FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.6.15記述

2012兵役名門の家柄授賞式001


昨年10月11日入隊して現在は国防部演芸兵として服務中のチョン・ジフン(歌手Rain)が兵務庁で主催された'兵役名門の家柄授賞式'の司会を引き受けた。

15日、午前10時30分ソウル、鍾路区世宗文化会館セジョンホールで開催された'2012年兵役名門の家柄'授賞式の司会を引き受けたチョン・ジフンは国防広報院チョン・チャンヒ記者とともに舞台に姿を表わした。

今年で9回をむかえる'兵役名門の家柄授賞式'は1世代祖父から3世代の孫まで兵役の義務を名誉に終えた一族が選ばれ、尊敬を受ける社会的雰囲気を作るために去る2004年から始まった行事だ。 現在まで総1363一族が選ばれた。

本格始まった行事でMCとしてチョン・ジフンは物静かで淡々とした口調で間違えることも無く受賞者らを紹介して行事を導いた。

これまでも、チョン・ジフンは軍服務中に国軍放送FM(96.7MHz) 'Rain、KCMの疾走本能'でDJとしてファンたちと着実に疎通を受け継いできていて最近では総合編成チャネルTV組では'ディペンス リポート2012'でMCとして能力を誇示したこともあってこれまで積んだ司会の実力を自慢した。

この日進行を引き受けた感想を尋ねるとすぐにチョン・ジフンは"上部に許諾を受けないので答えにくい"として具体的な言及を避けた。

引き続きキム・ファンシク国務総理の受賞者らに対する祝辞とともに続いた記念写真撮影後、閉式を宣言したチョン・ジフンは速やかに行事場所を離れた。

なんでも、1世代から3世代まで現役兵として務めた家族を讃える賞だそうです。
したがって3世代(祖父・父・子供)の中で軍に入隊したとしても公益勤務などがいる場合はこの対象から外れるということです。

さぞ緊張したことでしょうね。
本当にお疲れ様でした。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .