感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『平貞能』語録
平家貞の息子『平貞能』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_020_20120730134420.jpg
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)



【第43回】

PDVD_062_20150121112718bd3.jpg


「大殿、ご洛上の由にござります。」
「父上が?」
「火急にてして、大事な用との事。」
【第41回】

PDVD_061_201407031102454bb.jpg


「御無礼つかまつります。」
「貞能、何事じゃ?」
「急ぎ、お耳に入れたき事がござります。」
「ん?」
「法皇様の九の宮様、十の宮様の事にござります。」

PDVD_062_20140703110244a2f.jpg


「お二人とも、幼くして寺に入られ、いずれ僧になられるはずだが、いかがした?」
「法皇様が都に呼び戻され、帝の養子になさったと。」
「中宮様に皇子様が授からねば、そのいずれかを次の帝にとのお考えにござりましょうか。」

PDVD_063_20140703110450056.jpg


「強訴を退けよと、法皇様のお下知じゃ。皆々、代理を守り固めよ。」
「承知!」

「されど殿。叡山とは仲悪しくならぬようにと、福原の大殿が常々…」
「分かっておる。」
【第37回】

PDVD_135_20121030142017.jpg


「資盛様のお輿を襲った供奉たちの職を解くとの事。」
「さような筋の事ではないと伝えよ。」
【第36回】

PDVD_125_20121014123019.jpg


「ご自身では手に負えなくなった法皇様は、今宵、この事を朝廷で議せよと命を下された由にござります。」
「はぁ~。」

PDVD_140_20121014123200.jpg


「大殿より言いづてがござります。議定で、いかなる結論が出ても、断じて事を構えるなと。」

PDVD_143_20121014123355.jpg


「信じられぬ。事は成親様の流罪ぞ。」
「無論、その事も申し上げましたが…」

PDVD_144_20121014123542.jpg


「成親様は義理とはいえ、重盛様の御兄君。それをみすみすお見放しになるようなことは…。」
【第35回】
PDVD_063_20121011090706.jpg


「ここに館を建てて住まう。」
「あのような寂れた場所にでござりますか?」
「風光明媚といえ。」
【第34回】

PDVD_011_20121003120951.jpg


「早う兎丸に命じて、博多から取り寄せよ!」
【第33回】

PDVD_117_20120921212456.jpg


「なんと!殿も経盛様も教盛様もご存じないと?」
「ない。」

PDVD_251_20120921212714.jpg
  


「グガァ~(鼻を鳴らすおと)ひどうござります。殿たちの、末の弟君でござります。」

PDVD_252_20120921212844.jpg


「いずれ都へお招きせよと、父・家貞から申し付かっておりましたゆえ、このめでたき折にと。」

【第32回】

PDVD_090_20120919144821.jpg


「そうなりましょうな。」
【第30回】

PDVD_152_20120802132635.jpg


「それは噂の讃岐の院の怨霊とやらを恐れての事でござりますか?」

PDVD_225_20120802133620.jpg


「このままでは船が覆ります!」
【第29回】

PDVD_023_20120730134633.jpg


「ついでに、腰も抜けておりましたがな。父上。」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .