感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第29回『滋子の婚礼』
2012年7月22日放送

002_20120722001712.jpg

永暦元年(1160)、平清盛(松山ケンイチ)はついに公卿の座にのぼった。
それは父・忠盛(中井貴一)もなしえなかった快挙であった。平氏は一門の多くが出世し、この世の春を謳歌する。家貞(中村梅雀)や美福門院(松雪泰子)も世を去り、時代は大きく変わりつつあった。

そんな折、上西門院の女房となっていた清盛の義妹・滋子(成海璃子)は時忠(森田剛)から二条帝(冨浦智嗣)のもとへの入内をもちかけられるが、きっぱりと拒否をする。二条帝とそりが合わず面白くない後白河院(松田翔太)はある日、宮中で滋子と会い、一目でその姿と気の強さに心ひかれる。やがて滋子は五白河院の子を懐妊、平氏一門は大騒ぎになってしまう。


平治の乱の戦後処理も終わり、いよいよ清盛が公卿になり、一族がいよいよ平氏から平家へと変わった29回です。

1160(永暦元)年6月、正三位になった清盛が後白河上皇のもとに挨拶に伺うがなんだかイマイチつまらなさそうに遊んでいる?上皇様なのです。丁寧に挨拶する清盛に

PDVD_003_20120726121950.jpg


「まさか番犬がそこまでのぼる日が来るとはのう。」
「お戯れを。このような日が来る事を、上皇様は、かの保元の戦の折よりお気付きであったはず。上皇様を頂く新しき世の始まり。我ら平家が力を尽くして、お支えする所存にござります。」

あの日、忠正を斬った後の宴で当時の帝だった上皇様に言われた言葉「播磨守。生きる力が湧いてこよう!ぞくぞくとしてこよう!ウァハハハハ~(笑)」 色んな犠牲の上に、のぼった公卿の座。

そして、住まいも貴族のような建物になり、一族の服装も貴族仕様になりました。
経盛が笛を奏で、皆が宴を催している所に平治の乱の途中で源氏から平氏へと従属した源頼政が挨拶にやってきました。

清盛が公卿になって他の皆もそれぞれ出世をしたようで盛国が頼政に改めてご紹介

003_20120726122834.jpg


「重盛様は伊予守左馬頭となられました。基盛様は遠江守。宗盛様は淡路守。知盛様は僅か九つにして武蔵守。頼盛様は尾張守。教盛様は、常陸介となられました。」
「お喜び申し上げます。」
「あの…私は?」
「経盛様。アハハハハハ~!見えませなんだ。(笑)経盛様は伊賀守となられ…」

まさかまさか、またもや経盛は影薄い存在に…。以前は忠盛に「見えなんだ」と言われ今回はなんと盛国に言われるとは…(汗)おいたわしやなんてな。(笑)
挙句に話の途中で突然、兎丸たちが乱入!?いえいえ、大宰府から戻ってきたという事だけど、驚いたのは頼政。突然、偉そうな言葉遣いでづかづかやってきた何とも胡散臭い輩たち。

「今回の戦利品や。開けろ。」

盛国が頼政にレクチャーします。亡き大殿の頃から神崎荘にて宋との取引をして約30年している事など。
持って帰ってきた品々を吟味してそれぞれ関白様、帝、上皇様と何処に渡すのかを盛国に指示する清盛。
そんな中から兎丸が嬉しそうに取り出した箱

PDVD_019_20120726122953.jpg


「これやこれや、これは家貞のおっさんの分や。家貞おおっさん…あれ?おっさんは?」

キョロキョロと家貞を探す兎丸(優しいねぇ)。しかし家貞は自宅で床にふせっておりました。
そこへ兎丸のお土産を持って清盛と池禅尼がお見舞いにやってきました。
ここで初登場なのが「博多よかばい食品(byサラリーマンNEO)」社員(笑)…ではなく、家貞の息子の貞能でした(笑)

清盛もいつに無くリラックスした表情で皆が終始、和やかなやり取りの中

「兎丸がこれをそなたにと。ほれ。」

と家貞に見せる清盛。それは家貞の大好物の唐果物。喜ぶ家貞を見て清盛も嬉しそうな表情です。

「先々代の…正盛様でござりました。初めて私に、唐果物をお与え下されたのは。かようにうまき物がこの世にあろうものかと、それはもう驚き、毎日でも食べたいと、思うたものでござります。それゆえにでござります。私が一門において、宋との交易を、盛んに進めてまいったのは。」
「えっ?そうなのか?」
「はい。」

004_20120726125827.jpg


この意外な家貞のカミングアウトに「マジかよ?」ってな具合で戸惑う清盛。池禅尼を見るとにこにこしながら頷いている様子に

「ただ唐果物を毎日食いとうて?」
「はい。」
「アハハハ~呆れたやつじゃ。」
「されど殿、そんなものでございますよ。欲する事、欲しいと思うこと。すなわち、欲こそが、男子の力の源。亡き大殿。忠正様、家盛様。あるいは鳥羽の院。悪左府様。信西入道。源氏の棟梁・義朝殿。殿はこれから先、そうした方々全ての、思いを背負うて、生きてゆかれるのです。」
「もとよりその覚悟じゃ。それこそが、我が欲じゃ。」

その言葉を聞いた家貞は起き上がり、唐果物をおいしそうに食べ、清盛に伝えたい事を伝えきってこの世を去りました。厳島で家貞の弔いの祭壇には沢山の唐果物のお供えが…。

船に荷を積んでいる最中、春夜が清盛に何をご祈願したのかと尋ねるともっと強くなる事だと。意外な言葉に景弘も幾度の戦を勝ち抜き、今の地位までのぼりつめたのにと。この時、シーンごとで烏帽子が折れてたり折れてなかったり…(笑)気にしちゃいけませんか?(汗)

PDVD_058_20120726132200.jpg


兎丸に宋船で出会った頃の話をなつかしく語る清盛。そして宋銭と出会い、何か面白き事をしたいと言ってから30年近く。長い間待たせたけれどいよいよ自分はこれからやるぞと、それに答える兎丸。そしてそのためには国の頂にたってこの国を動かせるだけの強い力が欲しいと。キラキラした瞳で夢を語る清盛。

そして参議の場に並ぶ清盛。ここでまた新しいメンバーが登場ですね。
関白・藤原基実と内大臣・藤原基房。忠通様もまだまだご健在ですぞなもし。関白の座は基実に譲ったようですけど…。そんな清盛のやりようを噂に聞いたと美福門院様

「大宰大弐。公卿議定において、途方もない事ばかり申しておると聞く。」
「不調法な新参者にて、お恥ずかしい限りにござります。」
「申してみよ。そなたが思い描く国づくりとやら。」
「何というても交易にござります。国をあげて宋と取引をし、宋の銭・宋銭を国中に広める事が出来れば、さまざまな品がよどみなく国を巡り、豊かになりましょう。」
「なるほど。それは途方もない。されど、そなたには、はっきりと思い描けておるのじゃな?ならばきっと成し遂げよ。賢く若い帝のもとで。」

PDVD_075_20120726131538.jpg


美福門院様の言葉の重み…でも成し遂げよと言ってもらえた事で更に自分の思い描く世を作る為に邁進する事になるのでしょうね。雨に濡れる菊の花。清盛の言葉に目を潤ませているように見える美福門院様。最後の力振り絞り清盛に未来を託し毅然とした態度でその命を全うしたようです。

美福門院様亡き後、二条帝をお守りすると誓う清盛。そしてまずは時子を帝の乳母にする。そして、未だ皇子が生まれない帝の事を生前、美福門院様が心配していたと。中宮が出家してしまい女子が周りにいないことは何かと困るだろうと清盛。その言葉を聞いて時子の表情は「殿は何を考えておるのでしょう?」という感じ?

久しぶりに登場の滋子。
今は、上西門院様の女房としてお勤めに励んでおられるようですが、他の女房たちに癖毛の事で嫌味を言われたりして…しかし何の何の、そんな事でへこたれる滋子様ではござりませぬな。反対に嫌味を言った女房に蛙がいたと思ったらそなたの顔であったと平然と言ってのけるほどです。上西門院様のお部屋の支度が出来たと報告にきたらそこに自分に客人だと。見ると時忠が…。時忠の官位は右小弁というらしい。

PDVD_088_20120726131730.jpg


上西門院様が右小弁に対して滋子の働きを褒め倒しております(笑)どうやら滋子を上西門院に推挙したのは時忠のようですね(笑)上西門院様が立ち去った後、滋子は時忠に向かってなにまた悪だくみを考えているのって(汗)兄上の話が良い話だったためしがないって…

「帝の妃となる話であってもか?帝は18、そなたは19。年の頃もちょうどよい。清盛の兄上も今や公卿。義理の妹を入内させるもお心次第じゃ。」

きっぱり断る滋子。自分の好いた人の妻となる。それがどんな身分の人であろうと言ってまたしてもあっかんべーで話を切り上げちゃいました。トホホ…

清盛は珍しく時子と双六に興じておりますが、時忠から滋子の反応を聞いて「相変わらずじゃのう」と一笑。時忠は「美貌の持ち腐れ」だと。しかし時子はそんな清盛たちの策を心配しております。時子様も御髪や装束が劇的に変化しましたね~。でも十二単が重そうですぅ。

PDVD_098_20120726135927.jpg


「大事無いのでござりますか?入内をたくらむなど、そうもあからさまに帝にお近づきになろうとするは、上皇様のお気に障るのでは…。」
「障らせておけばよい。あのお方は、近づき過ぎれば痛い目に遭う。さりとて遠ざけ過ぎればご機嫌を損ねよう。つかず離れず、ほどよい間を保つのが吉じゃ。」

その難しいお方、後白河上皇様といえば…
清盛からの献上品の青磁器類などを眺めているけれど、どうも面白くないご様子ですね。

「かような器一つや二つわしの機嫌をとったつもりか?」

と言って持っていた器をぽいっと投げ捨てちゃいました(@_@;)
でもちゃんとお互いがお互いの事わかっていながらそんなパワーゲームを楽しんでいると言うのか…

PDVD_107_20120726140038.jpg


そして何をするかと思えば、皆を呼んで宴を催しているんだけどまたもみんなの前でのワンマンショー。
とはいえ、決して心から楽しんで踊り歌って飲んでいるという感じではないんですよね。
摂関家の皆々様は付き合わされてうんざり気味…。忠通様いい表情ですなぁ~(^O^)

そこに偶然と言うか上西門院様のお供でやって来ている滋子の姿もありまして、じーっと上皇様の様子を見ております。そして夜…薄暗い中で1人お酒を飲んでいる上皇様。そこへ「遊びをせんとや~♪」と明るい歌声が聞こえてくる。滋子ぞなもし。上皇様の「誰や?」という表情がいいですね。

突然部屋に引き込まれる滋子。そして「歌うでない」と言われるけど、良く見るとそれは昼間見た上皇様その方でした。

「その歌を…。さように朗らかに歌うでない!」

そんな事でひるむような滋子ではありませんよね(笑)

005_20120726141136.jpg


「お見受けしたとおり、おかしなお方。朗らかな歌なのですから朗らかに歌えばよいものを…。」
「ふふふふふっ(笑)朗らかな歌じゃと?これが。ふふふふふふっ(笑)ふふふふふあはは~、あはははは~あはははは~。」
「あはははは~(笑)あはははは~、情けないお方。」
「誰に向かって申しておる?」
「声をからして歌う事でしかお心を埋められぬ、弱いお方が目の前にいる。ただそれだけにござります。」
「ただで済むと思うておるのか?わしにさような口をきいて。」
「済まされぬならそれもまた結構。歌より他にぶつけられるものを見つけなされませ。」

この時の上皇様声は厳しい口調だけど表情は青墓で乙前と出会った時のような孤独を抱えている事を悟られた時のような、幼子のような表情をしていますね。自分よりはるかに若い女子に自分の本心を完全に見透かされてごまかしようがなくて、戸惑いと不安の入り混じり感じが。

そしてこの時の滋子が言った「声を枯らして~」は「ふたりのはみだし者」で博打に負けた当時の雅仁親王が清盛の家につれて来られたときにやはり清盛に「その笑い声。私には赤子の声にしか聞こえませぬ。自分がここにおると、腹を空かせておると、母を求め、わめき散らす赤子の泣き声に。」 そんな人が再び現れるとは思わなかったのか上皇様思わず杯を投げ捨てるがそんな事にも全く動じない滋子を見た後の表情の変化。思わず抱き寄せる。そしてしばらく過ごした後、リラックスした様子の上皇様が滋子の髪を触ろうとするが滋子が拒否ろうとするけど

「よう似合うておる。」

PDVD_121_20120726141606.jpg


普段、女房たちから「蛇がとぐろを巻いておるようじゃ」なんて言われ気丈に振舞う滋子だけどやはり気にしているわけですね。上皇様にそんな事言われたら女子としてはたとえ嘘だとしても嬉しいものです。そして改めて名を尋ねられる滋子。自分が清盛の義妹ということを知らされ驚く上皇様(「やべっ!」と思ったかな?)。何という因縁というか…思わず戸惑う上皇様。そして滋子に突き放したかのように帰れと言うけれど滋子は上皇様のそんなそぶりに何かを感じたのか帰らないと。

「政の道具になるだけぞ。」
「なりませぬ。」

清盛の義妹ということで複雑な思いもあっただろうけど、それ以上に自分の弱い部分を見抜く女性自分を理解してくれる女性に出会ったのにそれがよりによって清盛の義妹だなんて、そしてその事がこれから自分を愛する事で、彼女にとって大変な人生になるかもしれない事。珍しく上皇様が真剣に滋子の事を思ってくれている事、でもそんな部分も含めて受け入れようとする滋子の強い気持ち。なんだか珍しく純粋な2人にウルウルしちゃいました。

しかしそんな甘い出来事ばかりな筈も無く…
清盛の屋敷では兎丸たちがまだ幼子の盛子や徳子たちと戯れておりますが、そこへ慌ててやってくる清盛。すでに他のメンバーは揃っておりますしその中央には清盛を待つ滋子の姿も…。この時の清盛の烏帽子が…折れて何とも情けなや…(笑)

滋子に向かって妊娠したとは事実なのかと問いただすとあっさり事実だと。
清盛若干パニック状態。子供の父親が上皇様なのかと尋ねてもあっさりそうだと。
もう、清盛呆れると言うか…思わずその場にへたり込んでしまいました。(笑)

PDVD_144_20120726141942.jpg


清盛にしてみたら、今回のこの件は上皇様が自分が二条帝に肩入れしている事に対し、入内させないための嫌がらせで滋子を手篭めにしたと思ったようですが、それをきっぱり自分の意思だと言う滋子にまたも驚く清盛。ここからの清盛・滋子・時忠のやり取りが最高に愉快であり、そして滋子の言葉に打ちのめされる清盛の表情は兄と言うよりもおてんばな娘を持った父という感じですよね。

「滋子。そなた申したな。自分は好いたお方の妻になりたいと。」
「申しました。」
「そなたはまこと。上皇様を思うておるのか?」
「さようにござります。」
「なんとなんと。気ままな女子と思うておったが、ここまでとは!」

基盛にしてみたら何で清盛がそこまで反対するのか分からないので素直に平家一門にとっては別に悪い事じゃないんじゃないかと言うんだけど…

「ただの上皇様ではない!あのお方ぞ!」
「されどもう後へは引けますまい。既に上皇様も、滋子殿の婚礼を整えておいでにござります。」

006_20120726143039.jpg


あの上皇様ね…(笑)この時はまだ上皇様の本心も分からないわけで、このままスムーズに事が運ぶのか、自分のしたい政にこの事がどう影響してくるのかも分からないということのほうが気がかりなわけですね多分。

そしてあのお方…上皇様の方は、なんだか珍しく生き生きしてると言うか嬉しそうに滋子との婚礼の日取りや宴や新生活の準備に忙しいようで、朝子もそんな上皇様のお願いに「はいはい」と笑顔で答えていますね。成親殿も皆ニコニコしていますね。上皇様自身も大満足という表情。

「台無しじゃ。あのお方とはつかず離れずを保つ。帝とのつながりを磐石にする。それがこの先、朝廷において一層の力を持つには欠かせぬ事であったものを!」
「清盛の義兄上には、申し訳なく思っております。されど滋子の心は滋子のもの。誰の勝手にも出来ませぬ。」

一連のやり取りを静かに聞いていた時子も、そんな妹の行動を謝ります。でも滋子が心よりそう思っているなら姉としては祝ってやりたいと言うんだけど家族として一門で婚礼支度を整えてあげたいと清盛に懇願するんだけど、清盛は拗ねてしまったのか「知らん!俺は一切手を貸さへん。」そんな言葉に流石に時子も我慢できず

007_20120726143409.jpg


「なんと頑固な…。もう結構にござります!全て私たちで致しますゆえ!」

おぉ、時子殿が怒っておりますぞなもし。そしてそのとばっちりは幼き娘たち

「娘らは平氏の身内である事を第一に考えよと教え込め!」

さっきまでの楽しかった雰囲気が一気に険悪なムード、こういう父親って現代にもごまんといますよね~。
自分の虫のいどころが悪くなると途端、意味も無く色んな人や物に対して八つ当たりする人。


PDVD_181_20120726144007.jpg


上西門院様に仕事をやめる為のご挨拶に来た滋子なんだけど、上西門院様ご自身は滋子が義妹になる事は嬉しいんだけど、素直に祝福してあげる事は出来ないと。それは後宮の厳しいしきたりの中で一番の問題は滋子の癖毛の事で上皇様が周囲の笑われ者になってはと言う懸念。滋子は気丈に自分は気にしないし、上皇様も気にしないと言ってくれていると言うんだけど、そんな事でまかり通る世の中ではないし帝との事もあると言われすっかり落ち込む滋子なのです。

それを聞いたか一門の女子たちが滋子の癖毛をなんとかまっすぐに出来ないかとミッション開始。
布に熱湯をつけて髪に当てて伸ばしてみたり、櫛で伸ばしたり、あれこれやってみるけど、やられている滋子も痛かったり熱かったり大わらわ。騒がしいので覗いてみた清盛はその様子に何してんだ?と思ったら池禅尼が

「滋子殿の髪を伸ばしておるのじゃ。巻き髪では公卿の笑い者ゆえなんとかせよと、上西門院様よりの仰せだそうな。」
「なんとばかげた…」

女性ってこういうことあるよね~。男性から見ると何でどうでもいいような事にこだわってんだ?ということって。まぁ、男性もあるけどね(笑)特に集団ともなるとねぇ…おぞましや。

時忠も、何か髪を伸ばせる道具がないかと色んなものを箱に入れて持ってきたけれど、その中で木の板をチョイスして時子が髪を挟んで伸ばそうとするけどやはりただ痛いだけ…(ー3ー;)
もう涙ぐましいですぅ。時子にしても時忠にしても可愛い妹の願いを叶えてあげたいと思う気持ち?清盛はそんな滋子の様子を「痛そうで見ておれん」と言いたげな感じ(笑)結局いずれの策もダメで経子も時子も池禅尼も申し訳なさげな表情。滋子の髪には引っかかった櫛が刺さったまま…

008_20120726144950.jpg


そんな様子を見た清盛が滋子に向かって

「もう、よいではないか。さような事で人の値打ちが変わる訳ではなかろう。そもそも滋子が、さようなつまらぬ事を気にする女子であったとは…。見損なったぞ。」
「殿には、恋する女子の気持ちは分かりませぬ。」
「なんじゃと?」
「取りやめに致します。上皇様のもとへは参りませぬ。」

皆が慌てふためきます。清盛は呆れちゃうし、時忠は慌てるし、でも滋子は上皇様に恥をかかせたくないと乙女心ですねぇ。もし子供が生まれても自分と同じ巻き髪かもしれないしなんて健気だなぁ。困った清盛…池禅尼

「さて、清盛なんとするのじゃ?婚礼が取りやめとならば、それこそ上皇様はご機嫌を損ねられよう。」

この時の困ったなぁ~と言う清盛のため息と表情。完全に40台のおっさんですなぁ(笑)
仕方ないので清盛は上皇様に婚礼の延期をお願いする為に会いに行くんだけど、成親が上皇様は誰の面会も受け付けないと言われちゃって、そこを何とかと言うんだけど成親曰く、別に機嫌を損ねて会わないと言ってるわけじゃないと言われ清盛「ん?(なんで?)」

009_20120726151400.jpg   


成親に連れられて上皇様の様子を隠れて見てるんだけど、何も召し上がらない事に朝子が心配して白湯を勧めたりするけど「いらぬ!」と拒否る。読み物を読んでても頭に入ってない様子でぽいっと投げちゃう。実は滋子が婚礼を考え直していると言う情報を聞いてからあんな調子なのだと成親に聞かされる清盛。上皇様がいつに無く落ち込んでいる様子を見て思わず笑いが出ちゃいました。こんな可愛い駄々っ子のような上皇様を見たことなかったからでしょうね。

滋子も落ち込んで寝込んじゃって…
そんな不憫な妹が心配でならない時子だけど滋子は一門に迷惑をかけて申し訳ないと。
時子は滋子に本当に上皇様の事がすきなんでしょ?あなたにとって上皇様が光る君なんでしょ?そんな姉妹のやり取りを静かに聞いてた清盛。

婚礼の当日。庭を見つめて座っている滋子を見つけた清盛。兎丸たちがあれよあれよと言う間に滋子が逃げないように担いであっという間にどこかに連れて行きましたぞなもし。この時の滋子の驚きようと表情が可愛いですよね。その様子を見て驚く時子に婚礼に行く支度をしろと言う清盛。

御所では上皇様はじめお歴々の皆々様が並んでおります。
成親殿が清盛に合図をしてそれを受けて清盛も家人に合図をするとドラの音とともに珍しい音楽が流れてきて朝子を筆頭に珍しい姿をした滋子の登場です。滋子の事を考えて清盛が兎丸たちに命令して巻き髪が魅力的に見えるようにと、宋国風な衣装と髪型で上皇様のもとにやってきた滋子。とても可憐で可愛いですね。貴族たちもその姿に驚き、上西門院様もまるで天女のようだと嬉しそうです。

「巻き髪が醜いなどと、誰ぞが大昔に決めた事。さような因習にとらわれているうちは、新しき世など名ばかりでござりましょう。」

010_20120726152331.jpg


貴族の方々が一斉に清盛を見る。上皇様は立ち上がって自ら花嫁の滋子のもとに向かい手を差し伸べる。それを嬉しそうに応える滋子。優しくエスコートして席まで一緒に向かう2人が嬉しそうで…微笑ましい限りです。そしてそんな妹の姿を見て嬉しい時子はなにより滋子の事を考えてこんな風に準備してくれた清盛に対して

「殿。ありがとうございます。」
「わしはただ、上皇様に借りをつくりとうなかっただけだ。またこれをしおに、宋との商いにも弾みがつけばよいと思うてな。」
「はい。」

時子の嬉しそうな顔。やはりわが殿は素敵!という感じでしょうか?
清盛もうまく言い訳したりなんかして…今回は滋子と上皇様の純粋な気持ちを尊重したという感じですね。

PDVD_272_20120726153209.jpg


ひと仕事終えた、兎丸、その隣には厳島から桃李が来ているようですね。きっと清盛が兎丸を通じて宋に詳しい桃李を呼んで滋子の衣装や髪型の世話をしたようですね。桃李も無事にミッション完了でほっとしたようですけどやはり彼女も乙女なのです。憧れますよね~。そんな桃李のふとした言葉に兎丸が何だかときめいているような表情?そしてそんな2人を遠くから見ている麒麟太夫たちです。

宴もたけなわで、上皇様が楽しそうに「遊びをせんとや~♪」と歌い舞っております。そして清盛も促され一緒に「遊びをせんとや~♪」と宴を盛り上げるのでした。久しぶりに歌うケンちゃんそれもアカペラなので何度観ても妙にドキドキしちゃいます(これはファンとしての大丈夫か?と言う意味合いで…)

このところ、清盛的には心情として辛い回が多かったので今回は少しほのぼのとしたと言うかコミカルなシーンがふんだんに盛り込まれた回でした。確かに今回で家貞と美福門院様が最後だったんだけど、単に感傷的やドラマティックではなく、家貞は皆に愛されそして自分のやるべき事を全うした人生を締めくくって、美福門院様も鳥羽院、そして色んな人が成しえなかった事を清盛に託し命を全うしたということですがすがしく感じました。本当に梅雀さん最後まで楽しませてくれてありがとうございます。松雪さんも素敵な最後でした。最後の清盛と美福門院さまとのシーン、DMCとは違った2人を見れてファンとしては嬉しかったですね。

次回はいよいよ、崇徳上皇様の最期と平家納経です。これまたハードな展開になりそうですし、当日は崇徳上皇様(井浦新さん)ご自身がツイッターに登場ということでこれまた楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .