感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『源頼政」語録
保元の乱では源氏そして平治の乱で義朝から平氏側につくことになる摂津源氏『源頼政』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_078_20120709094358.jpg

(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

【第43回】

PDVD_092_201501271451130ac.jpg


「此度はおめでとうござります。」
「頼政殿。此度、そなたを三位に叙するを奏上し、お許しが出ましたぞ。ハッハハハ~。」
「殿がじきじき朝廷に願い出たのでござりまする。」

PDVD_091_2015012714511231f.jpg


「ありがたきしあわせ。命尽きるまで、平家と共に働きとうございます。」
「心強い。言仁様の、お健やかなご成長を願おうぞ!」
【第42回】

 PDVD_104_20150116154725701.jpg


「ご無礼をつかまつります。」
「頼政殿。」
「此度の事…面目次第もござりませぬ。この頼政がおりながら、比叡山の武力に屈し、天台座主を奪われる辱め…」
「面を上げられよ。此度の事は、咎めるつもりなどない。頼政殿は、歌会、今様合わせなどでも、法皇様との間をお取次ぎ下された。いずれその事には報いるつもりじゃ。」

PDVD_105_2015011615462800f.jpg



「父上。これは天啓にござりまするぞ。今こそ源氏再興をかけて、立ち上がる時ではござりませぬか。」
「申し訳なき事ながら、某もう…平家のためにも、源氏のためにも戦う気も力も、持ち合わせてませぬ。」
「父上!」


PDVD_106_2015011615462798d.jpg


「一つ、申し上げまする。やんごとなき方々が、酒の席で思いつかれた企てで倒せるほど、平家はもろくない。よくよくご思案の上、事を進められませ。」
【第40回】

PDVD_062_2014051613400807e.jpg


「忠清殿、何となされた?」
「アハハハ。何でもござりませぬ。頼政様こそ本日は?」
「法皇様より、今様合わせのお召しがござりましたゆえ、経盛様をお誘いに。」
【第34回】

PDVD_065_20121003110344.jpg


「仲綱。いつぞやわしに尋ねたな。かの平治の戦の折、何故源氏を裏切り、平家方についたのかと。あの時は、誰の目から見ても源氏の負けは明らかであった。あのまま義朝様に殉じておれば、まこと源氏は終わりであったのだ。」

PDVD_066_20121003110304.jpg


「平家の繁栄は、相国清盛様あっての事。万一、身まかられることあらば、そこに隙が生じよう。その時こそ…」
【第33回】

PDVD_077_20120922104424.jpg


「はい。これよりすぐに任地に赴かねばなりませぬ。されど、平相国清盛様の、五十の賀の宴と伺い、せめてひと言お祝いをと、はせ参じた次第にござります。」

PDVD_081_20120922104630.jpg


「仲綱。何を不服そうな顔をしておる?」

PDVD_083_20120922104814.jpg


「私は未だ、はかりかねておりまする。何故父上が、かの平治の戦の折、源氏を裏切り平氏方についたのか…。」
「仲綱。それ以上…言うでない。」

PDVD_234_20120922104916.jpg


「いや、まさか。平相国清盛様が、それほどの大きな力をお持ちの方だと示す、噂話であろう。ほんの都の土産話にて。」

PDVD_238_20120922105014.jpg


「これは…何とした事か。」
【第27回】

PDVD_170_20120712123806.jpg


「はなからこれを狙うておったのでしょうな。」

PDVD_289_20120712123918.jpg


「やられましたな。まんまと誘き寄せられたということにござります。」
【第26回】

PDVD_077_20120709094334.jpg


「左馬頭様。此度の果敢なる行い、この頼政感じ入りましてござります。されど…いささか浅慮とも思います。何故、今、かような形で兵を挙げられたのでござりますか?」
【第21回】

PDVD_246_20120607225251.jpg


「兵庫頭頼政!お味方に駆けつけましてござります!この上はご安心あれ!」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .