FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
NHK大河ドラマ「平清盛」の前半戦の山場となる第27回「宿命の対決」のマスコミ向け試写会7月3日(火)に行われ、松山ケンイチと玉木宏が報道陣の質問に答えました。

第27回試写会&記者会見006




2012.7.3記述
ORICONSTYLEより

【平清盛】源義朝役の玉木宏、宿命の対決終え「ふわ~としています」


第27回試写会&記者会見003


 NHK大河ドラマ『平清盛』に主演する俳優・松山ケンイチと、清盛のライバル・源義朝を演じる玉木宏が3日、東京・渋谷のNHK放送センター内で会見した。5月22日にクランクアップした玉木は、役作りのため「マックスで73キロまで増やした体重から7キロくらい落ちました」と見た目もすっきり。「全力でやらせてもらった現場が終わって、ふわ~としていますね。気持ちが途切れてしまったよう…。それだけ良い現場だった。幸せでした」と胸を張った。

 1日放送の第26回で、信西(阿部サダヲ)に冷遇されていた義朝(玉木)が、後白河上皇(松田翔太)の側近・信頼(塚地武雅)らと結託し、決起。世にいう「平治の乱」が起こる。次回、8日放送の第27回「宿命の対決」では、武士と貴族の立場が逆転する象徴的なシーンと、「平治の乱」を決着させる清盛(松山)と義朝(玉木)の「一騎打ち」が描かれる。

 一騎打ちのシーンは、総重量12キロの大鎧(おおよろい)を着た松山と玉木が、馬上でのアクション、地上での殺陣、すべて吹き替えなしでやりきった。清盛は宋剣で、義朝は太刀で、命をかけて戦い、徐々に疲れていく様子までリアルに再現。松山は「すべてうまく行ったような感じ。満足した出来になっています」ときっぱり。玉木も「力ではかなわない清盛の剣の隙を狙う、太刀の特徴を生かした殺陣が見られると思う。いままで見たことがないものにしたい。模索しながらやりました」と満足げだった。

 一騎打ちのシーンは、2人の立ち回りだけでなく、「武士というカテゴリーの中では平氏も源氏も同志であり、ファミリーみたいな関係だった2人が戦うことになり、一方が負けていなくなってしまうのはさみしいし、心苦しいという気持ちも良く出ていると思う」と松山。「第27回が一番、僕の中では心が震えた回になりました」とアピールしていた。

 今後の展開について松山は「平治の乱を経て、清盛は公卿たちと渡り合い、政治を行なっていく。武家の棟梁というより、政治家になって、国を豊かに変えるという夢に向かっていく。かといって、根は武士なので、貴族にはなりきれない。公卿たちに染まらないようにやっていきたい」と語ると、玉木は「視聴者として期待して観たいと思います」とエールを送った。

 なお、8日の放送では、6月17日放送の第24回「清盛の大一番」で初めて試みたツイッターによる生解説を再び実施する。前回は放送時間中、前週比139%となる約2万2000を超える関連ツイートが発生したとして、新たに番組専用アカウント(@nhk_kiyomori)を開設(7月2日現在でフォロワー数は約9000)。今回はゲストに時代考証の本郷和人氏(東京大学史料編纂所准教授)を招き、磯智明チーフプロデューサーとともに、各シーンの背景解説や見どころ、制作裏話をツイートする。



シネマネットカフェより

玉木宏、大河ドラマ撮影終了に「寂しさがこみ上げてきた」


第27回試写会&記者会見004


NHK大河ドラマ「平清盛」の前半戦の山場となる第27回「宿命の対決」のマスコミ向け試写会7月3日(火)に行われ、松山ケンイチと玉木宏が報道陣の質問に答えた。

7月1日(日)放送の「平治の乱」と7月8日(日)の「宿命の対決」の2回にわたり、清盛(松山さん)率いる平氏と義朝(玉木さん)が棟梁の源氏が対決する“平治の乱”の模様が描かれる。

特に「宿命の対決」ではこれまでライバルであり良き友でもあった清盛と義朝がそれぞれの家の命運を背負って1対1で戦うシーンも。松山さんは「この2回に関しては、さだめを背負っていかねばならない苦しみと悲しみを感じながら演じた」と語る。一方の玉木さんも「演じながら悲しさを感じていました。義朝は強くあることが武士の真(まこと)と信じて生きてきたので、その気持ちを持って臨んだ」と複雑な思いを明かした。

一騎打ちのシーンでは鎧を身に着けた状態で数分におよぶ殺陣を披露しているが、松山さんは「鎧をつけての殺陣はやはり特殊で、斬っても斬れないし突いても突ききれないところがある。理にかなった動きをしないと説得力がない」と語り、入念に話し合いを重ねて作り上げていったことを明かす。その甲斐あって「全てがうまくいったと思います。僕の中では一番、心が震えた回です」と手応えを語った。

玉木さんはすでに全てのシーンの撮影を終えているが、清盛との対決シーンでは「撮影が終わる寂しさが込み上げてきました。『また会おう』と言うんですが、もう会えないと思うと寂しかった」と心境を明かす。本作への出演を通して自らの成長を実感しているようで、「この作品が終わって、全力でやらせてもらった作品だったのでいまはポワーっとしてます(笑)。いい現場だったんだと感じてますし、全力で没頭できる場所があることの幸せを感じています」としみじみと語った。

また主役として現場を引っ張る松山さんを、玉木さんは「役への姿勢が素晴らしい」と絶賛。「誰よりも役のことを考える姿は刺激だったし、その姿勢が僕を動かしてくれた」とライバルの存在の大きさを語る。

この戦いののち、清盛はいままで以上に政治家として活躍していくことになるが、松山さんは「武門の棟梁といよりも政治家の立場が色濃くなっていきますが、それは『民が笑える世の中を作る』という夢があるから。でも根は“武士”です」と新たな展開への意気込みを語った。

この「宿命の対決」の放送では、2回目となるTwitterによる番組解説を行なうことも決定(@nhk_kiyomori)。時代考証の東京大学史料編纂所准教授・本郷和人を迎え、時代背景の解説やスタッフによる撮影の裏話などのツイートが行われる。



スポニチアネックスより

「平清盛」 低視聴率脱却へ“決戦” 松ケン「心が震えた 満点」

俳優の松山ケンイチ(27)が3日、NHKで大河ドラマ「平清盛」マスコミ向け試写会に共演の玉木宏(32)とともに登場した。

 7月8日に放送予定の第27回「宿命の対決」では、平清盛(松山ケンイチ)とライバルの源義朝が歴史上初めて対決した「平治の乱」を描く。見どころは、2分にも及ぶ2人の一騎打ち。時代考証を積み重ねた馬上での戦いや接近戦など、緊張のシーンが続く。

 松山は、「心が震えた」と決戦シーンを振り返り、「すべてがうまくいった。自分の中では満点」と自信を見せた。

 関東地区では6月24日放送分が過去最低の視聴率10・1%を記録するなど、低視聴率でも話題になっているが、同局は「応援のメッセージが多数寄せられている」とアピール。前半のクライマックスとも呼べる同回をきっかけに低視聴率から脱却したい考えだ。

 そのため、放送に合わせた時間帯に制作裏話や時代考証の専門家による“解説ツイート”を行う「平清盛専用ツイッターアカウント第2弾」を開設し“テコ入れ”をする。玉木宏は「もっと声が聞けたらいいな」と視聴者へ呼びかけた。


第27回試写会&記者会見001


玉木宏 10キロ増量!「平清盛」にかけた役者魂を松ケン絶賛


俳優の松山ケンイチ(27)が3日、NHKで大河ドラマ「平清盛」のマスコミ向け試写会に共演の玉木宏(32)とともに登場した。

 松山はすでにクランクアップした玉木について、「体づくりが半端じゃなかった」とその役者魂を絶賛。関東の力強い武士であった源義朝に近づくため、およそ63キロだった体重を10キロ近く増量して撮影に臨んだという。

 玉木は、「強くあることを最後まで信じた」と自らの役について語り、「魂を込めてやれた作品」と大河にかける意気込みを見せた。

スポットのあの騎乗での殺陣のシーンといい、その後の清盛の馬から下りる身のこなしの軽さといい、全力で義朝の所に向かって行くスピード、20キロの鎧をつけている人とは思えない身のこなしは恐るべしですね。
それにくらい点いて行こうとする義朝の玉木さんがまたカッコイイですよね。全力で清盛を生きるケンちゃんに負けじと食らいついて義朝になるべく努力された玉木さんに本当に感謝ですし、玉木さんの俳優人生の中でもきっと3本の指に入る作品となったと思いたいです。

清盛と義朝の最後の戦いそして義朝の最期しっかり見届けさせていただきますね。
どうか信西も義朝もいなくなった清盛をこれからも応援していてください。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
清盛サイトで動画アップしてほしいです~。

松山さん、身も心も清盛だから仕方ないけど、
そのひっつめ髪、おでこ後退するどー。
心配じゃ。

清盛終わったら、頭皮に負担をかけないようにして、きれいなおでこを取り戻してね。
DMCプロモの頃のおでこ見せは素敵だったんだから!
ひっつめると、顔も引っ張られて目も細くなっちゃうし。
ヤフコメに「玉木だけイケメン」と書かれて悔しい!
2012/07/03(火) 22:26 | URL | のり太 #-[編集]
Re: タイトルなし
のり太さん、こんにちは♪

> 松山さん、身も心も清盛だから仕方ないけど、
> そのひっつめ髪、おでこ後退するどー。
> 心配じゃ。

あはは~大丈夫じゃないでしょうか?
私もでこっぱちで小学生の頃からよく髪を切りに行くと余りゴムで結ぶとといわれたけど当時ショートヘアばっかだったからね(笑)

まぁ、時代劇などではぶたいなどする事が多くなるとどうなるかわかんないだろうけど(笑)

> 清盛終わったら、頭皮に負担をかけないようにして、きれいなおでこを取り戻してね。

もうすぐ、ツルツルピカピカ(反対にしょっちゅう剃らないと髪が伸びちゃいけないだろうから)になるからね(極端だって?致し方ないですよね)

> ヤフコメに「玉木だけイケメン」と書かれて悔しい!

あはは~まぁ確かに玉木さんイケメンですからね。
ケンちゃんは味わいがあるからそれはそれでいいのだなんてな(これじゃダメですか?アハハ)
2012/07/14(土) 15:01 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .