感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『藤原基房』語録
藤原家の再興、貴族政治の復権をもくろむ『藤原基房』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_073_20120922210902.jpg
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

【第42回】

PDVD_092_20150115161117ac2.jpg


「根も葉もない言いがかりばかりでおじゃる。されど法皇様は、斬首せよと仰せ。せいぜい、流罪が相当でおじゃろうが…。」
【第41回】

PDVD_065_201407031113323d1.jpg


「さても、さても。公卿になったというても、所詮は武家。あ~猛々しさは、まるで変わらぬ。うわぁ~」

PDVD_064_201407031113339cb.jpg


「今、何と仰せになりました!?」
「加賀守師高は、尾張国へ。その目代師経は備後国へ、流罪と相なった。」
【第39回】

PDVD_131_20140428151546792.jpg


「自らの娘を入内させ、更には法皇様、女院様をお迎えしての、千僧供養、そして万灯会。清盛入道のたくらみが、形づくられていっているのであろうが、どうにもその形が見えませぬ。」
「口をつぐめ。」

PDVD_130_2014042815154646a.jpg


「何もかも。古よりのしきたりから外れておる。」

「「賜う」という文言もけしからぬ。上の者から下の者への言いようじゃ。」
【第38回】

PDVD_285_20140109123110cab.jpg


「もう沢山じゃ!これ以上相国入道に力を持たせてはならぬ!」

PDVD_286_20140109123112609.jpg


「誰よりもそう思うておいでなのは、法曹様でござりましょう。法曹様と入道様は、持ちつ持たれつ。食うか食われるかでやってこられましたゆえ。」
「では、入内はないと考えてよいか?」
「さてそれは…。ご寵愛の后、建春門院様は平家の女性ですゆえ。」
「どちらなのじゃ?」

【第37回】
PDVD_036_20121031110318.jpg


「平家の棟梁よりのにわかな献策。まことの狙いはなんぞ?」

PDVD_080_20121031110720.jpg


「入道めが、福原に潜んだふりをして、朝廷を思うままに操るなど、こざかしいまねを。」
「こそこそと何をしておられるのでしょう。」

PDVD_084_20121031110905.jpg


「そもそも交易で国を豊かにしようなど、成り上がり者の卑しい考え。何としても、たたきつぶしてくれるわ。」

PDVD_111_20121031111355.jpg


「♪~、何事じゃ?」
「無礼にも、輿を降りようとしませぬ。」

PDVD_114_20121031111511.jpg


「私は平家の棟梁の子・相国入道の孫ぞ。さぁ、早よう父上、母上のもとへ。」
「許すまじ。」

PDVD_117_20121031111632.jpg 


「な…何をする!?私は平家の…。」
「お~♪」

PDVD_120_20121031112028.jpg


「兄上!兄上!何ということをなされました!?知らなんだとはいえ、よりによって清盛入道の御孫君の輿を…。」
「知っての事じゃ。」

PDVD_121_20121031112138.jpg


「はっ。」
「平家の輿と…知っての事じゃ。」

PDVD_122_20121031112243.jpg 


「分際をわきまえず、国づくりに口など出せばどうなるか、思い知らせてやったのだ。」
「仕返しをしてきたら、どうなさるおつもりですか!?」

PDVD_125_20121031113013.jpg


「平家の棟梁、重盛は入道様と違い、何事も筋を通そうとする。きっと、何も言えまい。」

PDVD_166_20121031113148.jpg


「騒ぐでない。また輿でも襲うてやればよい。どうせ重盛は何も言えぬ。相国入道が、都を離れ、勝手な国づくりにうつつを抜かしているうちに、平家の土台を、たたき壊してやるのだ!アハハハ~」

PDVD_188_20121031113255.jpg


「おぉ~おぉ~♪」

PDVD_271_20121031113440.jpg


「何じゃ!?お…おぉ許しをぉ~おゆ、おゆるるるしをぉ~、あうわうわぁ~(T0T)」

PDVD_272_20121031113559.jpg


「いかがされました?」
「申し訳ござらぬ!申し訳ござらぬ!」
【第36回】

PDVD_099_20121014224254.jpg


「はぁ~、厄介な事になる前に、知行国主のそなたも、目代政友ともども、何らか、処罰をせねばなるまい。」

PDVD_279_20121014224534.jpg


「それには及ばぬ。山法師の言いがかりに屈してはならぬ。」
「されど、政友が神人を殺めたはまことの…。」

PDVD_280_20121014224928.jpg


「さようなところで、戦まがいの事をして、傷つけでもしたら…。」
「それはならぬ!神罰がくだろう。」
「ならば成親様流罪の訴えを受けるのですね。」

PDVD_137_20121014224742.jpg


「いや、そうは いくまい。」
「ならば、攻 めましょう!」

PDVD_281_20121014225128.jpg


「一体あれは何事か?何故平家から何の知らせもない?」

PDVD_282_20121014225325.jpg


「これは法皇様。自らお出ましとは。」
「そなたたちこそ。」

PDVD_252_20121014225447.jpg


「法皇様の行っておられるのはもはや政にあらず。天魔の所為なり。」
「まぁ、よいではないか。平家の弱点を見つける、よい機会となった。」
【第35回】

PDVD_235_20121011095720.jpg


「しぶとくも、快癒なされたものの、もはや若くないと思い知らされ、隠居なさるのであろう。」
「隠居などされる方とは思えませぬが。」

PDVD_160_20121011095840.jpg


「いずれにしても、京から遠く離れるは、ありがたい。清盛殿ご不在の平家。きっと何ぞ、隙があろう。ホホホホホホホッ(笑)」

PDVD_166_20121011100051.jpg


「大宰大弐。内々の話ではあるが、近くそなたを、参議とするつもりじゃ。八条院様のたっての、願いでな。」
「似仁様じゃ。鳥羽院のご嫡流でありながら、滋子様の邪魔立てによって、親王宣下さえ受けられなんだ、哀れな皇子じゃ。境遇がそなたによう似ておる。血筋で言えば、そなたこそが平家の嫡流。それをおかしな出自の棟梁によって、出世を阻まれるのは、見るに忍びぬのじゃ。」
「きっと八条院様のお役に立てるようお尽くし致します。」

【第34回】

PDVD_208_20121003114502.jpg


「これこれ。つまらぬ事を申さず、しかと内裏をお守りせよ。」

PDVD_026_20121003114638.jpg


「もとより武士ふぜいが国を動かそうとするのがおかしかったのじゃ。今こそ国を、あるべき姿に戻す時ぞ。」
「あるべき姿とは?」
「おぉ、おいでになられた。」

PDVD_209_20121003114748.jpg


「ようやく、来るべき時が来ましたな。」
「もとより、この似仁様こそが、わが父・鳥羽院のご嫡流。今度こそ、似仁様を親王として下されませ。」

PDVD_034_20121003114904.jpg


「きっとそうなりましょう。きっと。アハハハハハハハハ~」
【第33回】

PDVD_070_20120922193104.jpg


「近頃の平家の振る舞いは、目に余る。」

PDVD_152_20120922205714.jpg


「これはこれは、一門おそろいでお楽しみのところ、ご無礼をしましたようで。」

PDVD_160_20120922205846.jpg


「右大臣殿、摂政様、くだらぬ話はそのくらいに致しましょうぞ。」
「くだらぬですと?我らに向かって…」

PDVD_263_20120922210023.jpg


「生田、膳を持て」
「我らはさようなつもりは…」
「せっかくの宴じゃ。存分に楽しんでくださりませ。」


PDVD_165_20120922210214.jpg


「さようじゃな兼実。いかがにござりましょう?ひとつ舞など、献上致しとうござりますが。」
「おぉ、それはありがたき事。」

PDVD_176_20120922210303.jpg


「なるほど。舞と糸竹の芸はどうにか仕込まれたと見える。」

PDVD_191_20120922210403.jpg


「かような事で、我らを誤魔化せると思うでないぞ。アハハハハハハ~!所詮は公卿のまね事。肩を並べたなどと、ゆめゆめ思うでない。厳島の一件、断じて許さぬ!」

PDVD_264_20120922210548.jpg


「社じゃと?これが。」
【第32回】

PDVD_219_20120919150636.jpg


「大輪田泊あたりがよろしいかと存じます。まずは、これをご覧頂きたく…。」
「もうよい。次、おぉ、重陽の宴の事でおじゃるが…。」

PDVD_015_20120919150850.jpg


「随分と、仲のおよろしい事で。舅と婿だからというて、藤原摂関家の嫡男ともあろう者が、武士ふぜいにそこまで肩入れせずともよいでしょう。」

PDVD_016_20120919150929.jpg


「父上は、平家の犬になれとまでは、言うてはおりますまい。ハハハハハ~」

PDVD_080_20120919151019.jpg 


「武士になど、肩入れするゆえ、かような事になったのじゃ。」
【第29回】

PDVD_107_20120730140333.jpg


「にわかなるお召しと思えば、これとは…。」

PDVD_253_20120730140629.jpg


「あれは?」




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .