまで何をお読みです?」
「西光殿にお借りした「本朝世紀」の写しじゃ。この国の歴史が、ようわかる。」

PDVD_100_20121031103600.jpg


「おい。そなたまで付き合うことはない。」
「知りとうございます。殿が何を読み、何を考え何をなさっておられるのか。ほんの僅かでも知りとうございます。」

PDVD_130_20121031103650.jpg


「摂政様が通られる時には、こちらが輿を降りて礼をせねばならぬ。そのことは教えたであろう?」
「殿。資盛は私たちに獲物を早う見せようと…。」

PDVD_224_20121031103741.jpg


「私が間違っておったと?」
「いいえ、いいえ…」
「なれぬ…私は…父上には…なれぬぅ_| ̄|○ 」
【第36回】

PDVD_161_20121014111302.jpg


「お疲れになったでしょう。すぐに、朝餉に致しましょう。」
【第33回】

PDVD_257_20120922131347.jpg


「後朝の別れを女子の立場で詠まれるとは…。」

PDVD_258_20120922131511.jpg


「なんと同じく女子の立場にて。」
【第31回】

PDVD_154_20120828203815.jpg


「でもそれが、殿のお役目なのでござりましょう。修羅の道を突き進む、お義父上様をお支えする事が。」

PDVD_229_20120828203914.jpg


「殿には、茨の道となりましょう。」
「覚悟の上じゃ。」
【第29回】

PDVD_190_20120727162406.jpg


「痛い!」
「あっ、申し訳ござりませぬ。」
【第27回】

PDVD_085_20120712111718.jpg


「殿。」

PDVD_087_20120712123229.jpg


「義父上様にお目通り願いとうて…」

PDVD_089_20120712123322.jpg


「我が兄、成親が、とんだ裏切りを致しました事を、ひと言、お詫び申げとう存じます。」

PDVD_091_20120712123353.jpg


「どうやら、それには及ばぬ。」
「えっ?」
【第24回】

PDVD_237_20120622140226.jpg 


「何を仰せにござりましょう。宮中の行事は、兄の大事なるつとめにござります」

PDVD_277_20120622140344.jpg

「重盛様。」
【第20回】

PDVD_223_20120527234713.jpg


「平氏のお役に立てることあらば、どんな事でもせよと。」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .